だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくのばけつ あながあいてる」 みんなの声

ぼくのばけつ あながあいてる 作:イングリット・シューベルト ディーター・シューベルト
絵:イングリット・シューベルト ディーター・シューベルト
訳:にれけいこ
出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784892944000
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,373
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 小さな子供らしい!

    くまくんとはりねずみくん,この二人(二匹),人間の子供に例えたら何歳くらいでしょうか?
    親の私が読ませていただきましたが,幼児期の子供たちを見ているようで,微笑ましかったです(笑)。
    幼い子供は共感を持って聞けるお話ではないでしょうか!

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • くまとはりねずみのコンビ

    シューベルト夫妻の息の合った文章と挿し絵がすばらしい作品です。
    4冊のお話しか、みたことはありませんが、
    どれも、こまかな森の絵と、ほのぼのとするお話です。
    夏の暑い日にくまが洞穴の周りのしおれた花にお水をあげたくて、
    いつもどおり、ハリネズミが助言をして、大さわぎになるお話です、
    ひたむきなくまの性格、友情厚いハリネズミ。
    まわりに描かれている動物や、草花も重要な脇役だと思います。
    おおさわぎのうちに、背景では雲行きが怪しくなってきて、予想どおり
    大雨となり、お花も雨が止んだ頃には元気になります。

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨宿りの場面が好きです

    ふんわりとした温かいイラストと、可愛らしいおはなし。

    くまくんのおうちに仲間たちが雨宿りをする場面が、とても楽しげです。
    ちょっとした事でも、みんなでいると楽しい気持ちになる。

    ラストの締めくくり方も、
    とっても愛嬌があって微笑ましいです。

    読み終えたあと
    友達っていいなと感じる、優しい絵本です。

    掲載日:2014/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかした気持ちになれます。

    ある暑い日、くまくんは、お花さんがしおれているのをみてとても心配します。
    お水をあげようと思いつきますが、バケツには穴があいていて。
    そこにはりねずみくんが登場して穴をふさぐ方法を考え始めます。

    なんとも微笑ましいやり取りの連続です。
    おいおい、そんな方法じゃ穴ふさがらないよと読みながら突っ込みたくなりますが、そんなほのぼのしてる所が魅力の絵本だと思います。
    そして、くまくんの表情がとても豊かに描かれています。
    最後は大雨が降ってきて、お花はすっかり元気になります。くまくんは花が元気になったのがうれしくなって、花束をはりねずみくんにあげます。そしてまたバケツが必要になって・・・

    きっとまだバケツの穴をどうしようか二人で悩んでるのかなぁと想像させてくれる絵本です。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまさんの優しさが光ります

    落語のようなユーモアたっぷりのお話の中で、くまさんの優しさが光っています。
    しおれた花に水をあげようとするくまさんは、バケツを取り出しましたが、バケツには穴が開いています。
    どうしたら穴をふさげるのでしょう?
    ハリネズミ君と知恵を出し合って…。
    わらを集めて、わらを切るハサミを用意しても、ハサミが切れないから、砥石で研ごうと思ったら、やっぱり水が必要だけど、水を汲んでくるにはバケツに穴が開いていて…。
    堂々巡りを繰り返している内に、雲行きがおかしくなってきて、風が吹いてきて、雨が降り出したら土砂降りで…。
    背景に登場する動物たちと、天気に移り変わり…。
    くまさんとハリネズミさんが一所懸命なのに、見ている方は、なんだか先にオチがわかってしまいましたよ。
    絵本の楽しさですね。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいクマくん

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    タイトルが可愛くて、思わず読んじゃいました(^^)

    優しい心をもったクマくん。水不足でしおれてしまった花たちに水をやるために、水を汲みにいこうとします。でもバケツには穴が開いている・・・。

    クマくんは、ハリネズミの知恵を借りながら、なんとかバケツで水を運ぼうと考えます。

    知恵はめぐってめぐって・・・あれれ?最後はおかしな展開に(^^)

    ページごとに隠れていた動物たちも最後は終結してて微笑ましいですね。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気付くと楽しい

    全ページ立ち読みで読みました。

    バケツに穴があいていて、花に水をやるためには修理しなければならないのですが、しかしその方法が・・・・。

    はりねずみがちょっと間抜けで、でもはりねずみだけではなく、くまだって真に受けていて・・・その呼吸が楽しいのです。

    息子はオチに気付いていたので、終始「それじゃだめだよね〜」とツッコミをいれていましたが、やはりそれに気付ける年齢になってからが楽しめると思います。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • バケツの穴をふさぎたい

    しおれたお花が心配なくまくん。
    お水をあげたいのですが、バケツには大きな穴が空いています。
    そこへやってきた はりねずみくんが、知恵を出します。
    さぁ、上手く行くでしょうか・・・

    大雨が降るという、思いがけない出来事で問題解決です。

    くまくんも はりねずみくんも、一生懸命なんだけど、あと一歩おしい感じです。
    でも、そんな2匹の会話が、おもしろくてかわいいです。

    植物も動物も、とてもきれいに描かれている絵です。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語的?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    『全ページ立ち読み』で読ませていただきました

    「たまご」→「もうひとりのれるよ」と
    シリーズ3冊目ですが
    書かれた順かどうか定かではありません

    でも、落語を見ている感じといいますか
    読んでいて
    「えっ?」「ちょっと、ちょっと」と
    おばさんは、言いたくなります(^^ゞ
    そこがいいのでしょうね

    的確な問題解決より
    友達との関わりが大切だよ
    って、教えられているような気がします

    なんとも、ほのぼの
    オチまで・・・

    世界的に喜ばれ、人気があるのは
    納得です

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのコント

     ほのぼのしたコントのようなお話でした。穴のあいたバケツをどうにかしようとしているうちに、雨が降ってきます。雨が降る前、風がつよくなってきた様子も、ちゃんと背景に描かれているのがよかったです。

     しっとり落ち着いた色合いの絵も、ゆったりしたお話にぴったりだなと思いました。動物たちはみんなやさしい表情で、毛並みなどは細かく描かれていて見応えがありました。
     読み終えたあと、ほんわかした気持ちになります。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット