だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ハルとカミナリ」 みんなの声

ハルとカミナリ 作・絵:ちば みなこ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784776402091
評価スコア 3.29
評価ランキング 36,783
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろんな気持ちを体験

    カミナリの親子(?)二人に誘われ、空に行くんですが、

    へそまつりがあるから・・・と誘われます。

    ちょっとドキっとしてしまいました。

    小さな子供が並べられているのか、

    もしくはへそが束になって置いてあるのか・・・。

    絵も少し不気味な感じを漂わせていたりします。

    自分のへそが狙われた瞬間からオニたちの顔が急変。

    ちょっと怖いと感じる子もいると思います。

    不思議な感じの絵本でした。

    掲載日:2014/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか腑に落ちない点が

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    カミナリのなる日、ハルの前にカミナリのゴロリとピカリがやってきて、
    ハルを雲の上の“へそまつり”に誘います。
    そして“へその実”取りや、ごちそうの準備を手伝い、
    一緒にへそまつりを楽しみますが、年寄りのカミナリさまが
    「へその実はおいしいが、本当のおへそはもっとうまかったなぁ」と言い出して・・・?!

    カミナリたちのなんだか不気味な笑みと、
    ハルの不安そうな顔がなんだか気になって怖かったです。
    いまいちカミナリたちが何をしたかったのかよくわからず、
    子供たちも「なんだ、これは?」と、消化不良気味でした。
    へその実とかへそ料理のアイディアは良いと思うんですけど・・・。

    カミナリたちの登場の仕方も、かなり怪しいと思うんですが、
    お話を読んでいくと、最初からハルを狙ってへそまつりに誘いに来ているようだし、
    でも結局、カミナリたちはハルのおへそを取っちゃうわけでもなく
    気が付けばお家に帰ってきちゃってるし・・・。
    なんだか腑に落ちない点が随所にあって楽しめませんでした。
    かなり怖い思いをしているのに、最後には笑って手を振っているハルに共感できなかったせいでしょうか?
    よくわかりませんが、我が家ではヒットしなかった本でした。

    次女がちばみなこさんの絵が好きで期待して読んだ分、
    ちょっと残念でした。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怖い・・・

    このお話に出てくる雷様たちはすごく人間みたいな容姿をしていたのでうちの子は最初ちょっと戸惑っていたのですが、クライマックスに向けて雷様の怖い感じがちょっとずつ出てきて、それがうちのこには、普通に雷様の絵で描かれているえほんより怖かったみたいです。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理解できない

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    突然やってきたカミナリのゴロリとピカリに招待されカミナリさまの村へ・・・
    かなり怪しい二人と怪しいお祭りにホイホイとついていくハルちゃんの気持ちが理解できなかった・・・
    子供のおへそからなるへその実を「おいしそう!」という気持ちもわからず・・・
    怖い思いをしながらも笑顔で手を振る様子も理解不能・・・
    結局なんだったの?
    何を伝えたいのかサッパリわからないし、ハルとカミナリ二人の思いもサッパリわからなかったです。

    掲載日:2012/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雰囲気あっていいな

    雰囲気たっぷりの、好みの絵に出逢うと、いつでも絵を描いた方が
    どんな学校を出たのか確認してしまう。この、ちばみなこさんも然り。
    「ああ、やっぱり芸大なんだねえ」と納得したり。でも逆に、たしろちさと
    さんのように美大じゃない方にはびっくりしたり。
    どちらにせよ、楽しんでいるのです。

    この絵本は、ちばさんのデビュー作なのかな?『まいごのきたかぜ』が
    娘も私も大好きなので(図書館で借りて読んだ後、購入してしまいました!)
    こちらも読んでみました。
    どうなっちゃうのかなあってちょっとどきどきしてこわかったです。
    大人っぽい絵本でした♪
    カミナリといえば「だるまちゃんとかみなりちゃん」みたいなほんわかした
    ものの方が、怖くなくていいかも(特に娘は恐がりなので)。
    おへそっておいしいのかなあ・・。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • へそまつり

    独特の雰囲気を持つ絵のタッチに惹かれて手に取りました。

    カミナリの親子に「へそまつりに行こう」と誘われて、一緒に雲の上に行くことになったハル。へそまつりには、へその実、へそコロッケ、へそチーズ・・・等々が沢山。ところが、本物のへそを見てみたいと言い出したカミナリたちに追いかけられて、ハルは逃げ出します・・・。

    ハルのへそが取られてしまわないか、娘とハラハラしてしまいました。
    本当だったらかなりの恐怖のはず・・・。
    それなのにハルはケロっとしていて、最後にはまた笑顔でカミナリたちに手を振っている・・・。すごい度胸です。
    カミナリたちの怖さが読み終わったあとに残ってしまって、なんだかすっきりしなかった。最後にもう一捻り欲しかったかな、というのが正直な感想です。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おへそとられちゃう?!

    ハルをへそまつりに誘いにきたゴロリとピカリ。
    カミナリの親子です。

    この二人と一緒にカミナリ雲にのって、
    カミナリ村のへそ祭りに参加するハルの物語です。

    4歳の息子が気づいたのですが、
    カミナリ雲のハンドルがカミナリの形をしてて、
    とってもカワイイ!

    そして、カミナリ達と一緒に、へそチーズ、へそコロッケ等の
    ご馳走を楽しむハル。
    おいしかったのかな・・・?

    ご馳走の後、おへそを見せろーと追いかけられてしまいますが、
    それでもまた一緒にお祭りにいこうね、と言ってくれた
    ゴロリとピカリ。

    あーよかった、安心しました。
    ハルも食べられちゃうのかと思ったよ。

    本を読みながら思わずおへそを押さえていた息子のしぐさが
    とっても笑えました。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • へその実

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    上手く説明できないのですが、色味や画風が独特です。

    おへその代わりに「へその実」という発想が面白いですね。カミナリの食べるへその実、人間のハルが食べてもおいしかったようで。

    カミナリは結局、友だち?それとも・・・?最後のオチを期待しちゃいました。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な雰囲気

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    今までのカミナリと違ったイメージで、不思議な雰囲気のするカミナリとカミナリ達の家でした。
    カミナリのゴロリとピカリが、女の子のハルをへそまつりに招待するお話です。
    絵は芸術的なタッチの絵で、見たことのないカミナリのイメージでへえ〜と見ていたのですが、お話の内容がちょっとおもしろくなかったです。

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • へその実・おへその味って?

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    カミナリ様ってどんなイメージですか?
    普通は怖く表現してある方が多いと思うのですが、
    この絵本のカミナリ様はちょっとかわいいんです。
    読んでいくうちに娘は「あっ!」と声を上げ、
    ハルのおへそを心配していました。
    読んだ後、”へそ”の話で盛り上がりました。
    ママ「”へその実”の味って どんな味かな?」
    娘「おかしの味。甘いのよ。」
    ママ「じゃあ。”へそ”は?」
    娘「う〜〜ん。」
    雷がなったら”おへそ”にご用心。

    掲載日:2007/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(13人)

絵本の評価(3.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット