だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

じかんが どんどん」 みんなの声

じかんが どんどん 作・絵:ジェームズ・ダンバー
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784566006553
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,902
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 時間を体感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    「時間」がテーマの中一向けブックトークで選書されていました。
    1秒から1世紀まで、その長さを具体的に描いてあります。
    心臓の動きが約1秒。
    この感覚、身近でいいですね。
    その動きを意識しながら、いろいろな現象で時間を感じていきます。
    それぞれの時間の長さで何ができるか、具体的に描いてあるので、
    イメージがしやすいですね。
    概念がかなりたくさん出てくるので、やはり小学生くらいからでしょうが、
    大人にとっても改めて時間について考えさせてくれる作品だと思います。
    時間、奥深いです。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時間

    時間について、とことん説明されている本だと思いました。
    1時間は何分?何秒?
    100年で1世紀
    など、1秒から1世紀までと、幅広く知ることが出来るなと思います。
    ただ、説明文的な内容だからでしょうか。
    子供は、途中で飽きていました。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい科学の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ふしぎだな?知らないこといっぱい」シリーズの1冊。
    シリーズでは、「シロナガスクジラより大きいものっているの」が印象に残っています。

    「これから きみに はなすのは、目で みることも、耳で きくことも、手で さわることも、においを かぐこともできないものの おななし。
    ただ かんじることは できて、 いつも ぼくらといっしょに居るもの・…それは じかん」
    という格調高い滑り出しで始まります。
     
    時間の単位で、秒から具体例を示していくのですが、その例が実に分かり易いもの。
    「15秒の間に、ハエは、500回も 羽根をぱたぱたさせられる」とか
    「トビウオは、20秒までなら 空中にいられる」とか
    興味を持って考えられる事例が満載です。

    秒→分→時間→日→週→月→年→世紀と、続いていくのですが、その単位の考え方もこんな風な絵本だったら、すんなりと受け入れられるはずです。
    最後には、四季とか歳をとるといったことや、過去・現在・未来の考え方を示して終わるのですが、時間という概念について、この一冊を読むと肌感覚で捉えることが出来ると思います。

    私は子供の頃、「せいめいのれきし」を読んで衝撃を受けました。
    それこそ、何度繰り返し読んだことか分かりません。
    この「じかんがどんどん」も、そんな類いの絵本です。
    小学校生のお子さんに、プレゼントされることをオススメします。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なテーマでおすすめ!!

    大好きな「ふしぎだな? 知らないこといっぱい」シリーズ。
    その中でも一番身近なテーマでとっても面白かった!!
    「秒」から「世紀」まで本当にわかりやすく解説してあります。
    そして未来を感じられるようなところが大好きです。
    「時間」という普段あまり注目しないことも改めて考えてみると「スゴイ」。
    ワクワクする絵本です。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間 それは感じるもの

    時間は 目で見ることは出来ない感じるもの!

    時間は 歴史 長〜い  歴史を感じ不思議  人間は 時計で時間を計りあさ ひる よる  一日とした 何だか今の私たちの生活では当たりまえのようですが・・・・
     
    この絵本の作者は 上手く時間を私たちに 客観的にとらえるように描かれています(上手いな〜)

    一年のとらえ方も一年一年の積み重ねが 歴史なんだな〜 100年 一世紀  今生きている 昔 未来 全てが 時間の流れの中にある
    のが 不思議でも有りますね

    はる なつ あき ふゆ  季節はめぐる めぐる こうし毎日生きているのですね

    赤ちゃんがうまれて 死んでいくこれも 歴史 
    当たり前だけれど 不思議な時間を感じました

    おもしろい絵本でした

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでいると時間の流れが見えてくる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    これは「ふしぎだな?知らないこといっぱい」というシリーズの1冊で、長い夏休みなどに子どもたちが読むのにぴったりの、科学絵本です。

    まずは心臓の「トックントックン」動く音を例題に“1秒”という時間を考えさせてくれます。それが1分になり1時間になり…。
    こういう時間が1秒だとか、1分だとか、例えば3週間で髪の毛が約1センチ伸びるとか、具体的な時間を身近な出来事で表現してくれているので、とても想像しやすく面白いです。

    ラストでは未来に進んでいく時間を示唆しながら終わっているので、
    この本を読んだお子さんたちは、「時間」というものの興味を現在進行形で受け取ることができそうです。
    この絵本を資料として、夏休みの研究をやりたくなるお子さんがいるかもしれませんね。

    掲載日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間の教科書

    「1時間」「1日」「1週間」「1ヶ月」「1年」。
    この関係性が7歳の息子にはまだわからないようで、たまに聞いてきていました。
    時の流れって、説明するの難しいですよね。
    カレンダーを指さして話しても、なかなか・・・。

    と思っていたら、ちょうど良い絵本と出会いました!
    1秒から〜ナント1世紀までが分かりやすい例えで説明されています。
    他にも、過ぎていく時間や来る時間について、季節についても書かれています。

    絵本を読んで、自分なりに時間を感じようとするきっかけになればいいなと思いました。

    内容は少し難しいので、小学生以上にオススメです。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間の不思議

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    目に見えない時間を分かりやすく絵でも説明されているので、時間の概念を子どもたちに教えられます。

    1年がはこにはいっていて、それが積んであるとしたら・・というのが分かりやすかったです。

    時間って考えてみたら不思議です。
    この絵本で時間が無限にはないと子どもたちがわかって、時間を大切にする大切さを知るのではないでしょうか。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間も時間という存在

    人間も時間という存在だなあとつくづく思いました。

    比較やたとえがあるので、秒・分・時間などの概念が子どもにもわかりやすいです。

    もちろん大人にもわかりやすいです。

    息子が驚いていたのは、「20じかんで25センチそだつねったいの草」でした。「すごいよね」と。

    子どももびっくりしたり驚いたりもしますが、大人になっても知らないことが多いので、私も勉強になりました。

    科学絵本で興奮するのは子どもよりむしろ大人かもしれませんね。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間は動いている!

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    『ふしぎだな?知らないこといっぱい』シリーズの中の1冊。
    心臓の音”ドクンドクン”からはじまった”時間”について。
    息子「心臓の音聞こえない。」母「まさかぁ〜?」と・・・
    くらべっこからはじまりました。
    いろいろな時間。1秒、1分、1時間。
    時間の中でいろんな事をしていることを実感できます。
    これからも続く時間。
    どんな時間をすごしているのかなぁ。

    掲載日:2007/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット