もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

こぐまのムースとねずみのロゼッタ」 みんなの声

こぐまのムースとねずみのロゼッタ 作:オリヴィエ・ド・ヴレーシューウェル
絵:エミール・ジャドウ
訳:石津 ちひろ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784593504817
評価スコア 4
評価ランキング 23,007
みんなの声 総数 1
「こぐまのムースとねずみのロゼッタ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読後はきっと心が温かくなっています。

     こぐまのムースは、なにか大切なことを忘れるとブオーンブオンと、おなかが音をたてます。おなかがなったので、何を忘れているのかねずみのロゼッタと一緒に探しに行くことに・・。忘れたことを思い出すのは、もとの場所に行くのが一番。私だけじゃないんですね(笑)

     昨日行ったところに寄ると、みんなに何かいろんな用事を引き受けたことを思い出しますが、肝心の思い出したい大切なことではないようで、たくさんの仕事をこなしてくたくたのムースとロゼッタ。

     最後に、ようやく思い出した大切な言葉を聞いたら、きっと心がホワッと温かくなる事間違いなし。

     大切なことを忘れると、おなかがなって知らせてくれるのって便利ですよね。大切なことを忘れて思い出せずにいることって案外多いのでは。言葉や態度にすることで、忘れてはいけない気持ちを自覚することを教えてくれました。

    掲載日:2007/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中


『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット