ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

おしゃべりなたまごやき」 みんなの声

おしゃべりなたまごやき 作:寺村 輝夫
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003789
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,443
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

97件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 5歳の息子と読んだ絵本です。
    息子達はドキドキする絵本が大好きなのですか。この本も結末がどうなるのかすごく気になるようで読んでいる最中にもかかわらず、王様はどうなるの?やらコックさんはどうなるの?やら質問してきました。王様のついた嘘がいつバレるのかとドキドキ子供達にはまさかの展開だったようで驚いてました。ちなみにこの絵本を読んだきっかけはプレミアムサービスのひとつでコンシェルジュを使ったら出てきた絵本です。

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい王さま

    わたしは、このお話を知っていました。でも絵がかわいかったので読んでみました。
    朝のあいさつがはじまる合図のラッパの音がおもしろかったです。
    休み時間のとき、王さまがはしらから顔を出しているのがかわいいです。
    にわとりをにがしてしまって、王さまのまわりにいっぱいにわとりの毛があったのでびっくりしました。
    さいごのページの、王さまとコックさんの笑顔がすてきでした。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんとにおしゃべり!

    とある国の王様は、たまご焼きが大好き。
    そんな王様がある日、悪気はなかったのですが、ちょっとした事件を引き起こしてしまいます。
    すぐに自分の仕業だと言えばいいのに、ついごまかしてしまったから大変。大騒ぎになってしまいます・・・。

    王様の気持ち、こどもならみんなわかりますよね(笑)。
    ウソにウソを重ねていっても、結局バレてしまうのに・・・と大人ならわかることですけどね。

    で、この王様のウソは、とても信じられない方法でばれてしまうのですが・・・
    そこがこのお話のツボですので、ぜひ本を読んでみてくださいね。

    同じお話が、児童書の王さまシリーズにも収められています。
    そちらも大好きなのですが、絵本は長新太さんの挿絵ですので、また違った趣があり楽しめます。

    ちょっと絵本にしては文章が長いですが、楽しく読めると思います。
    姉妹本?「ぞうのたまごのたまごやき」も楽しいですよ!

    掲載日:2010/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 全てのページが懐かしい

    私が子供の頃、何度も繰り返し読んだこちらの絵本。
    「たまごやきがいいな。目玉焼きにしてくれ。」という王様の言葉が矛盾しているようでツボにハマり、弟と一緒にモノマネしていた事を懐かしく思い返しました。
    子供達は王様のついたウソがどうなるかとハラハラしながら見入っていて、親子でもこうも反応が違うものかと驚きました。
    今見返しても、長新太さんの絵はダイナミックで個性的ですね。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい♪

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    壁いっぱいの鶏に背を向けた王様がユーモラスな表紙で、楽しそうです。
    中身も楽しいながらに、どことなく嘘をつくことの哀愁がただよう作品で、子どもにも面白さ以外の何かが伝わる作品です。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 評判通りのおもしろさ

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    自由きままな王様の話です。
    王様は間違えてにわとりを逃がしてしまったことから始まる、ゆかいなお話です。王様のキャラクターが楽しいです。最後はどうなるのか、ドキドキしながら読みました。
    文章は長いですが、お話自体は難しくないし、絵も多いので、読んであげれば幼稚園児でも楽しめると思います。

    掲載日:2016/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • にくめない王さま

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    なんたもとぼけた王さま「あ、うん。」の返事に
    息子は大爆笑。
    シーンごとにすこしづつかわるラッパの音も
    いい味を出しています。
    さいごの展開は、、、??あれれ
    昔ばなしの展開によくにている、、、とおもって
    しまいましたが。あと、4歳になったばかりの
    息子にはイメージがしにくかったようで、
    話の途中のほうが反応がよかったです。
    もう少しおおきくなったらもっと楽しめる
    ように思います。長く読めそうな一冊です。

    掲載日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王さまシリーズの先駆け??

    幼稚園で借りて、4歳の息子と読みました。

    昔、私も読んだことがあります。
    これはおうさまシリーズの先駆け? 長さんがイラストを描いています。
    赤っぽいイラストと、その構図がいいです。。
    おうさまが人間くさいけれどワガママすぎないのが、個人的にはよかったです。
    息子は、卵焼きの絵の上に、黒く鶏の枠線がひいてあることに気がついていました。
    まあまあ楽しかった絵本です。

    掲載日:2015/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい読み物

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    お騒がせものの王さまのお話です。

    3歳には少々文が長いかな、と思いましたが、
    息子は卵が大好きなので、めだまやきという言葉が出てきたらすぐに食いつきました。

    目玉焼きにした卵が王さまのやったことをしゃべっちゃう展開は面白いですね。

    それにしてもお騒がせな王さま、困った人ですが憎めない愛すべき存在ですね。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ、うん

    子供達は王様の「あ、うん」ってセリフが大好きです。普段の遊びで、何か聞かれても「あ、うん」しか言わない王様ごっこをしたり、食事前や入浴前にラッパの音をくちずさんだり・・・この絵本の影響力は良い意味でとても大きいと感じます

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

97件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

みんなの声(97人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット