ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

リックとリック 」 みんなの声

リックとリック 作・絵:エリック・バトゥー
訳:天沼春樹
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年
ISBN:9784593504251
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,314
みんなの声 総数 3
「リックとリック 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ややこしい

    おおおとこのくににうまれた一人の子供。ちょうど同じ日に、こびとのくににうまれた一人の子供。名前は2人ともリック。この2人のリックが色んな事を経験しながら成長して行く姿がとても印象的でした。自分の心の言う通りの道をずんずん歩いて行く。その言葉にジーンときました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちのつながり

    • モトバイさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    1ページ1ページがポスターのような雰囲気の絵本です。
    おおおとこの国に生まれた小さなこども、こびとの国に生まれた大きなこども。
    それぞれ同じような経過を辿り、最終的には生まれた国に受け入れられるお話ではありますが、
    数ページの中に、こどもに出てくるヒゲで成長がわかったり、両親の老い具合で時間の経過を痛感したり、
    また、ファンタジーのようでもありますが、今の世相に通じるようなところもあったり、受容することを考えたりと、いろんな面を感じることのできる本です。

    こどもの今の年齢で、どう感じているのかはよくわかりませんが、異性のことがそろそろ気になる年頃のためか、
    途中で彼女にであい、「人種(?)」は異なりながらも、
    寄り添って歩んでいく、という場面の連なりが好きなようです。


    とても気になるようです。

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きていくための力強さ

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子11歳、女の子6歳

    この絵本の題名は、初めの「リック」のところが、太い大きな字で、次に描かれている「リック」のほうは細い気持ち小さめな字になってるのが、実はポイントなんです。
    この絵本には、巨人が住んでいる国に生まれたとても小さな子供のリックと、小人の国に生まれたとても大きいな子供のリックが、登場するのです。
    それぞれの国のサイズにも風習にも合わない二人のリックは、悩んだ末に旅に出て、たまたま出会い、互いに相手の国に行って、幸せををつかみます。
    ただ、この絵本のすごい手ころは、そこでハッピーエンドとならないで、素敵な伴侶を見つけた二人のリックは、ある日、もとの生まれた国に戻って、それぞれの親に彼女を紹介し、みんなに祝福されて、いい人生を送りしたとさ。みたいに終わります。
    うまく言葉にできないのですが、私は、これまでのお話のような自分に合った場所を見つけたところで「めでたしめでたし」にならず、更に一歩進んで、もとの場所に戻ってみんなに認めてもらったところで終っていることに感動しました。
    なんだか、生きていくための力強さを見せられた気がしました。

    掲載日:2007/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット