ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き
作: 島田 ゆか  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あのガラゴのかばんの中に、小型絵本とキーホルダーが入ったスペシャルセット!
まゆみんみんさん 40代・ママ

プレゼントにもぴったり!
ガラゴの絵本2冊(小型版)が入ったセッ…

のらいぬ」 みんなの声

のらいぬ 作:蔵冨千鶴子
絵:谷内 こうた
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1973年
ISBN:9784783400592
評価スコア 4.13
評価ランキング 18,653
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 青い空

    どこまでも続く青い空、真夏の海がとても爽快で心地よいです!のらいぬと少年との出会いもまるでいつも傍にいるような昔から知っているような錯覚に陥るくらい自然です!余分な文字もないシンプルな文章も好感が持てました。絵をみているととても安らぎました!

    掲載日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ページを開くとそこは夏

    大人も楽しめる絵本と紹介されていて興味を持ちました。
    シンプルな文章とともに味わう極上の絵。ページを開くとそこは夏で、海の香りがしてくるようでした。
    澄みきった青空。広がる白い砂浜。こんがり日焼けした男の子と、軽快に走る犬。どれもこれも気持ちがいいです。
    一緒に読んだ4才の息子も楽しんでいました。男の子が飛べたところがうれしかったみたいです。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 将来はこんなところに・・・

    表紙からもう最高の色合いです!
    白と空色から風の感触と海の香りが・・・
    この絵本を見てるだけで極上のリゾート気分が味わえます☆

    掲載日:2009/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手触りも楽しんで☆

    表紙には右上に『のらいぬ』とタイトルがある他は作者などの表記がないのが新鮮でした。
    そして、触った感じが独特の手触りで、なんだか絵本というより、一枚一枚の絵画を手にしているような感覚になった絵本です☆
    文字もほとんどなく、登場する男の子も犬も表情は描かれていないのですが、だからこそ感じることが大人も子供もいっぱいで初めて読んだ時に胸がいっぱいになりました。
    子供達への読み聞かせの時も、子供達がお話に入り込んでいる静けさが印象的でした!

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的すぎて難しい・・・

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    とても詩的で、まるで自分が絵本の中にいるような錯覚を覚える挿絵・・・。
    でも詩的すぎて、ちょっと私や子供には高尚かも。
    こういう本はなんとなく雰囲気で、静かに味わえればそれでよいのかもしれませんが、でも子供に、
    「なんで!?この男の子死んでるの!?生き返ったの!?飛んだら死ぬよ!?どこ行ったの!?なんでなんでなんで!?」と質問攻めにあい・・・答えられませんでした。

    知りたがり世代には難しい本みたいです。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな挿絵

    あつ〜い夏の季節感がいっぱい詰まった、
    海辺の風景の挿絵が、私たち読者を吸い込んでいくようです。
    青い海に青い空、気持ちいいくらいにスッキリと晴れ渡ったこのすばらしい風景の中で、
    1人寂しく、遊び相手を探すのらいぬが過ごした新しいお友達との時間も
    とっても気持ちいい!!

    文書量も少なくて、ただ単にきれいな挿絵を眺めるだけでも
    楽しめるこの絵本。
    沖縄の風景にどこか似ていて、とても馴染みやすく
    懐かしい感じを受けました (^◇^)

    掲載日:2007/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵画のような絵本

    のらいぬ君が主人公です。
    夏の日の砂浜で、少年にであいます。
    むだな言葉がなく、
    絵画のようなすてきな絵で、
    頭の中の想像力が働き
    すぐに、私たちを絵本の中へ
    連れて行ってくれます。
    ちょっと、大切にしたくなる絵本です。
    0歳から100歳までのすべての子供たちに贈る本と
    出版社の勧めるとおり
    おとなにもお勧めな本です。

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / キウイじいさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット