しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

アパート3号室」 みんなの声

アパート3号室 作・絵:エズラ・ジャック・キーツ
訳:木島 始
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1980年
ISBN:9784034251201
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,464
みんなの声 総数 7
「アパート3号室」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音があふれている

    外国の短編映画を見ているような感じがしました。
    絵本だから、音は聞こえてきません。
    でも、アパートの中の音がそれぞれリアルに聞こえてくるようです。
    不快な音もあれば、素敵な音楽まで、音にあふれている絵本だったと思います。

    掲載日:2013/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な出会い

    ミステリーっぽくて初めは少々ドキドキ。
    でも素敵な出会いが描かれていました。
    音楽の変化とサムとベンの表情の変化に読む方も心が柔らかくなってくるようです。
    最後の一文がとてもきいています。
    老若男女問わずこういう関係が築けたらいいと思いました。

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 喜びの音色

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    アパートの中で聞こえてくるハーモニカの音色。
    どこから聞こえてくるのか少年が探していると、そこには盲目の男が。

    子供の好奇心がよく表れています。
    一部屋ずつ探していく姿に、こちらまでドキドキさせられます。

    盲目の男と出会った少年。
    やはり最初は戸惑いを見せますが、男のハーモニカの音色に次第と心が打ち解けていきます。
    ここも子供らしいところですね。
    大人だとこうすぐには仲良くなれないものです。
    少年と男のうれしい気持ちが、喜びの音色として聞こえてくるようです。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の奥底に響く

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    キーツの絵本は、どれも落ち着いた色づかいですが、この絵本は
    飛び抜けて色彩が抑えられています。
    その理由はハーモニカを吹く人にあったのですね。

    色が抑えられている分、その人の「周りが見えている」ことへの驚きと、
    そしてハーモニカの音が浮かび上がってきます。
    前半のアパート住人の生活音で、どんな人が住んでいるのかが想像されて
    興味深かったです。後半は、やはり魂が放出されているような、ハーモニカの音。
    心の奥底に響いてくる、そんなおはなしでした。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハーモニカの音色が聞こえてくるような

    息子が図書館で選びました。題名がとてもミステリアスなのでどんな話なのかと思いました。アパートのどこかで誰かが吹いているハーモニカの音を探っていく話です。謎解きの要素があるので、読みながら少しドキドキしました。

    絵が黄土色を基調としているので少し暗めですが、物語の世界をよく引き立てています。絵本から男の吹いているハーモニカの音色が聞こえてくるような気がしました。息子の反応はまだ話がよくわからないという感じでしたが、黙読するよりも声に出して読んだ方が物語の情感が伝わってくる気がしました。

    掲載日:2007/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な音色

    毎日のように聞こえてくるハーモニカの音色。
    同じ曲を奏でてるのですが、なぜか毎日違って聞こえる。
    どうして??
    サムと弟のベンはその美しい音色の主を捜しにアパート中を歩き回るのです。

    さて、後半に向けてその音色の主の正体が証されるのですが
    衝撃的でした!!薄暗いアパート3号室の部屋(理由は読んでから)
    からあふれ出すハーモニカの音色♪文章をたどるだけで聞こえてきそうな位に
    感受性豊かなその演奏者の姿。
    子どもたちも音が聞こえてきたのか?目をゆっくり閉じて
    お話しの世界に溶け込むように聞き入ってました♪

    掲載日:2007/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音が聞こえてきそうでした。

    偶然、児童館で出合った本ですが、その絵の迫力に圧倒されました。

    この本は、あるアパートに住む少年たちが、ハーモニカの音をたどって、3号室の盲目の男と出会うお話です。

    男がハーモニカを吹くシーンは、とっても迫力があり、そのハーモニカの力強く、魂のこもった音色が聞こえてきそうでした。
    そのシーンが、特に印象深い絵本です。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット