だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ベンのトランペット」 みんなの声

ベンのトランペット 作・絵:R.イザドラ
訳:谷川 俊太郎
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1981年
ISBN:9784251005076
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,185
みんなの声 総数 9
「ベンのトランペット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 超カッコイイー!!

    • なっしぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子10歳、男の子5歳

    私自身、かっこいいこの本にほれて
    その世界を伝えたくなって4年生の冬の教室で朝の読みきかせに使いました。

    各人にはどんな風に伝わってるのかはよく分りませんでしたが、こちらに集中しているのがよく分りました。

    数日後、息子が「読んでー」というので
    5歳の弟といっしょに読み聞かせ。

    弟のほうは、なんとも思わないような感じでした。
    上の子は「かっっこいぃ〜」ととても嬉しそうでした。

    子どもの夢を笑わない大人がいる、っていうメッセージもとてもイカスお話です!

    低音の声で情感たっぷりに
    男の方が読まれると、よりいっそうカッコよくなる一冊だと思います。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • プロのダンサー第2の人生は作家業!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    作者自身が文と絵を手掛けています。本書についている作者説明を読んでびっくりしました。
    この作者は元バレエのプロダンサーだったそうです。怪我のためにプロダンサーを断念。その後、作家業を始めたそうです。
    芸術の差異がある人は多彩なんですね〜。とても第2に人生の選択として描かれているようには見えませんでえした。
    この作品はお話も絵もすごく濃いもので、じっくり楽しめました。

    私は特に主人公のベンが学校でエアギターならず、エアトランペットをしていて、級友にからかわれるシーンの絵が好き!
    全体が線画なのかな?とっても細かい柄のバックも描かれているのですが、すべて白黒で表現されています。
    内容は難しくありませんが、こういう絵の表現方法だと、小学校中学年以上のお子さんからがいいかもしれません。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • モノトーン

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    イラストがまるでエッチングのようで、細かい線で描かれた建物の壁に目を奪われました
    ニューヨークの街中にはこんなジャズ喫茶がたくさんあるのでしょうか・・・

    貧しい少年の夢が「いかすラッパじゃねえか」の言葉で大きく膨らんでいきます

    そしてくじけそうになった時にまた会っちゃうとこなんか、いいですね〜
    なんとなく男って感じるお話です
    う〜ん6年生くらいなら共感できるかな

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジャズが聞こえてきそう

    CDのジャケットのようなかっこいいデザインの表紙に惹かれて手に取りました。表紙を開くとモノトーンで描かれたギザギザの線。その線が何ページにわたってか続いていて、まるでリズムを刻んでいるかのよう。なんだかただならぬ雰囲気がしました。
    トランぺッターに憧れる男の子と、クールなジャズマンとの交流が描かれています。シンプルに描かれた絵と言葉が、ストレートに心に届く感じ。まるで絵本の中からジャズの音楽が聞こえてきそうで、大人も夢中になってしまうと思います。
    3歳の息子には、まだ早いとは思いましたが、将来、こんなクールな大人の男になってほしいと思ったので、一緒に読みました。このかっこいい世界を、雰囲気だけでも味わえたと思います。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • クールでソウルフルな絵本

    店内いっぱいに響くジャズの音楽と、酒の匂いと男たちの汗の匂い。
    LPのジャケットのような絵をつなぎ合わせたストーリー。
    こんな苦み走った絵本があったのですね。
    特定の大人受けするような絵本が、児童書の中にある不思議さを感じました。
    ジャズトランペットにあこがれるベンが、トランぺッターに誘われてトランペットを習うまでの話。
    少年の憧れを描くところは、子供向けなのかもしれないのですが、読み聞かせしてもついいてくる子どもは期待できない絵本です。
    それだからこそ、存在感たっぷり。
    白黒だけで描かれた絵のリズム感、ザラツキ感、鋭さ、どれをとっても反絵本的でありながら、私のメーターは思い切り振りきれてしまいました。
    マイルスのトランペットを聴きながら、バーボンでも飲みながら…男の世界に入り込める絵本だと思います。
    アッ、水割りはNGです。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • モノクロでしぶいです

    表紙からこれって絵本?みたいな
    かっこよさを感じました。
    中を開いて、ますますしぶいぞ!
    モノクロだし線で音が表現されていました。

    ジャズに憧れる少年、トランペットをふいている。
    え〜〜〜、吹いてる??って息子。
    お友達に冷やかされる場面ではそうだよねえ、
    何も持ってないよねって。
    てもいいじゃない、自分の心の眼では持っているんだから
    誰に文句言われようが好きなことしてるのよって
    思わずいってしまいました。
    最後の心温まる交流にホッしました。

    掲載日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとこと、COOL!

    ジャズ、それもトランペッターに魅了された男の子のはなし。
    文は簡潔です。そして絵がとってもカッコイイ!!
    ひとことで言うなら、『COOL!!』です。

    ベンのように、ひとつのことに夢中になれるって素晴らしいこと。それを優しく見守るトランペッター。
    そっと、寄り添う大人に、私もなりたいなぁ・・・このトランペッターのように。

    このCOOLな絵を、仕事場に飾っておきたい!
    なのに、図書館では書庫にあったのです。
    もっともっとたくさんの人に見てもらえるように、本棚においてほしい1冊です。

    掲載日:2007/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものすごくかっこいい!

    ブログのお友達が「とにかく絵がかっこいい!」
    って紹介されてて、とにかく気になってた本です。

    ペラペラ・・・っと中をめくると、すごい!!
    ものすごくかっこいい!!
    鉛筆画で描かれた絵が、繊細でかっこいいのです。
    とくに、トランペッターが演奏してるシーンは
    トランペットを奏でるときに、優しく動く肩を描写してて
    そのセクシーな音色も聞こえてきそう!
    (ちょうど、お隣さんがジャズ好きで演奏中でしたが)

    そのものすごくかっこいい絵を背景にして繰り広げられる
    ジャズ好きの貧しい黒人の少年とトランペッターの
    温かいふれあいもとても素敵です。

    ジャズ好きの方はもちろんのこと、多くの方に
    このすばらしい世界を堪能して頂きたいです♪

    掲載日:2007/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • カッコよすぎる絵、壁に飾りたい

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    絵を大きなパネルにして部屋に飾ったら、部屋がジャズクラブに変わること間違いなし。それほどカッコいいです。モノクロで描かれたジャズトランペッターのシルエットは、まるでリズムが聞こえてきそう。首や腰の角度が絶妙です。指でリズムを取りながら腰を振って去っていく後姿の渋いこと!少年は、そのトランペッターにあこがれ、空想のトランペットを吹き続けます。友達にはバカにされるけど、トランペッターはちゃんと見ていて認めてくれるのですね。こうして貧しい家庭の彼もプロのトランペッターになる……んだろうなあ。さて、大人は惚れ惚れとしてしまう絵本ですが、我が家では年長の息子より年中の娘が気に入ったようです。男の子は、こういうセンスに疎いのかもしれません。文章は簡単ですが、男の子なら中学生ぐらいになって読んだほうがいいかも(笑)。文中で「トランペット」「ラッパ」「ペット」が使い分けられているのも効果的です。久しぶりにマイルス・デイビスでも聞いてみようかな。

    掲載日:2007/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / きつねと私の12か月 / 桜守のはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット