だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

やねの上にさいた花」 みんなの声

やねの上にさいた花 作:インギビョルグ・シーグルザルドッティル
絵:ブライアン・ピルキントン
訳:はじあきこ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784378041148
評価スコア 4.75
評価ランキング 699
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ポジティブな老後を

    田舎で一人暮らしをしていたおばあちゃんが町に引っ越してきました。
    おばあちゃんは町の生活に慣れるというよりも、自分の暮らしたいようにいろいろなものをアレンジしていきます。
    その逞しさと応用力に拍手です。
    老後の話というと、どうしても静かな絵本が多い中で、この前向きな本は高齢者への読み聞かせでも、活躍しそうです。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイスランドの粋なおばあちゃん

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳、

    アイスランドの田舎で悠々自適な一人暮らしをしていたグンニョーナおばあちゃん。
    病気をきっかけに、お医者さんの勧めで都会のマンションへ引っ越します。
    初めは新しい家になじめませんでしたが、
    マンションでニワトリを飼い、ベランダに家庭菜園を作り、屋根に芝生を敷いて・・・。

    表紙のグンニョーナのお顔に惹かれて手に取ったのですが、
    光にあふれた絵が本当に素敵。
    アイスランドの風景や、グンニョーナの暮らしぶりが魅力的に描かれていて、
    絵を眺めているだけでも、明るい気分になれそう。

    この物語の語り手で、マンションの隣の部屋に住む少年「ぼく」はグンニョーナの良き理解者。
    読み聞かせた次男は、「ぼく」目線でニコニコとお話に聞き入り、
    「ぼく」同様、グンニョーナおばあちゃんのファンになったようです。

    新しいことや、初めて会う人とのお付き合いが億劫になってきたおばちゃんの私も
    グンニョーナに元気をもらいました。
    「自分が心地良くいられる暮らし」は、自分にしか作れないから
    まずは一歩、歩きださなくちゃ。

    小学生位のお子さん〜大人の方におすすめです。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田舎で一人暮らしの ダンニョーナおばあさん 生活を楽しんでいるのが 羨ましくもありますね!
    ミルクや バター ヨーグルトも作るなんて 鶏のたまごも 野菜もあるから お店で買い物しなくても不自由しないなんて なんて自由な生き方でしょう
    でも・・・ 困るのは 病気したとき(一人だと困るのです・・・本当にそうですものね)

    お医者さんがお手伝いしてくれますが、 やはり 町で暮らすことに・・・

    動物たちと別れて 淋しいでしょうにマンションには 庭もない
    でも 救われたのは ベランダから 山や海が見えたんだって

    元気の良いおばあさんは 男の子のアイデアで、子供部屋で 鶏を飼うことに。
    元気なおばあさんは 行動力抜群! 何でもやっちゃうのが 本当にすごい!
    見習わなくっちゃ!(やる気になればなんでも出来そうな気がしてくるのが不思議です)

    屋根の上に芝生をはって すごい! 逞しいおばあちゃん。(元気もらえそうです)

    こんな マンションは 理想ですがね、こんな事したら住人から文句でそうな・・・・

    でも あこがれます ダンニョーナおばあさんのパワー(とてもかわってるおばあさん、ぼくのおばあちゃんとはまるでちがう)

    花が好きで 動物が好きで 町にも 田舎を作るなんて 羨ましい!

    アイスランドのおばあさんは  ステキデス!(私の理想ですね!訪れてみたいな〜アイスランドに)
    長いお話ですが・・・ 読み聞かせは難しいかな?
    こんな おばあさんにあこがれている人の マイブックにお奨めです。
    表紙の おばあさんの顔にも 惚れました!

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今ここにある暮らしを楽しむこと

    人って、田舎だろうと都会だろうと、その人自身が
    心から楽しもうとさえすれば、楽しく暮らすことが
    できるのだなあと思いました。
    グンニョーナが引っ越してきて、
    都会のマンションが、どんどん緑に覆われていく
    さまがとても素敵でした。私もお部屋を緑で
    いっぱいにしたくなってしまいました(いや、住んで
    いるところは十分田舎なんですけどね)。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつのまに!!屋根の上に羊?

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子19歳、女の子17歳、女の子15歳

    アイルランドの田舎に動物達と暮らしていたおばあちゃんは、
    健康に自信がなくなって、泣く泣く都会にお引越し。
    当初町のマンションに不満を持っていたおばあちゃんでしたが、
    窓から見える景色は目線を変えれば、あら田舎にも見える、都会も
    楽しめそう。そこからのおばあちゃんの生活とは…
    むかいに暮らすぼくがナレーター役でおばあちゃんの生活を語ります。

    グンニョーナさん、素敵なおばあちゃんです。
    その頭の柔軟性と見事なまでの決断力と行動力、そして子供のような
    好奇心。
    晩年こんな風に暮らすことができたら、いやこんな風にポジティブ、
    ポジティブに人生を見られたら幸せですね。

    挿絵がいい!!
    山と空しかない田舎の風景から都会のマンションがどんどん田舎に変わっていく様は楽しいです。
    隅々まで丁寧に描かれていて、まるで本の中から空気や匂い、光までも
    が感じられそう。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生活を楽しんでます

    町に引っ越してきた、グンニョーナが自分のマンションに野菜を植え、

    鶏を飼い、屋根の上には、芝生を植え、屋根の上にも花を咲かせて自分

    の暮らしを田舎にいた時のように楽しみます。

    常識には拘らずに、今の生活を楽しむグンニョーナにびっくりしますが

    羨ましくもなりました。

    好奇心も旺盛だし、頑張りやのグンニョーナに刺激されました。

    毎日忙しくて大変だけれど、きっと忙しくて病気もしないんだろうと

    思いました。町だから、近くに病院だってあるから安心して暮らせる

    からよかったと思います。緑いっぱいに囲まれた生活ってやっぱり

    理想です。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト

    表紙の描き方がインパクトがあり素敵だったのでこの絵本を選びました。アイスランドに行きたくなりました!とても美しい国で息をのみました。お婆さんが自分の気持ちを大切にして決して諦めないところが良いと思いました。一見不可能な事も考えてアイデアを出す事によって解決していくのが素晴らしいと思いました。住んでいる家がとてもユニークで訪れてみたくなりました。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最近は少ない近所の愉快なおばあちゃん

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    この絵本はアイスランド(北大西洋に浮かぶ小さな島国)が舞台となっています。
    作者の名前なんて、学校で読み聞かせをしたら、事前に何度も練習しておかないと、舌をかみそうですよね?

    我が家の下の子は、この絵本を読んで、とっても面白かった。こんなおばあちゃんがいたら楽しい。と言っていました。
    こういうおばあちゃん、昔は日本にもいましたよね。いや、そっくりでないけれど、たばこ屋の店番していたおばちゃんとか、お向かいのおばあちゃんとか!
    今の日本は、高齢化社会とはいえ、近所の人たちと気軽におしゃべりできる社会ではなくってきているので、なかなか隣近所のおじいちゃん、おばあちゃんと話す機会が少なくなってきているように感じます。
    せめて、子供たちに絵本の中だけでも、楽しくて、次に何をやりだすかわからない愉快なおばあさんの話を語ってあげたいですね。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • パワフルおばあちゃん

    牧歌的な雰囲気漂う村で、やねに芝生が生えた可愛らしい家に住んでいる
    グンニョーナおばあちゃんが、いなかから都会に移り住む物語。
    最初は慣れない都会に少しテンションが下がってしまったおばあちゃんですが、
    アパートを自分流にアレンジしたり、隣に住む男の子とプールや
    博物館に行ったりと、次々自分で楽しみを見つけ出します。
    このパワフルさ、見習わなきゃ!
    「毎日を楽しくするか、つまらなくするかは自分次第よ」って
    グンニョーナおばあちゃんに言われている気がしてきます。

    珍しいアイスランドの絵本です。
    物語冒頭のイラストが、全然予備知識がない私にアイスランドの田舎の
    風景を見せてくれて嬉しかったです。

    掲載日:2007/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想の生活を求めて

    普通では考えつかないほど、大胆でパワフル
    なおばあちゃん、グンニョーナ。
    グンニョーナと越してきたマンションのお隣に住む
    ぼくとの素敵な発想を感じさせてくれる、
    ちょっぴり変わったお話し♪

    どこで暮らしても自分に合った、理想の生活を求めて
    どこまでも突き進むたくましいグンニョーナ。
    私も年を取ったら、グンニョーナの様な生活できるかな?

    自問自答しながら読み進めた絵本でした。

    ラストには、こりゃまたグンニョーナらしい
    発言!さあ、今度はどうするの??最後まで楽しみました♪

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット