雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

黒いちょう」 みんなの声

黒いちょう 作:松谷 みよ子
絵:遠藤 てるよ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年
ISBN:9784591005491
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,854
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 米軍基地について

    日本国内にある米軍基地について描かれた、絵本でした。
    戦争についての絵本は他にも読んできましたが、米軍基地というテーマは初めてでした。
    犠牲になるのは、小さな子供です。
    それも、家族思いの優しい男の子でした。
    お日様と同じくらいの、怒りや悲しみがこみ上げてきます。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 朝鮮戦争の頃のお話なんですね、

    私は 東の空から お日様が顔を出して 西の空にお月様がくっきりでているのを見て 感動したことがあります。
    この絵本は 西の空に お日様が沈む頃で 夜になるときに お月様と出会われてお話しされたお話ですが

    感動しますよね!

    男の子が二人 登場しますが、 お日様が出会った男の子は、おねしょうして でもゆかいな子でした。
    お月様が出会った男の子は、 優しくて お父さんやお母さんを喜ばせるために 山に入って・・・・

    なんと、 鉄砲の弾にあたってしんでしまうのです。
    くろいちょうちょが 男の子と看取ってあげるんですね!

    かわいそう 

    戦争は 本当に 罪のない男の子のいのちを奪ってしまう、 悲しいお話ですね。

    遠藤てるよさんの絵が とても優しくて 悲しいです。

    男の子は みんなに見つけてもらったのでしょうねかね?

    お月様は優しく 優しく 男の子見守ってあげています。

    お月様 有り難う!

    静かな 悲しい絵本でした。

    松谷みよこさんが 結核の病床で書かれたお話と知りました。

     暗い もののいえない時代だった中で 書かれたのですね。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お日さまとお月さまが見た男の子

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    関西テレビアナウンサー朗読会で、関純子アナウンサーが読んでおられたおはなし。
    松谷みよ子さんの、落ち着いた美しい文章が心に染み渡るようでした。
    それに呼応するような、遠藤てるよさんの絵も、いいです。
    お日さまとお月さまの会話でお話は進みます。
    どちらも、自分が見かけた、かわいらしい子ども達の様子を語り合うのです。
    ある日、激しい怒りに震えて、お日さまが語った男の子の様子は・・・。
    戦争で様変わりした山の中、生活の足しにとくず鉄集めをしていた
    男の子。
    それなのに、悲しい結末です。
    黒い蝶は何を暗示しているのでしょうか。
    もともと影絵劇団のために創作された、とのこと。
    お日さま、お月さま、黒い蝶の造形が目に浮かびます。
    戦争の醜さ、残酷さが迫ってきます。
    松谷みよ子さんの、子ども達へのメッセージを感じました。
    少し文章は長いですが、子ども達にも読んでほしいです。

    掲載日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • くろいちょうちょと 題名が似ているので

    悲しい話でした。やはり、戦争に関係ある話でした。日本にある異国で 誰にも気づかれず 死んでしまった子供の話。戦争について、子供達と話す、きっかけになりました。いつも 子供が被害に遭っている事。戦争からは 悲劇しか生まれないこと。これからも もっともっとこうゆう本を 見つけて 読みたいです。

    掲載日:2007/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット