十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

さくらさひめの大しごと」 みんなの声

さくらさひめの大しごと 作:古田 足日
絵:福田 岩緒
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年
ISBN:9784494007417
評価スコア 4
評価ランキング 20,659
みんなの声 総数 2
「さくらさひめの大しごと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい神話語り

    ものすごく楽しく読み、聞いてくれました。
    神話の物語性を上手にとらえていて、囲炉裏端でおばあちゃんが語っているかのようなワクワクの物語になっています。

    ちょこっと神話をかじっている私は、「これはこういう神話を物語風にしたのかな」「これは聞いたことあるかも」など、深いのか浅いのか、巧みに騙され物語世界へ。
    娘は成長のための冒険物語として、いろいろな神様にドキワクしていました。

    あー楽しかった!
    このまま『小さな山神スズナ姫』(富安陽子)に突入したいです。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初めての神話でしたが大丈夫

    さくらの本を読みたくて探した本です。

    さひめはたねの神さま。
    おかあさんは死んでしまいますが
    その後、よいたねをつたえるたびに出る。

    冒険的な物語かなぁと思って読み始めると
    お母さんが口から血を流してる絵が・・・
    言葉も時々難しい言葉もでてきて
    正直、娘にはちょっとまだ早いかなぁと思ったのですが
    しっかり絵に見入っていました。

    「お母さん血でてたね。」と言ったりしてましたが
    小さくなることば
    「さひめ、すくすく、すくなひめ」や
    大きくなることば
    「さひめ、さくさく、さくなだり」は
    散歩の時、口にだして遊んでいました。

    本は私の主観、思い込みで選ばないこと!
    改めて そう感じています。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / ピヨピヨ スーパーマーケット / だるまさんが / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット