もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

チックタック じかんってなあに?」 みんなの声

チックタック じかんってなあに? 作:ベス・ユーマン・グレイク
絵:ハーベイ・ワイス
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1970年
ISBN:9784032010909
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
「チックタック じかんってなあに?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わかりやすい!

    時間ってなあに?時間って目に見えないものだから、小さい子に説明するには、親はちょっと苦労しますね。
    でも、この絵本、「時間ってこういうものだよ。」っていう説明がとても上手。
    説明に押し付けがましさがないのがいいです。
    「時間は目には見えないけれど、ずっと前からやってきて、これから先へずっと続いていくものです。」
    この1文だけでもとても素敵だと思います。
    「1秒間はぽんとまりをつく間の時間です。」っていうこういった表現はとっても子供にわかりやすい。
    そして、1秒から始まり、分、時間、1週間、1ヶ月、季節にふれ、そして、過去、未来。
    季節の移ろいがあり、自分たちが成長し、これからもずっと時間は続いていくんだよ、っていう説明ってなかなか口でも難しい。
    この絵本、普通に読んであげるだけで、なるほど、って子供の心にすっと入っていくんじゃないかなと思う。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「時間」を知り「時間」を大切にしたくなる

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    息子が図書館から借りてきた絵本です。
    タイトルになっている「じかんってなぁに?」という問いかけに
    優しく語りかけるように 答えてくれる絵本です。
    一瞬の積み重ねが 1分になり 1時間になり 1日になり…と
    「じかん」をイメージしやすく導いてくれます。
    また 自分が赤ちゃんだった頃・今・お父さんやお母さんになる頃について考えさせ
    過去→現在→未来と 時は途切れることなくずっと流れていくことを教えてくれます。

    息子も 時間というつかみどころのないものの概念を
    しっかりと理解することが出来たんじゃないかな。
    私は 今のこの瞬間が次の瞬間には 過去のものになり
    その時の在り方が自分自身を形成していく事になるんだなぁ…と
    改めて時間を大切に生活したいと思わされました。

    また 時計の学習の際に(1年生かな) 読んであげるのもいいかも
    …とも思えてくる絵本でした。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時間の本質

    最近、時計に興味を示すようになってきた娘。
    「いま、なんじ?」と聞いてくることもあります。
    そんな娘に読んだのですが、私の方がガーンと頭を打たれるようでした。

    なぜなら、この絵本は時間の本質を伝えているからです。
    時計をみて、「いま、○時」というのと、本当に時間を理解しているのは違うのですよね。
    1秒は絵本をぱらっとめくるくらいの時間という文章を読んだときにハッとさせられました。

    時計をよめるようになることももちろん大切ですが、時間というものが何なのか、それを教えていきたいと思いました。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鼓笛隊の絵で、見せてくれているもの。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    すごく古い本です。
    後ろを見たら日本の初版は1970年とあります。
    「時間」についての絵本は、日本ではまついのりこさんの「とけいのほん」が有名ですが、
    この絵本の作者は、小さな、時間の概念がまだない子ども達でも理解できるように、考え考え文を書いてくれたんだな〜と、読んでいてつくづく思いました。

    学校に入ると、先生方が子どもたちに「時計を見て行動するように」と促しますが、実際に時間の概念を理解できるようになるのは小学校の中学年位になってからだそうです。

    だから、この絵本は幼稚園の年長さん位から、小学校低学年くらいの子に特に読んでほしいな〜。と思います。
    時間についてが、楽しく、分かりやすく触れられています。
    特にページを開いてすぐの鼓笛隊のような人たちがやってきて、去っていく絵を使って、おおよその「時」について絵がいてくれているところが気に入っています。

    掲載日:2010/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時がよくわかる

    時計の読み方を少しでも教えたい、
    そんな事を思いながら見つけた絵本です。

    それは一秒から始まり、一分、一時間・・・・
    はるなつなどの四季までのお話。
    過去や現在、未来と時間はずっとつづいて
    いるものなんだよと分かりやすく解説しています。
    目に見えないものだけど、確実にある。
    不思議な感覚は息子にはかなり
    早すぎたようです。

    小学生になったら、また読みたいと思いました。
    大人が読んでも面白かったです。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • これ一冊あれば

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    時計に興味を持ち出したり、時間や日、曜日などについて質問するようになったら、この本の登場です。
    私が口で説明するよりも、わかりやすく時間について教えてくれます。

    時間は絶え間なく続いていて、過去現在そして未来をつないでいることが、子どもなりに理解できたと思います。

    1分が60秒で、1時間が60分で、といった細かなことは、5歳の息子には難しいと思いますが、これからも、時間について聞いてきたら、この本を開いていっしょにお話できたらいいなあと思います。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット