おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

せなかをとんとん」 みんなの声

せなかをとんとん 作:最上 一平
絵:長谷川 知子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784591052280
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,619
みんなの声 総数 5
「せなかをとんとん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もっと理解を広げたい

    しんぺいのお父さんは、耳が聴こえません。
    でも、しんぺいは、変だとも、不便だとも感じたことがありません。

    お父さんは、手話を使って、ちゃんと話ができます。
    けれど、道を尋ねてきたおばさんは、耳が聴こえないことを知ると、まるで言葉が通じないかのような態度をとったのです。

    おばさんの態度はもちろん酷いですが、聴覚障がい者への理解が、社会全体に浸透していないのも一因だと感じました。

    もっと、様々な障がいに対する理解、知識を広めるような取り組みや交流が必要だと思いました。
    その一歩となる一冊です。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動。いい本です。

    図書館で6歳の長男に読む本を探していて、下の子が偶然引っ張り出してきたこの本。表紙と中の字の多さなどチェックしこれでいいやと借りてきた本。

    ほんの題名から内容が想像できなくて、息子と「どんなお話かな?」と読み進めていくと…涙があふれそうになり声が詰まり読み進めるのに苦労しました。

    耳が聞こえないお父さんに、おばさんが道を尋ねるところは、息子も真剣に聞き入っていました。お父さんと息子、お互いをを思う気持ちに感動します。幼児向けとありますが、心の中の微妙な揺れ動きの描写がわかるようになる小学生向きだと思いました。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最上さんの絵本「自分の木」を読んで感動しました。
    せなかをとんとん
    どんなお話かなと、思い読んでみました。

    逆上がりができた時の喜び! この気持ちを お父さんにつたえたい!
    わかる わかる 自分が嬉しいことは 誰かにつたえたいものですから

    お話を読んでいると お父さんは小さいときに病気をして耳が聞こえないのです
    耳が聞こえないと 言葉もうまく出せないのです。
    以前 保育士していたとき 両親が耳の聞こえない子がいました
    赤ちゃんの男の子は耳が聞こえます この子は 今は大人になり今はお父さんになっています

    この絵本を読んでいて しんぺいくんの お父さんへの愛情と お父さんの父親としての愛情が感じられて、感動しました

    おばさんが道を聞いたときに しんぺいが おばさんに対してお父さんを 馬鹿にされたと感じて もう攻撃するところ、しんぺいを抱きしめるお父さん 涙が出てきますね・・・
    いろんな ハンディを背負って生きていくことの厳しさ
    しかし 家族の愛情は、何よりも大切な力になると思いました
    最後の お父さんの背中に 耳をあてている しんぺいくんがいじらしく思えました。

    長谷川知子さんの絵が力強くもあり 優しくもあり 迫力もあり 好きです
    いろんな人に読んで欲しい絵本です

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子4歳、男の子2歳、男の子1歳

    絵本の中のお父さんは耳が聞こえません。読んでいくうちにすぐにわかりました。子供は「なんで手を動かしてるの?」って不思議そう。そこで手話を教えてあげるいい機会になりました。ちょうど保育園の絵本などで手話のページも描かれてあったので、それも見せながら「手話」というものを教えてあげました。絵本の中で子供がお父さんの「とんとん」としている場面を見ると・・・心にジーンとくるものがありました。なんだかあったかい感じとホロリとくる感動。耳が聞こえなくても親子の絆は深いんだと伝わってくる絵本です。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとーさんは 耳が聞こえませんでした。。。そのことは 読み進めて はじめてわかります。
     この絵本を3年生の読み聞かせに 選びました。本のなかに 手話が出てきます。丁度子どもたちは「手話と点字」の話を 国語で 習っていたので より興味をもって 聞いてくれました。また クラスの中に 家族に 耳の不自由な人がいる 女の子もいて 一生懸命聞いてくれていました。
     おとーさんは 楽しく 明るく 暮らしています。不自由と 不幸は 一緒じゃないんだよね と 最後に 付け足して 伝えさせてもらいました。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / さるのせんせいとへびのかんごふさん / がたん ごとん がたん ごとん / サーカスのライオン / ふくはうちおにもうち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット