ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぼくのいもうとみなかった?」 みんなの声

ぼくのいもうとみなかった? 作:マシュー・プライス
絵:エロール・ル・カイン
訳:岩倉千春
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1993年
ISBN:9784593503018
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,906
みんなの声 総数 10
「ぼくのいもうとみなかった?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 窓越しの景色

    イメージの魔術師、エロール・ル・カインにしては極めて普通なお話しです。
    でも窓越しに見える光景には、さすがにル・カインマジックがありました。
    おやつの時間に妹を探しまわるベン。
    だんだん仲間が増えていきます。
    切り抜かれた窓を見てきたら、描かれている窓でさえ見える光景には立体感があります。
    ちょっとしたル・カインの新発見でした。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり&たのしいおやつタイム♪

    妹探し?

    本を開くと
    この子かな?ハイハイしている子見っけ

    おやつの時間とのことで
    おにいちゃんが探しに行くのですが
    ん?
    尋ねるのは
    個性があるらしく
    形容詞が付くおもちゃ?お人形?
    それぞれ「おやつ」と聞いて
    食べ物を持参するし

    大丈夫なのかな?

    それぞれの居場所が素敵に描かれています
    窓に見立てた切り込みが
    単純な仕掛けですが雰囲気が出ています

    妹のエミーったら・・・
    探しているわりには、のんびり(^^ゞ

    おやつというより
    かなり賑やかなプチパーティみたい

    お日さまが山に隠れるまで
    楽しい時間が過ぎるようです

    掲載日:2012/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい仕掛け絵本

     エロール・ル・カインは、「イメージの魔術師」と呼ばれ,その豪華・絢爛な作風のファンも多いそうです。

     我が家の場合は,たまたま,家にあった絵本が,この絵本と「こまったこまったサンタクロース」だったため,その装飾性もあまり強くなく(程よい加減というか・・・),親しみやく感じていました。

     この作品は,題名どおり,男の子が妹のエミーを探して,訪ねて回るという内容で,窓あきの仕掛け絵本になっています。
     でも,楽しいお話ながら,どこか幻想的な感じがして,面白いと思いました。

     窓あきの仕掛けも,裏のページから見ても,ちゃんと合うようになっていて,工夫されています。

     エロール・ル・カインの他の作品をイメージして読むと,少し物足りないかもしれませんが,子供も喜ぶ楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。もうすぐ妹が生まれるので読んでやったのですが、妹を探すというよりはその過程でいろんなお友達をつれてくるというタイプのお話でした。

    ママがケーキを焼いてくれ、3時のおやつなのに妹のエミリーが見当たらない。ベンが探しに行きますが、いろいろなお友達に聞いてみるもののエミリーを見かけた人はいません。むしろ、おやつの時間なら、これを持っていくから一緒におやつを食べてもいい?とぞろぞろついてくる。最後におこりんぼドラゴンのところにエミリーがいて、ドラゴンも一緒にうちへ戻っておやつをみんなで食べました。

    ちょっとしたしかけ絵本になっているので、ユニークなお友達が窓から現れてきます。でも、ほんと、妹を探すのは口実だなーという感じの絵本なので、妹おもいのやさしいおにいちゃんというテーマはちょっとこの絵本に似合わないかも・・・。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 持ち寄りティータイム

    私が気に入って買っていた本ですが、
    子どもたちも大好きになりました。

    絵本の醍醐味。
    くり返しながらちょっと増えていく楽しさ。
    そして増えていくのは大事なお友達に、大好きなおやつ。
    おやつの時間に妹を探して、お友達のところを訪ねてあるくうちに、
    だんだん大所帯になっていくんですよね。
    ページに小窓が開いていて、お友達の家の中と外をつないでいます。
    絵本の最後で楽しいパーティーをしている絵本はたくさんありますが、
    これもとっても魅力的な持ち寄りティータイムになっています。


    おやつタイムにしては最後のページがとっても暗かったりしますが、
    北欧の方はすぐに暗くなってしまう季節があるんだよなぁと、想像してみたり、
    集まったお友達をみれば、おもちゃ箱の中から選んだお人形をならべて、
    ごっこ遊びをしている子どもの様子ともイメージが重なるなぁと思い入ってみたり、
    優しい柔らかなタッチの絵とともに、子どもと一緒に楽しんで読んでいます。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低年齢向けチラリズム

    ページごとに小窓が開いていて、ちっちゃな仕掛けだけれど子どもにはこのチラリズムがたまらなく楽しいらしい。
    その全貌が明らかになる次ページを開くときの楽しそうなこと。
    嫌いな子どもはいない”おやつ”のために妹を探して歩く、というのも楽しさですね。
    会った人みんなが銘々におやつを差し出し、一緒に食べる約束。
    妹はどこー。おやつだよー。
    暗くなっても談笑している緩やかな時間に、心温かくおしまい!と言えました。

    わりあい低年齢向けでしょうか。あと絵が、自分の子供の頃身の周りにあった懐かしい感じがしました。これもルカインなのですよねぇ。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が大好きな絵本です

    特に、下に妹のいるお兄ちゃんに読んであげてほしいな〜!!と思った絵本です。

    なぜなら・・・

    題にもあるように、お兄ちゃんが妹を探しに行くという内容の絵本だからです。

    お兄ちゃんの名前のところを息子に、妹の名前のところを娘の名前に置き換えて読むと、息子は自分が絵本の中の登場人物になりきってしまったかのように、絵本の中に引き込まれているような感じがしました。

    2度、3度と繰り返して読んで!!とリクエストがかかるくらいお気に入りの絵本になったようです。

    掲載日:2007/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹が心配で尋ねながら探す

    おやつになるから妹がいない。一軒一軒たずねる。立ち寄った所の住人もおやつを一緒に食べたいので自分のおやつも一緒に持ってゆく。兄が心配して探しに行く。いいおにいちゃんですね。私も兄が私が近くの駅の周りで遊んでいると夜遅くなった頃一度だけですが心配をして探しにきてくれました。兄もいつもは近くにいると心配されていないと思うけど実は心配をしている。妹は底まで考え付かない。遊んでいるほうに夢中ですよね。兄は思い当たる所を転々と探す。見つかったら安心して暖かく迎えてくれました。周りの人もやっぱり心配をしてしまいますよね。一軒一軒の人は思い当たる所を教えてくれるけどいないと心配しますよね。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • エロール・ル・カインさんが絵を書かれているので読んでみました。他のカインさんの絵本の絵は綺麗過ぎて小さい子にはとっつきにくそうですがこの絵本はかわいらしく内容もやさしいので読みやすいです。ちょっとした仕掛けもあってわくわくしながら読めました。でもやっぱりカインさんの絵は素敵です。隅々まで見入りました。

    掲載日:2007/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • これもカインの作品です

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    エロール・ル・カインの作品ですが、お姫さま絵本に見られる格調高い芸術品のような絵ではなく、少しアニメーション的な親しみ易い絵になっています。
    カインの死後に出版された本で、主人公の兄妹は、カインの子どもたちがモデルと言われているそうです。
    お話は、妹を探して、次々に友だちを訪ねるベンと、ちょっと変わった友達とのやり取りが繰り返されて、進んでいきます。
    次はどんな友だちの所に行くのかな、どんなお茶菓子を持っていくのかな、と次を想像する楽しさがあります。
    いない妹を捜し歩くという設定でありながら、緊迫感はなく、登場人物もみんなどことなくのんびりとしています。
    まるでかくれんぼしている妹を見つけようとしているようです。
    そして、最後には大団円、楽しいお茶会が待っています。
    最後のページは、とってもおいしそうで楽しそうなので、、子どもたちはトリコになってしまいそうですよ。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どろんこハリー / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット