しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

まほうのおなべ」 みんなの声

まほうのおなべ 作・絵:ポール・ガルドン
訳:田中とき子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1980年
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,691
みんなの声 総数 8
「まほうのおなべ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなしあわせ

    オートミールがどんどん出てくるまほうのおなべをもらったは
    いいけれど、まほうのもんくを忘れてさあ大変。
    せっかくもらったおなべが消えてしまうのかどうなるのか
    とてもひやひやしました。
    みんなしあわせな結末でよかったなあって思いました。
    娘は影響を受けて、今、「おなべ」の絵本を描いています。
    蓋なしで火の上に吊るすタイプ。こういうのは実際に見たこと
    ないだろうになあ(あっても赤ちゃんだった頃だから覚えて
    いないだろうし)。・・と思っていたら「おなべって話はね、
    表紙に1個しか出てこないお話だよ」だそうで。物語の中には
    出てこないらしい(笑)。きっと、あの形が見たことなくて
    刺激を受けたのだろうなあって思います。
    オートミールも(よく外国のお話には出てきますが)、娘は
    食べたことがないので、食べさせてあげたいなあと思います。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいものがいっぱいある幸せ感

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    こんなお鍋があったらいいなぁ。
    オートミールって食べたことないけれど、なんだかとても美味しそう。
    村中にあふれたオートミールを、村人たちが嬉しそうにすくって食べるのを、娘は羨ましそうに眺めていました。
    毎日オートミールで飽きないのかな?とか、地面を流れたオートミールを食べて衛生的に大丈夫かな?とか、誰がこのあふれたオートミールを掃除するのかな?とか、突っ込みどころ満載なのですが、そんなのは無視して、純粋に美味しいものがいっぱいある幸せ感を楽しみたい絵本です。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘を探して走るお母さんが面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    ヨーロッパの有名な昔話をポール・ガルトンが倖絵本にした作品です。
    原作の方は1976年に出ているようです。晩年のポール・ガルトンの作品に比べると、まだあまり個性が出ていない気がします。
    お粥の中をかき分け、娘を探しに行ったお母さんが、なかなかウケます。
    お話自体はとても有名で、絵本より、むしろ昔話の語りとして知っている人も多いと思います。
    ともかく、原作自体がとても面白いので、幼稚園くらいのお子さんから小学校高学年くらいまで、十分楽しめます。

    この本は「えほん・ドリームランド」という岩崎書店のシリーズものでしたが、今は絶版しているので、読みたい人は図書館などをご利用ください。

    掲載日:2010/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 貧乏な親子が魔法使いのおばあさんに まほうのおなべをもらうのです

    こんなおなべがあったら 働かなくなるかも?
    そんなことも思いながら 読み進めていました。
    「おなべよ にえろ!」と唱えたら オートミールがわいてくる

    「おなべよ とまれ!」

    このまほうの もんく 

    お母さんは 女の子におまかせで わすれてしまうの こんな 簡単な 言葉なのにね?

    お母さんは のんきそう  働いている姿が亡くて・・・・
    お話の世界は なんと楽なんでしょうと 思いました。


    おかあさんが 「おなべよ とまれ!」といえなくて 町中オートミールがあふれるの  町のひとたちが 美味しそうに食べている絵が 一番幸せそうです・・・・・

    この親子のおかげで みんながおなかをすかせることがなく めでたしですが・・・・・

    やっぱり まほうのなべは、 みんなのためになったのかな?

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない話、好きです!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    日本のむかし話を読んだような、なつかしい気もちになれました。
    「おもしろいね!」っていう感想をシンプルにもてる一冊です。ありえないできごとなんだけど、この本を通して現実にあるかのような気分になることは、貴重な体験だと思います。
    オートミールをみんなで食べまくる絵は、最高に笑えます。ずっと見ていたい気分になります。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 村中で食べるオートミールは圧巻

    貧乏な親子のもとにやってきた魔法のおなべ。
    おなべは、ある呪文をとなえると、たちまち、オートミールでいっぱいになるという素敵ななべでした。
    でもね、オートミールが煮えるのをとめる呪文を忘れてしまったから、たいへん。
    どんどんどんどんオートミールができて、鍋からあふれ、部屋からも流れでて、村いっぱいに...
    洪水のように村いっぱいになったオートミールを村じゅうの人がすくって食べているページは最高です。
    こんなこと、ありえないんだけど、想像すると楽しい。
    おいしいものが、あふれかえっている様子って考えるだけでも気持ちのいいものです。
    オートミールなんて、日本人にはなじみの薄いもの。
    でも、このオートミールがどんな食べ物かわからないから、なおさら、子供には魅力的にうつったみたい。
    「お母さん?明日はさ、このオートミールっていうのをご飯にしてほしいな。」
    ってうれしそうに息子が言いました。

    掲載日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法の呪文は忘れずに。

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    長女が見つけてきた絵本です。
    シンプルなお話 シンプルな絵なのですが夢があふれています。
    本の中ではオートミールが溢れていますが・・・。

    魔法使いに貰った魔法のお鍋
    呪文を唱えるとオートミールがあらわれる、まさに魔法のお鍋。

    お鍋をとめる呪文を忘れて大騒ぎになります。
    溢れるオートミールに溺れる。
    お鍋からふきだした、どころじゃありません。
    街中オートミールまみれ まるで洪水のよう。

    これが、滑稽でおかしいのです。
    あ〜〜〜あ〜〜〜
    とかいいながら娘と一緒に楽しみました。

    掲載日:2007/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなおなべほしいなあ♪

    題名からしてちょっと惹かれますよね。
    私にとっては、子供のころ親しんだお話で、すごく懐かしいお話でした。

    あるところにとっても貧乏な母娘がいました。
    ある日、娘が森に行くと、魔法使いから「黒い小さな鍋」
    をもらいました。

    このお鍋はとっても不思議。
    ある呪文をいうと、鍋にはオートミールがいっぱいに。
    そしてある呪文をいうと、お鍋はとまるのです。

    まさに魔法のなべ。
    母娘は、いつでも好きなときにお腹いっぱい食べれるようになりました。

    でもそんなある日・・・


    さてさてどうなるのでしょう?

    もう大変なことになってしまいます。

    でもなんだかその大変なことが、面白い。

    もう呪文は○○なのに!!とか思いながら、
    どうなるのかその展開にドキドキです。

    最後に村中の人が、オートミールに埋もれながら、
    お腹いっぱい食べている姿はこっけいなんだけど、
    私たちも食べてみたい!と思っちゃいました。

    こんな魔法のおなべが我が家にもあったら、いいなあと思った作品です^^;

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット