十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

なにしてあそぶ?」 みんなの声

なにしてあそぶ? 作・絵:パット・ハッチンス
訳:乾 侑美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年
ISBN:9784032013504
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,834
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんな仲良し

    このお話に出てくる動物たちはみんなとっても仲良しで、何して遊ぶか、みんなで相談している姿がとってもかわいかったです。みんな最初は「わかんない!」って言っていたので、うちの子は「鬼ごっこがいいんじゃない!」とか言って一緒にいつのまにか混ざっていたのがビックリでした!

    掲載日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにしてあそぼう

    2歳10ヶ月の息子と一緒に読みました。
    なにしてあそぼう?とキツネに聞きに行き、ねずみに聞きに行きと
    どんどん仲間が増えて。
    子供のとき、なにして遊ぶかどうやって決めてたかな?と
    頭をひねりましたが、思い出せませんでした。
    動物がどんどん集まり、なにして遊ぶ?と相談する姿は、
    何して遊ぼうと考えることも楽しそうで、
    友達っていいなと思いました。
    みんなで遊ぶ楽しさが伝わってきます。

    掲載日:2012/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼ

    何をして遊べば良いかわからない動物たち。次々と仲間を捜しては「なにしてあそぶ?」と訪ねます。でも、仲間はなかなか見つからず・・・いつのまにかかくれんぼの様相に。

    それを一部始終見ていたみみずくが、最後にかくれんぼを提案して一件落着。

    ほのぼのしていて、くすっと笑える絵本ですが、息子には退屈に感じられたようです。もう少し早くであっていたら違っていたかもしれません。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい遊びって?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    あひるとかえるが遊びに行きます。
    でも、何をしていいかわかりません。
    さっそく、友達を探しに行きます。

    次から次へと動物が出てきます。
    探しに行くと、しっぽだけ見えます。
    どんどん話が進んでいきますが、最後に「あ!そうか!」
    って、納得させられる展開がまっています。

    単純な繰り返しだけど、すでに動物達は遊んでいて、
    いつの間にか、読み手も聞き手も一緒に遊んでいる感覚が、
    後でわかって、感動(大人は)しました。

    掲載日:2007/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 脱帽です。思わず2回読んでしまいます。

    • ぼんヴぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    色使いが、昭和レトロな感じで親しめます。
    アヒルとカエルが「なにしてあそぶ?」「きつねくんに きいてみよう」と、友達の所に行く所から始まります。
    何をするか決まらず、どんどん聞きに行くのですが、友達を探すのに一苦労。その様子を見ていたみみずくくんが最後に「かくれんぼ」の一言。
    あ!そういうことか!・・・と最後に気が付き、もう一度最初から絵本を楽しめます。
    どんな場所に、どの動物がいるのか覚え、子供と散歩する時に つい一緒に探してしまいます。

    掲載日:2006/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちと遊ぼう

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子6歳

     外遊びの多くなるこれからの季節にぴったりの絵本です。「なにしてあそぶ?」と思案する動物たちが最後に選んだ遊びは、読み手が途中、ずっとしてきた遊び。(と書くと、わかっちゃうかな。)繰り返し絵本でもあるので、小さな子どもにとりエンタテインメント性たっぷりです。
     イラストの色合いが地味でも、単純性と繰り返し、独特な画風を3本柱にして子どもの興味を引き出すところはハッチンスの力量でしょう。いつものことながら動物たちの体に描かれる連続模様がおもしろいようで、娘はじっと見入っていました。
     『びっくりパーティー』の続編なので、続きで読めばさらに楽しいはず。

    掲載日:2006/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなのかくれんぼ

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    あひるとかえるが「何して遊ぶ?」と悩んでいます。「そうだ。きつねくんに聞いてみよう・・・」ときつねに聞きに行きます。しかし、きつねはいません。そして、かえるが草むらをさがしたら、きつねはいました。「きつねさん 何して遊ぶ?」ときくと「わからない、ねずみさんにきいてみよう」みんなはねずみに聞きに行きます。しかし、ねずみはいません。そして、きつねが壁の中をさがすとねずみはいました。「ねずみさん 何して遊ぶ?」とこんな具合にうさぎ、りすと聞きに行きます。でも、何して遊ぶのかきまりません。最後にすべてを見ていたみみずくが「かくれんぼをしよう」と言うのです。みみずくは、みんなのことをみていて「かくれんぼ」がしたくなったんですね。この絵本は「ロージーのおさんぽ」のパット=ハッチンスさん。絵がとてもきれいです。

    掲載日:2002/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも / じゃあじゃあびりびり / くだもの / ぞうくんのさんぽ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット