たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

さかさのこもりくんとおおもり」 みんなの声

さかさのこもりくんとおおもり 作・絵:あきやま ただし
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784774610504
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,089
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • こもりくんそっくりのお父さん登場!

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「さかさのこもりくん」の続編ということで、ワクワクと手にとりました。
    こもりくんそっくりのお父さん、おおもりの登場です!

    蝙蝠の父子、おおもりとこもりくんは
    さかさまにぶら下がっているから、話す言葉もさかさま。
    字を追って読みきかせる私は、時々混乱してちょっとした脳トレですが、
    聴いている息子は、絵を見てイメージがあるせいか、
    すんなりストーリーを理解し、逆さ言葉のおかしみを楽しんでいました。
    もちろん、「お父さんのおなら、すごーくいいにおーい」は大喜び!

    また、楽しさの一方で、父子の絆に心がほんわかするお話でもありました。
    母親(というより私?)は、ずっと子どもと一緒にいるせいで、
    責任感や、子どものことでも自分のことのように思えるからか、
    失敗しないよう先回りしてしまうことが多い気がします。
    でも、おおもり父さんみたいに、信じてちょっと突き放すぐらいの関わりが、成長をぐっと後押しすることもあるのだろうなぁ。
    あきやまさんから、読み聞かせるお母さんに、子どもを信じれば大丈夫ってメッセージが込められているようにも感じました。
    「がんばるな!」

    シリーズで沢山の本がありました。
    これは制覇するしかありませんね。
    言葉と反対の意味の抑揚の難しさに、まだまだ泣かされそうです。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    5
  • さかさまだけど、以心伝心。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    あきやまさんの楽しい作品の中でも、個人的にはトップ3に入るくらい好きな作品です。

    またまた、ややこしい こうもりのこもりくん。
    今回はお父さんのおおもりも登場。
    親子で逆さ言葉連発です。ややこし〜。

    読んでいるこちらにはお構いなく、二人は逆さ言葉でもばっちり以心伝心、ツーカーの仲です。さすが親子!

    叱る時は 「えらいぞ〜」
    励ます時も「がんばるなー!」
    期待に応えるこもりくんも 「いやだー!」

    ややこしいけど、微笑ましい親子。とてもいい絵本ですね。

    我が家の子供たちも、ややこしい逆さ言葉を解読するのが楽しいようで、笑いながら聞いていました。
    もちろん、おならやウンチのシーンは大喜び。
    読み終わった後も、「今度は自分で読む」と取り合いをしていました。

    掲載日:2008/07/04

    参考になりました
    感謝
    5
  •  「さかさのこもりくん」シリーズは、楽しいですね。
     さて今回は、コウモリの子どものこもりくんとお父さんのおおもりのお話です。
     “おおもり”って言うのは、大きなコウモリってことなんでしょうね。
     
     この親子のやりとりの楽しいこと。
     全てが逆さなんです。
     会話を読んでいると「あらまぁ〜」って思ってしまうんですが、絵を見て大笑い。
     そっかそっか、逆さの言葉を言うんだよねって納得。

     おおもりのおならに泣きそうな顔で「うわあ!おとうさんの おなら、すご〜く いい におい!」って言うページで大爆笑!
     お父さんならではのダイナミックな遊び方も愉快愉快。
     
     お父さんの怒った時の台詞もなんか笑ってしまいます。
     ホント、怒る時は逆さ言葉の方が、効き目があるかも。

     そして、終盤は飛べないこもりくんへのおおもりの特訓。
     「がんばるな こもり! とぶなーっ!」に泣き笑いしてしまいました。
     愛嬌あるブタ鼻のコウモリ親子のお話を楽しんでください。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    4
  • パパに読んでもらいたい

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 女の子8歳、男の子3歳、男の子0歳

    木にぶらさがっているページの多いこの絵本、3歳の息子はひっくり返して一生懸命眺めていました。
    「まめうしくん」が好きで、あきやまさんの絵は大好きなので、反対言葉の持つ意味はいまいちわかっていないようなのですが、しっかり楽しんでいました。
    特に、おならとうんちがでるところ。
    やっぱり、男の子の特権ですね、おならで大爆笑できるのは。
    「ぶーっ」とか「ぽーーん!」とか、当分言いそうです。
    我が家は現在パパが不在がちなので、帰ってきたら、ぜひ一緒に読んで大笑いしてもらいたい一冊だな、と思いました。
    まだ0歳の息子が絵本を聞けるようになって、男3人で楽しく読める日が、早く来ないかな、となんだか待ち遠しくなってしまう絵本です。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • また、おならで大うけ!!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    こもりくんのお父さん「おおもり」が登場!
    こもりくんとお父さんとのやりとりのお話。
    読み聞かせるには、ややこしい・・・・。
    反対だから・・・と考えながら、声の調子も反対気味にしながら・・・。
    普段の読み聞かせをするよりも頭を使いますが、おもしろいです。
    5歳の娘の反応もよかったです。
    一番喜んだのは、「おなら」のところ。
    「さかさのこもりくんとてんこもり」でも出てきて、大うけだった娘。
    その後に読んだから、余計に大喜びだったみたいです。

    こもりくんとおおもりさんはさすが親子。
    しっかり気持ちも伝わって、親子愛を感じるお話です。

    このシリーズは、出版された順番に読むのが、一番のおすすめです!!

    掲載日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • ユーモア絵本!

    この絵本の趣旨を理解できる年齢のお子さんは,とても面白く感じるのではないでしょうか。
    笑がおきてしまうかもですね(笑)。
    さかさ(反対)の意味を言うこうもりの子供こもりくんとお父さんのおおもりさんのお話です。
    言葉遊びのユーモア絵本です!

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 解読のおもしろさがいいですね

    ちょっとややこしいのですが、解読する楽さも味わえるーさかさのこもりくんシリーズです。
    今回はお父さんとの楽しい生活が描かれていますね。
    なかでもお父さんならでは!?くさーいおなら、、、子供に大ウケです。二人の会話に一瞬止まって考えなくてはいけないのですが、小学1年生の息子にはいい頭の運動になるようです。
    もともとのストーリーも楽しいのですが、自分で考えて解読するという楽しさもあってダブルで楽しめます。
    パパの愛情がよく伝わってくる素敵なお話なのでぜひパパに読んでもらいたい本ですね。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 頭の回転はやくないと(笑)

    ことばがさかさま、というから後ろから読むのかと思いました。
    「ミルク」だったら「くるみ」のように。
    意味がさかさまになるように、なのですね。
    頭の回転がはやくないとついていけなーい(笑)。
    娘は(はんたいことばはいろいろもちろん知ってはいるのですが)
    そういった遊びに慣れていなかったので、最初は理解できなかった
    ようです(笑)。何度か読んでやっと「これってはんたいのこと
    言ってるの?」と。
    私も、気持ちをこめて絵本を読むのが大好きではあるのですが
    好きなだけに、はんたいのことを言いながら本当の気持ちをこめる
    のにとても苦労しました(笑)。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • こころがつながっていれば!

    以前「さかさのこもりくんとてんこもり」を読んだとき、
    「ここに出てくる言葉は反対の意味だってことが
    理解できる年齢でないと大変だな〜」と感じました。
    だって、普通なら怒られるような言葉でいっぱいですから。

    この「おおもり」も、もちろん全て「はんたいことば」。
    でもこの作品、なんか伝わるんですよね〜。
    言葉は乱暴でも、おとうさんと息子、表情を見てるだけで、
    ふたりの信頼感や愛情がひしひしと。
    そして時には、荒々しく背中を押してくれるのも父親。
    なんか、男親子いいです!

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子の愛情、しもねた、すだちと入ってる

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    こもりくんはこうもりのこ、さかさでぶらがっているから話すことばもさかさ、こもりくんシリーズのおやくそくです。
    「ぼく ぜんぜん げんき ないんだあ!」
            ↓
    「きょうも すっごく げんきだよ!」
    って感じです。ちちおやとあそぶこもりくんが姪っ子と私が遊んでいるようで楽しかったです。それに子供が好きなしもねた(おなら、うんち)もでて姪っ子はけらけら笑っていました。
    そしてこの一番のもりあがるところは、こもりくん飛翔のところです。姪っ子にこもりくんまだ小さいから飛べないよといったらこもりくん飛べるよと応援していました。
    親子の愛情、しもねた、すだちとはいったこの巻がこもりくんシリーズの中で私的には一番好きかもしれない。。。。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    1

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット