庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ヴァイオリニスト」 みんなの声

ヴァイオリニスト 作・絵:ガブリエル・バンサン
訳:今江 祥智
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\2,400+税
発行日:2001年
ISBN:9784892387869
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 青年が見つけた心のささえ

    青年の独白で進むお話です。
    ヴァイオリンを弾いていると現れる少年や、近所の人々。
    父親からは、才能がないと厳しい手紙を受け取ったのでしょうか?
    自信を失い絶望感を持つ青年には、少年や人々にも馬鹿にされているように思えるほど傷ついています。
    厳しい父親なのでしょう。
    白黒のモノトーンに孤独感やとがった精神状態が浮き出されます。
    しかし、青年は気づきました。
    少年は自分の音楽にあこがれを持っていることを。
    人々は自分の奏でる曲を好いてくれていることを。
    青年は父親から独立することを決意し、手紙を書きます。
    自分は自分なのです。
    あなたの尺度の中では生きていけない。
    父親として、ちょっと悲しく思い話です。
    ここまで冷徹に子どもを追い込む気持ちは持てないけれど、父親にしても子どもに抱いた期待を裏切られた思いなのでしょう。
    子どもは自分の物ではない。
    子どもには子どもの生き方がある。
    私は、そのように思い直しましたよ。
    バンサンの孤独、絶望の表現は、自己解放への願望と、少し自己肯定に自信が持てない彼女自身の独白なのでしょうか。
    心がチクチクしました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の世界を表現すること

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    余分な和訳を極力削ぎ落とした、バンサン特有のモノクロ画で訴えかけてくる作品です。

    世間の評価など気にせず自分が弾きたい楽曲をバイオリンで表現する青年。一方で世間の定評を気にする父。俺がやりたいようにやらせてくれ。青年は苦悩する。やがて一人の少年によって青年は自信を見い出す。

    窓辺を通して父・少年・聴衆などさまざまな人の感情が入り混じります。独自の世界を表現することは最初は大衆受けしないものですよね。打ちひしがれながらも共感者が増えてくることで青年の表情が明るくなってきた場面に心の温もりを感じました。高学年向き。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / どんどこ ももんちゃん / もこ もこもこ / さつまのおいも

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット