庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

こぐまちゃんのうんてんしゅ」 みんなの声

こぐまちゃんのうんてんしゅ 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1971年11月
ISBN:9784772100267
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,267
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

97件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 一台の車に

    こぐまちゃんシリーズの絵本はどれも大好きなのですが、この絵本は動物たちがバス停でバスを並んで待っている姿がたまらなくかわいいです!!さらにそのバスに動物たちがぎゅうぎゅうで捕まってのっている姿がまたかわいい!!大人が見ても癒されてしまいます。

    私もお気に入りなので、読み聞かせさせる回数は多いです。息子も乗り物に興味をだしはじめた年頃なので喜んで見てくれます。

    大人も子どもも楽しく読める一冊です。ぜひおススメします。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • レッカーもきたよ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    動物をいっぱいのせてバスごっこをするこぐまちゃん。息子もこういうのが大好きな時期があったので、楽しそうな表情で見ていました。ボールにぶつかってしまう場面では、「あーあ」としまったなという表情。「気をつけなきゃだめだ」と気の利いたコメントをするようになりました。事故のあとはレッカー車まで出動させるこぐまちゃん。子どもの遊びをみてるようで私も楽しく読めました。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運転手ごっこ大好き

    クルマ好きで、バスにも興味をもっている子は必ずこの遊びします。
    ただうちはこぐまちゃんのように、ぬいぐるみも乗っけられるぐらいの大きな車はないのでもっぱらソファーがバスの代わりです。

    この絵本で色々な語彙?を覚えました。発射オーライ(トラックからバックオーライとか)、高速道路とか。
    読み聞かせしていて、興味ある絵本に書いてある言葉はなんのこと?と聞くことが増えてきました。
    最後はボールが飛び出してきて、交通事故を起こしてしまいます。

    交通事故の危ないこともアドリブで教えながら、読み聞かせしてしてます。一緒にバスの運転手ごっこしながら読んでいるので結構楽しめます。

    掲載日:2016/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車好きの男の子向けかも

    こぐまちゃんがおもちゃの車を運転し本物の運転手のようになって遊ぶストーリーになっています。いろんなぬいぐるみ達を後ろに乗せて走るその姿はまさに男の子!車好きの男の子が喜びそうな内容だなぁと思いました。

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時期を逃したかな

    『しろくまちゃんのホットケーキ』が大好きな息子にせがまれて読んであげたこちらの絵本。さすがに4歳には内容が幼すぎたようで、一度読んだだけで手に取らなくなってしまいました。一緒に聞いていた2歳の娘も反応が薄く、パンケーキの本とは大違いでした。可愛いけど、こぐまちゃんシリーズはもう卒業かな。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスごっこ

    乗り物好きの息子に読みました。
    案の定、「モイッカイ!モイッカイ!」と何度も読まされました(笑)
    この絵本を読んでから、バスごっこが上手になったような気がします。
    「○○くんバス、しゅっぱーつ!」と言ってあげると、手押し車を押して部屋を回ります。「シュッパーチュ!」も言えるようになりました。

    終点についても降りないお客さんがいる所がおもしろいですね。
    大きなボールに衝突するところは息子もハラハラ。
    最後はこぐまちゃん、レッカー車の運転手に変わりますが、このへんはまだ良く分かっていないかも?

    掲載日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物好きは見逃せない

    乗り物好きの息子が見逃すはずがありません。
    好んでよく持ってきました。
    本当の乗り物が登場するのではなくても、絵本内でのごっこの世界で乗り物を楽しむことが出来るので面白がっていました。
    可愛い動物たち(ぬいぐるみ)も沢山描かれていて可愛いです。

    掲載日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子向きかな

    長女が2歳のときに読んだ絵本です。
    絵本ナビでも評判がよかったので期待して読んだのですが、それほどではなかったかな(ごめんなさい!)。
    特にうちの長女は女の子ということもあってか、乗り物にあまり興味を示さなかったので、この絵本もそんなに反応しませんでした。
    親としていいなと思ったのは、信号待ちについて描かれいるところ。そこは勉強になってよかったです。

    掲載日:2015/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスごっこ♪

    1歳の息子がおもちゃのバスに何でも詰め込んで遊んでいるので、この絵本はうってつけでした。こぐまちゃんがバスの運転手となってゆうえんちまで向かうお話。家にあるおもちゃですごい展開に持っていく、こぐまちゃんの一生懸命遊ぶ姿が可愛いです。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何だこりゃ、この本はどう楽しめばよいのだと

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    思いましたが、巻末の「ねらい」を読んで納得。想像を広げて行くのですね。私自身、書いてある事を額面通りに受け取る事しか出来なくなっていたので、物から想像を広げていき、読み聞かせを通して、子供とのやりとりを楽しむようにしたいと思いました。

    掲載日:2014/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

97件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット