貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

償い」 みんなの声

償い 作:さだまさし
絵:おぐら ひろかず
出版社:サンマーク出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784763194862
評価スコア 4
評価ランキング 23,560
みんなの声 総数 1
「償い」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 加害者側から

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    思いもかけないことで相手を事故死させてしまったゆうちゃん。被害者の妻の悲痛の言葉が心に突き刺さる。せめてもの気持ちと毎月仕送りを送り続けた7年目のある日、ゆうちゃんは涙を流す。その理由とは・・・?

    実話を元にしたさださんの曲だと知りました。不慮の死を扱う作品ではその悲しみや妬みを描かれている場合が少なくないですがこちらの作品は違うのです。加害者がどう現実と向き合うか。これで人の価値は分かれるのではないかと歌詞を書かれた作者は後書きで述べています。

    おぐらひろかずさんの絵はキャンドルの炎のようにどれも温かく柔らかいです。
    さだまさしさん。これまで一つも聴いたことがありませんでしたが胸を打つ曲を、著書を多く出されているのですね。他にも絵本シリーズがあると知り読みたくなりました。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / さつまのおいも

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット