ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぞう ねこ」 みんなの声

ぞう ねこ 作・絵:ニコラ・ベーリー
訳:八木田 宜子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784593504558
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「ぞう ねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お水はやっぱり嫌いですよね

    ニコラ・ベーリーさんの、猫の5冊の絵本は、手の平に乗るような小さな絵本ですが、うっとりするような絵で出来上がっています。
    ぞうねこは、おおきくて力持ちのぞうになりたいねこの空想です。
    空想だけではなくせっせと工作をします。
    素敵な鞍は卵ケースに飾りをつけて。ぱたぱたする耳や長いお鼻ははさみで切りぬいて。
    真剣な青い目と工作する手がとてもかわいいです。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこさん空想中

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子1歳

    ねこじゃなくてぞうだったら?
    創造の世界を旅するねこさん。
    紙を丸めてぞうのお鼻も作ってる。

    そんなねこさんをみて娘も変身。
    ねこさんのシッポを付けてみたり、ぞうさんのお面を付けてみたりと絵本そっちのけで変身ゴッコを楽しむようになっちゃいました。
    (作れとせかされるママはちょっと大変…。)
    最後は絵本にもどって自分のお尻にくっついたシッポをもって「いっしょね♪」ですって。

    絵本を見て真似する事がいままでなかったのでちょっと驚きでしたが、絵本ってこういう使い方もできるのね、と新たに発見した一冊でした。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット