十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

だいすきなママへ」 みんなの声

だいすきなママへ 作・絵:マーティナ・セルウエイ
訳:はなしまみきこ
出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年
ISBN:9784880120188
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「だいすきなママへ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すっごくいいです!是非お勧め!

    図書館で借りてきた絵本ですが、
    息子も私もすっごく気に入って、
    何回も何回も読んでいます!

    いなかのおじいちゃんの家へ
    一人で遊びに行くことになったロージー。
    置いていったママへの恨みをこめつつお手紙を書きます。

    これ以降のページは、全てロージーからママへの
    お手紙として絵本が展開していきます。

    元々いなかに行くのを嫌がっていたロージー。
    犬にノミがついていたり、
    おばさんの焼いてくれたクッキーが固かったり、
    もう早くおうちにかえりたい!とお手紙に書いていきます。

    ところがある日から、ロージーのいなか生活が
    ちょっとずつ楽しくなってきます。
    さてどんな出来事がきっかけだったのでしょう?

    そして最後はおじいちゃんのいなか言葉で
    「いなかもけっこう、おもしにょいちゃ!」

    ロージーがどんどんおじいちゃんに心を開いていき、
    いなかを大好きになってくストーリー。
    最後のお手紙は思わずジーンときちゃいました。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ロージーは一人で 田舎のおじいちゃんの家に行くことになります。
    ママは田舎育ち ロージーもきっと楽しいだろうと 送り出すのですが
    はじめは かなしかった
    おじいちゃんはいろいろ楽しい経験させてくれたり
     おばさんは クッキーや焼いてくれたり 町へ買い物に連れていてくれたり
    毎日田舎の生活しているうちに たのしさが分かってきて。

    おじいちゃんの戸棚の中は 宝の山が詰まっていて 凄くいい顔の ロージー
    ママに 毎日お手紙書くのです。はじめは 自分のお家に帰りたい、が だんだんかわり 楽しい様子をママに書いているのです

    田舎の生活は 初めての経験です でも おじいちゃんたちも いろいろ経験させてくれて 良いおじいちゃんとおばさんですね。
    山で羊をはなしがいにする  羊が 草をむしゃむしゃ たべたり ミツバチが ぶんぶん とびまわる音まで 聞こえるんです
    楽しい様子が 目に浮かぶますね。

    そして ママにお手紙で もう少し おじいちゃんのところにいさせて。(ロージーの成長が見えて良いですね)

    「いなかも けっこう おもしゃいにゃ」 おじいちゃんの方言で書いているのです。(おもしろい) ロージーがこのように楽しさを見つけていく姿、嬉しくなりますね!!
    このような 経験はロージーの宝物ですよね

    大好きなママも 嬉しいでしょうね!
    良いお話で ほんのり 良い気持ちが もらえました!
     
    こんな経験を子供たちにもたくさんしてほしいと思いました 

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお手紙もらったら泣いちゃうよ

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    すべてロージーからママへ宛てたお手紙です。

    最初はおじいちゃんちにひとりで行かされることに不満だった
    ロージーですが徐々に気持ちが変わっていきます。
    気持ちの変わり目、つまりきっかけがあったのではなく、
    田舎で暮らす時間とおじいちゃんとおばさんとの
    かかわりで情がわいてくるのです。

    エピソードのひとつに
    おばさんの固いクッキーを食べ歯が抜けてしまいます。
    そしてその歯を枕の下に置いておくと
    妖精がやってきてコインと交換してくれるんです。
    ロージーはとっても喜びます。
    おそらくロージーは娘と同じくらいの年齢なのだと思いました。

    最後のページの
    「おじいちゃんとこの手紙を出しにいくの。
    もうすこしおじいちゃんのところにいさせて。」
    というところでまるでロージーのママになったかのように
    声がつまってしまいました。
    おじいちゃんの「おくにことば」は読みづらかったけど
    そんなことはもうどうでもよくなる
    ユニークな構成でとっても素敵な絵本でした。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    ロージーは、お母さんの実家へお泊まりに行くことになりました。
    でも、大好きなママと離れたくないんだって!
    それに、おじいちゃんの住んでる田舎は
    田舎臭い臭いがして、遊ぶ子も居ない・・・

    お母さんと、お手紙を書く約束をして、お泊まりに出かけました。
    毎日、その日の出来事を手紙に書くロージー。
    はじめは、少し皮肉っぽく。
    そんなに田舎がいやなのかな??


    ロージーが書くお手紙がとてもおもしろい!
    だってね〜挿絵ではどう見ても外国人なのよね〜
    でも、言葉が方言混じり!
    フフッ♪読み進めててそのギャップが、とてもおもしろい!
    一体、どこの方言で訳したのでしょう〜
    子どもたちも一緒に笑っちゃいました (^◇^)

    ラストには、ロージーのかわいい本音が書かれてて
    案外、かわいいじゃな〜い!なんて、ほっぺたがゆるんじゃった!

    掲載日:2007/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット