だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おんぶにだっこ」 みんなの声

おんぶにだっこ 作・絵:わかやま けん
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1983年
ISBN:9784494002153
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,912
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 動物たちの甘えっぷりを堪能

    7ヶ月の娘に読んでやりました。いろんな動物のママやパパが赤ちゃんをおんぶや抱っこしている様子をとてもわかりやすいイラストで描かれています。娘にはひたすら動物とその赤ちゃんが甘えている様子を見せてやるだけにとどめ、同じだねー、同じだねーとあまり文章にこだわることなく読みました。動物の絵を触ろうと必死な様子でしたね。きっと、色がきれいなので、触りたい、なんだろう?という興味を誘ったのでしょう。本に興味をもってくれればいいなーと思っています。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。いろんなどうぶつが出てくるし、その赤ちゃんも出てくるので娘は喜んで聞いてくれていました。赤ちゃんがパパやママとじゃれ合っている姿がとても可愛いです。文章がとても詠みやすい。リズム良く読めて、音も沢山入っていて面白いし、さすがわかやまけんさんだなと感心しました。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    2歳の孫が大好きな本です。こぐまちゃんでおなじみのわかやまけんさんの作品です。この本は擬音語がとても楽しいです。また乳幼児の本に良く出てくる動物も沢山登場するので孫は楽しく読んでます。「だっこ」が大好きな孫はいろんな動物がお母さんに甘えている姿を見るのも嬉しいようです。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • スキンシップ

    1歳の娘に読みました。わかやまけんさんの本は文章がとてもわかりやすく、短くて読みやすいのでまだ集中して長いお話を聞けない子供に読むには最適です。この本ではいろんな動物が登場しますし、鳴き声も沢山入って楽しいです。おんぶしたり、抱っこしたりスキンシップにもなって親子のコミュニケーションや言葉の発達にとても良い本だと思いました。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • これこそ

    これこそは、幼児のための絵本だ!と思える1冊です。文章のリズム感や豊富だけどやさしい語彙、楽しい絵、この本から学べることは沢山あります。リズムが良いのでテンポよくスラスラ読めるし娘も興味深げに聞いてくれます。これぞ、1歳児のための本だと思います。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きおんぶにだっこ

    動物達のおんぶがとても可愛いです。にわとりは、とうさんとかあさんが登場するから、子育てはやっぱり両親二人で育てるのが一番だと思いました。「とうさんのおんぶは、らくちん らくちん」「かあさんの背中は、暖かくていい気持ち。」さるさんも勿論とうさんざるに、かあさんざるの登場です。カンガルーさんだって、とうさんも登場です。絵も可愛いし両親登場に満足しました。最後は、おかあさんのおんぶと、おとうさんのだっこに大満足でした。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかやまけんさん

    わかやまけんさんの作品だったのでこの絵本を選びました。色々な動物が登場するので娘が大変喜んで聞いてくれました。擬音語が登場した時は声を立てて喜んで聞いてくれました。お母さんお父さんのんぶ屋だ子は子どもにとってこの上なく心地よく安心できる素晴らしい事なのだとこの絵本から学ぶ事が出来ました。わかやまけんさんの世界を堪能出来る絵本でした。

    掲載日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はぎゅーっと

    いろいろな動物の親子がでてくる絵本です。
    おんぶにだっこに動物の特徴がそのまま忠実に描かれているものいいと思います。
    最後のページは人間の家族です。
    このページの時は自分の子どもも同じようにだっこします。
    スキンシップにも役立つ絵本と思います。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • これで「だっこ」を覚えた!

    いろんな動物親子のおんぶとだっこ。
    こぐまちゃんシリーズを描いている、わかやまけんさんの絵本なので、絵のタッチも色使いも、とてもかわいいです。

    最後のページはお母さんのおんぶとお父さんのだっこ。
    やはり娘は、最後のページが一番のお気に入りなようです。
    家族全員がおんぶとだっこで仲良くニコニコ笑っているのが、一番親近感があるんでしょうね。
    見ながら娘もニッコリ。
    この絵本を読み聞かせてから、「だっこ」という言葉を覚えたようで、なにかと「だっこ!」とせがまれるようになったのは、気のせいかしら・・・?!(笑)

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子のぬくもり

    大好きな、わかやまけんさんの絵本。

    いろいろな動物の親子が出てきます。

     にわとりとひよこ、カンガルー、亀、コアラの親子などなど。子供の好きな動物がいっぱいで見ていて楽しいです。

    にわとりはきちんと雌鶏と雄鶏の描き分けがなされていて芸の細かさを改めて感心しました。

     いろんな動物がいろいろな方法で親子のぬくもりを確かめ合っている、そんなあたたかみが伝わってくる絵本です。

    色もやわらかくて、優しい感じです。

    おすすめですよ。

    掲載日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット