だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

まっくろけ」 みんなの声

まっくろけ 作:かわさきひろし
絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\591+税
発行日:1988年
評価スコア 3.85
評価ランキング 28,906
みんなの声 総数 12
「まっくろけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ぐるぐる回る話

    最後まで読むと、絵本の最初に戻っていくような終わり方・・・
    また始めから読みたくなる絵本です。
    単純なストーリーなので3、4歳の子と読むと楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもってそうよね

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳と2歳の子ども達に読みました。
    文章が短いので、小さい子にもよく分かります。
    子どもの目線で書いてあるので、子ども達は感情移入しやすいようです。
    結末も微笑ましく、親としても優しい気持ちになれます。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微笑ましい

    まっくろけになった手を洗う男の子のお話です。

    せっかく綺麗に洗った手でしたが、タオルが届かなくてお母さんを呼びに出掛けます。
    外に出た男の子が転んでしまい、またまた手がまっくろけに!(笑)

    子どもにはよくあるパターンな気がしました(笑)
    きっと子ども達もうんうん!と納得しながら見ることが出来るオススメの一冊だと思います☆

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常的

    • なっきー☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    まるで自分の息子を見てるよう!!
    共感するところがいっぱい。

    思わず、ふふふ^^とにやけてしまい
    なんだかほんわかした気分になりました。

    子供らしさいっぱいの一冊です。

    掲載日:2009/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は、こうでなくっちゃあ!

    汚れた手なんか気にしないで、泥だんごを夢中で作る主人公に拍手したいです。昔は、泥だらけにして遊んでいました。娘の時は、外で遊ぶように仕向けたような(?)・・・・とにかく外で元気に遊んでほしかったです。自主性のある主人公とおかあさんを尊敬します。どちらかというと、子供がやる前にやってしまっていたようなので、今孫にもそんな傾向があるので気をつけたいと思います。この絵本は、それを気づかせてくれた大切な絵本です。さとうわきこさんの絵も大好きです。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で頑張るよ

    男の子が汚れた手を洗って、取れないタオルをとってもらおうと
    お母さんをさがして大きな靴をはいて頑張ります。
    ひとりで上手にできなくても、自分でやるというのが大事なことなんですよね。
    娘は表紙で主人公が砂でおだんごを作っているのが大好きみたい。
    最後のページの手型もつい手を添えてみたくなってしまいます。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい主人公

    可愛らしい主人公が登場するのでとても嬉しくなりました。この主人公の御蔭で泥遊びをしたらその後どの様にしたらいいのかを学ぶことが出来て良かったです。私の目線から見たら、タオルは届く位置でも子供の目線から見たらタオルは届かないという所がとても衝撃を受けました。この絵本の御蔭で子供の目線で色々な物を見る事の大切さを教わりました。そして、子供に失敗はつきものだという事も教わりました。この絵本のお母さんの様に大きな心で子供に接したいと思いました。

    掲載日:2008/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • まっくろでも楽しい♪

    私が子供の頃、ワクワクしながら読んだ絵本です。
    実家に行った時に見つけて、
    「これは娘にぜひ読んであげたい!」と思い
    さっそく一緒に楽しみました♪

    砂場で楽しく泥遊び〜♪
    手が真っ黒になった男の子は
    手を洗おうとするけどなかなか手が届きません(^^;

    お母さんを探しに外へ出ようとして
    くつがないのに大きなサンダルを履いて
    ありゃ〜!転んじゃった(><)
    ↑この場面では娘も思わず「あっ!」
     と叫んでました(^▽^〃

    さっき洗った手がまた真っ黒になっちゃったね(笑)

    でも汚れたって良いんだよ(^^*

    「娘もこんな風に泥だらけになりながら
    保育園で遊んでるのかな?」
    なんて想像しながら笑っていました( ̄m ̄*プププ

    自分でやりたがる年齢になって読むと、
    子供が共感出来てより楽しく読めると思います♪

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくあるある〜〜って共感!

    • よち坊さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子1歳

    子どもの手ってすぐ汚れますよね。で、洗うんだけどまたすぐに汚す・・・。

    この本には文章はほんとにちょっぴりですが、すごく共感できてしまいます。登場する男の子の一生懸命なところがすごく良く伝わってきます。手を洗うところまではいいんだけど、オチがあるんですね〜。

    子どもの手洗いはなるべく自分でやらせるようにしていますが、私の娘は1歳なのでつい手を貸したくなります。嫌がられるのはわかっているのですが。きれいに洗えているか、タオルできちんと拭けているか。でも子どもにとっては、自分でできた!って言うのが大切なんですよね。
    この本を読むと、何でも自分でやらせてみよう!そのプロセスが大事!なーーんて格好いいこと思っちゃいますが、やっぱり過干渉になります・・・。

    掲載日:2007/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろんこ。

    子供って、お砂遊びよりどろんこ遊びの方が断然好き、ですよね。
    そして、何でも自分で出来ると言い張るお年頃の「ぼく」は、大人からみたら「無理」だったり「出来てない」だったりするけど、ちゃーんとできてるつもり、です。
    ついつい私は口もてもだしすぎてしまうのですが、娘達の気持ちを絵本を通して改めて、理解し直しました。
    見守ってやります!!

    掲載日:2007/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(12人)

絵本の評価(3.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット