しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

はる・なつ・あき・ふゆ これ なあに」 みんなの声

はる・なつ・あき・ふゆ これ なあに 作・絵:わたなべ ゆういち
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784251009517
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,965
みんなの声 総数 13
「はる・なつ・あき・ふゆ これ なあに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 意外な感じ!?

    こねなあに?って読み手に問いかけてくる感じの絵本でした!!子供は「ええ〜っと…」と考えながらお話を聞いていました。頭をよっぽど使っていたのか、暑くないのに頭から汗びっしょりになってました。頭の体操になっていいかもです。

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵と文章

    2歳の息子が図書館で自分で選んできました。

    四季の移り変わりを楽しむ絵本ですが、絵がわかりにくいところがあったのが残念です。例えば最初のページでは、「これなあに?」と言われると、9割がたの人が「ちょうちょ」と答えるのではないでしょうか。でも話題になっているのは桜の花びらのほうで、しかもそのことは次の次のページで明かされます。

    息子は自分の答えがことごとくはずれるのでおもしろくなかったらしく、1度読んだきりになってしまいました。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • これ なあに?

    孫は、今丁度ものごとに興味を示し、「これ なあに?」って質問する

    ようになりました。一年間の季節の移り変わりが、とても綺麗な絵と

    共に知ることが出来ます。この絵本を読んでいると、日本に生まれて

    本当によかったと思います。

    どの季節の行事もとても素敵で、嬉しくなります。

    ペンギンさんが、「これ なあに?」「ひゅるひゅる どーん!どーん

    !」そう、そう打ち上げ花火です!スターマインもとても嬉しいけど、

    ペンギンさんの形をした花火も可愛かったです。

    どのページの絵も綺麗で夢があり、とても楽しくなります。

    孫の絵本の1冊に加えたいと思います。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四季

    四季を描いたお話です。

    「これ なあに」という言葉で、四季の移り変わりを説明してくれる絵本でした。
    最後の雪だるまのページでは、“帽子”ではなく“落し物”と表現しているところが夢があっていいなぁと感じました。

    この絵本を通して、親子で会話しながら楽しめる1冊だと思います☆

    掲載日:2008/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何かな?何かな〜?

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    ひらひらと舞う蝶と桜の花びらの絵「これなあに?これはね、」
    次のページではその様子や答えまでの流れ、
    また次のページではその何か。答えが書かれています。
    水溜りやスイカ・・・季節にちなんだものがたくさんでてきます。

    これなあに?と書かれたページに描かれている物は一つじゃないんですよね!
    それを見て子供たちはそれぞれに目に止まった物を答えてくれます^^
    息子と娘、それぞれ最初に目に止まるものが同じだったり違ったり!

    すぐに答えじゃなく、その間の流れが「何かな?何かな?」とワクワクさせてくれて子供たちと一緒にとても楽しめました♪

    掲載日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかします

    とても簡単に読めて、小さい子から少し大きい子まで楽しめる絵本です。
    小さい子にはそのまま読んで、大きい子にはこれ なあに?と聞くと元気に答えてくれます。
    元気にやりとりできる本です。息子もこのくらいのクイズなら乗ってきてくれるので助かります。すぐわかんなぁい。といって逃げ出すけど、これは積極的に答えてくれましたよ。
    絵もとってもきれいです。

    掲載日:2008/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「これ なあに?」

    「これ なあに? これはね、」
    このフレーズが何回も出てくるんですけど、息子がこれにはまりました。このフレーズを読むのは息子の係。

    次のページでヒントがでて、さらに次のページで答えがわかります。簡単なものから「へっ!?」というものまで(笑)
    クイズやなぞなぞはまだまだ苦手な息子も、この絵本をとても楽しんでいます。

    個人的には、最後の落し物で終わるところが良いと思いましたね。なんだか温かい気持ちで締めくくれます。

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色とりどり絵がキレイ!

    四季を代表するものたちが、
    見開きで、色とりどりに描かれていて、
    本当にキレイです。

    子供も、思わず見とれてしまっていました。

    これなあに?
    で始まるページには、想像をかきたてられます。
    最後まで読まずにはいられない、とても美しい絵本です。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくなります

    絵の具で描かれた絵がとても楽しいです。この絵を楽しむだけでも絵を本を開く価値はあると思いました。桜の花びらが落ちる動作もひらひらではなくほわほわと落ちる音が独創的でした。虹が水たまりに移っているところもとても綺麗でした。自然をとてもよく観察している作者ならではだと思いました。クジラの水飛沫の背景の星空もとてもロマンチックで素敵でした。次は何かなと推測する楽しみもありました。雪だるまが勢ぞろいし、トリも白く雪化粧しており本当に素敵でした。見どころが沢山あるので見る価値大です。娘も大胆な色の赤に見とれていました。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 綺麗でいい絵本!

    絵がとても魅力的で季節感溢れる素敵な絵本。
    そんなに上手だという訳ではないのですが、色がハッキリとしていて、普段は絵本にあまり興味がないうちのダンナさんも「これ綺麗でいいなぁ」と言って息子に読んでいました☆
    花火のページはすごい迫力で見応えアリ!です。

    四季がある日本に生まれてよかったなぁ。。と思えます。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット