だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぶうくんと うさちゃんの ピクニックごっこ」 みんなの声

ぶうくんと うさちゃんの ピクニックごっこ 作・絵:奥野 涼子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784061938335
評価スコア 4
評価ランキング 19,442
みんなの声 総数 3
「ぶうくんと うさちゃんの ピクニックごっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家ピクニック

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    ピクニックへは雨で行けなくなっちゃった。

    仲良し2匹・ブタのぶうくんとウサギのうさちゃんは、
    ピクニックごっこをすることに決めました。
    一緒に歩き、休憩し、お弁当を食べて・・・本当に楽しそう!
    ママに作ってもらったお弁当も、無駄にならず良かったね。

    家の中で色んなものを見つけながら歩く2匹に共感しているのか、
    息子はワクワク嬉しそうな顔をしています・・・
    ピクニックに同行している気分にでもなっているのかな?

    『ごっこ遊び』は重要ですね。
    読み終えると、息子も真似をしたがりました。
    リュック背負って、家中ウロついています・・・。
    これは、本当にピクニックへ行かなくっちゃ!
    暖かくなる頃に、計画を立てて行ってみようと思います。

    この絵本は、2〜3歳向けのです。
    子供が好みそうな絵だし、色使いも素敵なのでオススメします。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちが、食いついた!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    もう一冊は『ぶうくんとうさちゃんのおみせやさんごっこ』

    保育園の保護者のおすすめで読んでみました。
    初めて出会った作家さんの絵本で、何となく、ピンとこなかったけど・・・

    子どもたちには、とっても好印象でした。

    未満児さんは、食い入るようにみていました。年少児も、何回も繰り返し読みたがりました。

    きっと、この、はっきりした輪郭、ちょっぴり単純な絵や、身近に感じるテーマが、子どもたちにあっていたのかもしれません。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐ園外療育

    もうすぐ、園外療育で運動公園に遠足に行きます。

    やっぱり、お弁当を持っての遠足はとても楽しみです。

    ぶうちゃんとうさこちゃんのように、ピクニックごっこして遊ぶ年齢に

    なったんだなあって思いました。

    「ごっこ遊び」を、読んだ後から孫の言葉を張り切って出しているので

    自分では、きっとぶうくんとうさちゃんといっしょに参加しているつも

    りだと思います。二人が画面いっぱいに描かれているのも親近感を持つ

    ようです。二人のポットドック、サンドイッチが美味しそうなので、パ

    ンが大好きな孫だから、遠足にも持って行きたくなりました。

    読んでいてとても楽しくなった絵本です。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット