もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

こぐまちゃんとぼーる」 みんなの声

こぐまちゃんとぼーる 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1970年10月
ISBN:9784772100212
評価スコア 4.45
評価ランキング 8,094
みんなの声 総数 84
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

84件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ボールと戯れる姿がかわいい!!

    息子も私も大好きなこぐまちゃんシリーズの絵本です。

    ボールも大好きな息子に購入しました。開けてみると、ボールと戯れるこぐまちゃんの姿がとてもかわいらしい♪やはりどれも絵がかわいいですよね。

    途中でボールを見失って悲しい…という気持ちと、ボールが見つかったときのうれしい気持ちがとても伝わってきました。探してる時の不安そうな気持ちも、読んでいる私まで心配になってきちゃいました。

    大好きなボールが主役として絵本に登場する楽しい絵本です。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても考えられた絵本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    初めて読んだこぐまちゃんシリーズ。
    今まで、絵がちょっとあまりと思って敬遠していました。

    でもちょうど、2歳前の息子にぴったりと思い読みました。
    1ページの字数が飽きない長さで、物語のテンポも素晴らしいです。
    ボールがぽん!とトラックに乗る場面は息子のお気に入りです。
    色々な読み方で「ぽん」というと大喜び。

    読み聞かせが苦手なお父さん、お母さんにも読みやすい絵本だと思います。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぼーる大好き

    こぐまちゃんがぼーるで遊んでいます。
    ぼーるが大好きで、なくしたとき探しまわります。
    子供の頃、ボールではありませんでしたが、好きなものをなくした経験があり、とても気持ちがわかりました。
    幸いこぐまちゃんは、ぼーるがかえってきましたが、なくしてしまったままだったら、このお話はどうしたのだろうと考えてしまいました。

    掲載日:2018/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいこぐまちゃん

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    こぐまちゃんが好きな、2歳の息子に読みました。
    ボールも好きなので、この本にもすんなり入り込めたようです。ストーリーがわかっていたかはわかりませんが、もういっかいとリクエストされたので、気に入ったようです。
    このシリーズは、絵がかわいいですね。短いので、飽きっぽい子でも最後まで聞けそうです。

    掲載日:2018/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なくなったけど、出てきたー

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    大好きなシリーズの、こぐまちゃん。
    今回はボールです。

    ボールを、投げられるようになった我が子。
    その嬉しい気持ちのまま読めました。

    で、そのボールをよく失くすというか、どこに置いたか忘れ、ボールがないないとよく探しています。
    その自分の姿とかぶったのでしょうね。こぐまちゃんがボールをなくしたときには、ここにあるー!と一生懸命教えてあげていました。
    子どもの思いがけない優しさに触れました。

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぐまちゃんシリーズを好きになりそうです!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    こぐまちゃんシリーズは色使いや
    話の展開、言葉の選び方、絵の構図、
    こぐまちゃんのキャラクターと
    唯一無二の世界を持っていて、私自身が
    小さい頃、よく読んでいたこともあり、
    こどもたちが読みたいと持ってきてくれると
    うれしい気持ちも高まって、読み聞かせに
    力が入ります。
    一歳の娘ははじめてのこぐまちゃんシリーズ
    しか見たことがなく、今回お話になっている
    こぐまちゃんデビューをしましたが、
    ものすごく釘付けになり、喜んでくれました。
    ボールというテーマもわかりやすかったのか
    一緒に『ころころー』『ぽーん』と言いながら
    ボールの進む方向をたどっています。
    牛乳配達のトラックの荷台にボールがとんで
    しまったところでは、毎回『はっ!』と
    いいながらうれしそうに指をさしてます。
    これから、他のシリーズもたくさん読んでいく
    ことになりそうです。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボール遊びの楽しさ

    ボールの好きなこぐまちゃんが、大きいボールで遊びます。
    ボールが飛び出してコロコロ坂道を転げてゆきます。
    追いかけてゆくところが、なんだかちょっと心配です。
    そしてどこかに行ってしまいます。
    でも、牛乳屋さんが見つけてくれました。
    ボール遊びの楽しさが描かれています。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボールどこいった

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    ボールで遊ぶこぐまちゃん。ころころ転がっていくボールを追いかけますが、見失ってしまいます。探しても探しても見つからず、泣き出してしまうこぐまちゃん。すると、ボールを届けてくれたのは牛乳屋さんでした。おまけに牛乳までもらえました。こぐまちゃん、よかったね。頭にボール、手には牛乳を持って運ぶこぐまちゃんの姿に、息子は「すごいね。」とびっくりしていました。

    掲載日:2016/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボール待て待て

    こぐまちゃんシリーズ大好きです。4歳の今でも好きです。
    こぐまちゃんとボールは丁度家の中でボール遊びを始めた頃に読み聞かせしました。
    まだまだ牛乳屋さんとかはわかりませんが、コロコロ転がって待て待てと追いかける。
    特に高い高いと放り投げるシーンは、体操教室でやり始めて楽しかったらしく読み聞かせをすると真似っ子をしてました。

    最後はボールが無くなった時もどこへ行ったのかな?っと探したり無くなって泣いてしまうことには共感しているようでした。
    全身で楽しんでいました。

    掲載日:2016/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボール好きの息子に♪

    息子はボールが大好きなので、ボールの絵本を読ませたいと思って探していたところ、この作品に辿り着きました。こぐまちゃんは他の本も何冊か読んでいて馴染みがあったので息子も大喜び。こぐまちゃんが大好きなボールと遊ぶお話。息子はボールを指さしたりして、とても嬉しそうにしていました。

    掲載日:2015/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

84件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

みんなの声(84人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット