貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

まのいいりょうし」 みんなの声

まのいいりょうし 再話:瀬田 貞二
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2016年03月01日
ISBN:9784834024371
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,830
みんなの声 総数 17
「まのいいりょうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 自分のこどもの ななつのお祝いにと鉄砲持って出かけようとしたら
    石臼に 鉄砲がおちて つつが への字にまがって「げんがわりぃ」と息子がいうのですが・・・・・(息子は止めるのです)

    しかし、りょうしは でかけたのです
       
    とところがところが、  ここからがおもしろい展開に
    赤羽さんの絵もなかなか 勢いがあって おもしろい 
    こんなに ころころと うまいこといくのは   まがいいと言うのですね
    芋づる式とはうまいこといったものです

    獲物を持ち帰る りょうしの姿が なんともいい

    そして このりょうしは 気前もいい人で 近所の人を呼んでみんなで おいしい ごちそうを 笑顔で食べるという なんとも めでたいお話です

    むすこの七つのお祝いは 盛大に 近所の人となかよく 美味しく これぞ 幸せなことですね
    こんな昔話もいいものですね

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラッキーが止まらない!

    比較的に有名な日本の昔話ではないでしょうか。

    漁師が息子のお祝いのために、山へ御馳走になるものを狩りにでかけます。
    すると、なんとも間のいいことばかりが、起こります。
    めでたい、めでたいお話です。

    赤羽末吉さんの絵が、味があっていいです。

    掲載日:2017/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館新刊コーナーに
    他の2冊とあり
    新しい・・・けど
    前に読んでいるような・・・と
    初版は、1973年
    やっぱり!!

    43年前の作品を
    増刷してくださったのでですね!?
    「こどものとも 日本の昔話 10のとびら」
    と記されています

    いい作品は
    このような形で世に出るんですね

    息子の七つのお祝いに
    鉄砲ぶちに行くお父さん

    息子が心配するように
    銃先が曲がったままで
    大丈夫なのかな・・・と心配になりますがー

    次から次へと、まぁ〜
    何と言ったらいいのでしょう

    「13」や「33」とかの数も不思議ですが
    そんなに!?って思っちゃいます

    親子だけでなく
    みんなに振舞うのも
    素敵なことです

    気持ちが豊かになれます

    ゲンを担ぐのも
    考えようなのかな?とも
    思える作品で
    小さい頃に出逢って
    小学校高学年で、また出逢ってほしい作品だと思います
    中学生でもいいかな?

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鉄砲の筒先が曲がったら、使い物にならないと思うのですが、なんとまあ次々と獲物が向こうから飛び込んで来るなんて、なんと素晴らしいお話でしょう。
    絵を追いかけていて、途中から獲物の多さについていけなくなってしまいました。
    読み聞かせにはちょっと難しいかも知れません。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の力・絵の力

    赤羽さんの迫力ある絵と
    ちょっと癖のある方言の文章が
    とてもいい相乗効果を生み出しています。

    お話は、「超ラッキーな男」の話です。
    そんなにうまくいくのかぁぁ???と
    あまりの都合のよさに、唖然としますが
    そこは、文と絵で、力技で納得させられる感じ。
    読み進めていくうちに「次はどんないいことが」と思い
    ページを繰る手がスピードを帯び始めます。

    「いちごさかえた」という、昔話の結びの句を
    私はこの本で初めて知りました。
    結びの句はいろいろあるから
    知ることで、一つコレクションが増えた気がしてしまいます^m^

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の言い回しが面白さのひみつ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    このお話はすごく好きで、人が話してくれる素話や絵本はよく聞きていましたが、なんと!今までナビに感想は書いたことがなかったみたいです。
    (という事は、自分では読んでなかったんですね〜。びっくりです)

    赤羽さんならではの骨太な絵柄で、
    「まのいいこと」に捕らえた獲物のみ、鮮やかな色彩で描き、その他の部分は(水墨画、筆でしょうか?)黒で描かれています。

    昔話なので、瀬田貞二さんの素敵な語り口で再話されています。
    「まのいいこと」が次々起こる面白いお話ですが、
    言葉の言い回しのこそが、面白さのひみつではないでしょうか。

    ところで、うさぎに本気でけられたことって、ありますか?
    結構半端ない威力があります。山芋、25本?側に植わっていれば、掘れちゃうかもしれないですね。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸運な男

    このお話は、自分の息子の七歳のお祝いに猟に出かけた漁師のお話でした。ところが猟に行ったら次々に幸運が起り、とってもたくさんの獲物をとることができました。うちの子はこの男の幸運をとっても羨ましそうに見ていました!!

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいことが続くときは続くのです。

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    読み終わったとき、幸せな気持ちになれました。
    ついていないときは、とことんついてないことが起こることも承知の上で、この絵本を読むと、ああラッキーなことが続くときもあるのだ!と、胸がすくわれる思いがするのです。
    むかしの人々は、このお話を聞いて、生活の苦しさをまぎらしたり、心を晴れやかにしたりしてきたのではないでしょうか。そして、このようなお話は、今の私たちにも必要だと感じました。
    お話のなかに出てくる方言やことばには、読んですぐにはわからないものもありましたが、それを調べてみるのも楽しいものですね。
    高学年向けのお話とありましたが、お話に連続性があるので、くりかえしのお話が大好きな小さなころから読んであげていいと思います。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここまでまがいいとは

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    『こどものとも年中向き』2013年1月号として再版されていたのを6歳の長男に読みました。

    このあっけらかんとした「まのよさ」がいいですね。ここまでラッキーなことが続くと最後にどんでん返しが起こりそうな気がしますが、そんな見方をするのは大人のさがでしょうか。

    話に合わせて勢いよく読んだほうが楽しいです。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に運がいい!

    本当に運のいい猟師だと思いました。

    私ならきっと鉄砲が石臼にあたった時点で銃がへの字に曲がったから、

    もう今日は大人しくしておいた方が無難だと思って出かけないと思いま

    した。「臼にあたればこそ大当たりよ。」と、考える猟師は立派だと思

    いました。度胸もあるし、なにより息子の七つのお祝いにご馳走をした

    かったのだと思いました。怖い位に憑いていて後はどうなるのかと心配

    しましたが、腹いっぱいのご馳走をご近所さんにも大盤振る舞いが出来

    て、なにより息子の七つのお祝いが出来てよかったです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット