あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

「はりきりすぎたせいそうしゃ トミカおはなし絵本シリーズ」 みんなの声

はりきりすぎたせいそうしゃ トミカおはなし絵本シリーズ 作:(不明)
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「はりきりすぎたせいそうしゃ トミカおはなし絵本シリーズ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少し期待はずれでした。。。

    清掃車が大好きな息子に!と思い借りてみました。

    主人公の男の子、トモ君はくるまと話すことができます。ある日街のごみを集める清掃車に声をかけます。

    「ゴミあつめ おつかれさま。まいにち、えらいねー」

    子供に褒められたのが初めての清掃車は嬉しくなり、トモ君をもっと喜ばそうと街の色々なもの(バス停やポスト等・・)を集め始めてしまい、本来のゴミ収集はおろそかになってしまいます。

    街はゴミ袋で渋滞になり住民におこられてしまいます。そして
    「やっぱり、せいそうしゃは ゴミあつめをするのが、いちばん とくいだね。みんなの やくに たつのだから」とトモ君は自分にも一番得意なことを早く見つけようと思いました。

    ・・・というお話なのですが、結構字数があります。2歳の息子には内容がわからなくても、トミカの他の車も出てくれば楽しめるのでは?と思ったのですが、残念ながら他の車はほとんど出てきません。

    シリーズもので4作目だそうです。私にはいまいちでしたが、息子は同じトミカの清掃車を出してきて「同じ!」と嬉しそうにしていました。

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット