ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…

いっしょにいきるって、なに?」 みんなの声

いっしょにいきるって、なに? 作:オスカー・ブルニフィエ
訳:西宮かおり
日本語監修:重松 清
絵:フレデリック・ペナグリア
出版社:朝日出版社
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784255003672
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,445
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イラストが多くて、わかりやすい哲学書。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    日本版のこの本の観衆を児童作家の重松清さんがされていて、それが気になって図書館で借りてきてしまいました。

    副題に「こども哲学」とあります。
    目次は「ひとり」「そんちょう」「意見」「平等」「しごと」「リーダー」に分かれていました。

    何度も何度も読まないと、子ども達(特に日本の子ども達)には、この本の言っていることは伝わらないかもしれない。
    とても簡単に例題をあげて、面白いキャラクターたちが意見を交わしているけれど、
    日本の社会は、こういう意見交換そのものをあまりやっていないから、伝わりにくいんじゃないかな〜て、思いました。
    でも、編集部後書きや作者、イラストレーターの説明文は、
    この本で言いたかったことを、とても簡単に分かりやすくまとめてくれている!という気がしました。
    奇妙な読み方ですが、出来たらまず後書きを読むことからお薦めします。
    それから本文を読むと、なんだかよくわかるような気がしませんか?
    これは子どもといっても小学校高学年から中学生くらいの人たちが読むといいかもしれません。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット