だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ようちえんっていうところ」 みんなの声

ようちえんっていうところ 作:ジェシカ・ハーパー
絵:G・ブライアン・カラス
訳:石津 ちひろ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784776402268
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,981
みんなの声 総数 13
「ようちえんっていうところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ようちえんデビューに

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    初めてのようちえんを意識する絵本は結構出ていますし
    我が家もようちえんデビューの為、見つけるたびに読んでいますが
    この絵本がbPです!

    何とも言えない温かな雰囲気が伝わってきます。
    そして幼稚園がトミーの口から楽しそうに語られることにより
    リアルに幼稚園の描写がある以上に楽しいんだろうなぁと
    想像力を刺激します

    動物たちがこれからは毎日トミーが幼稚園で覚えてきた事を
    教えてもらうのを楽しみに楽しみにする様子が
    手に取るようにわかります

    動物ってこんな風にお話しているんだろうなと
    本当に思います。息子も私も大好きです

    掲載日:2011/01/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • ほのぼの

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    幼稚園に通う前に、幼稚園に関する本を
    いろいろ読んであげたいと思い借りてきた本。

    リアルに幼稚園の描写があるのかなと思っていたので、
    ちょっと想像と違いましたが、
    ほのぼのしていて楽しかったです。

    動物たちの会話も面白く、
    それが実際に聞くとこんな感じと
    「もー」とか書かれているのが面白い。
    調子に乗って言うと「うるさーい」と息子に言われるぐらい。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • トミーは かしのきにおひさまが のぼるころ
    うまに まっかなりんごを  ひつじに ビスケットを めんどりには とうもろこしを めうしには たんぽぽをあげて 人間にはなすように 話しかけてくれるのです
    だけど ある日 トミーはこないので  みんなは どうしたのか心配しました
    いぬにきたら トミーはようちえんに行ったというのです
    みんなは幼稚園がどんんところか知りません  その会話がおもしろく
    トミーが幼稚園から帰ってくるのを 待っているんです 

    トミーが帰ってきたときの喜びよう
    トミーもいい顔です   そして 幼稚園でおそわっった英語をりんごはAPPLE
    そして 幼稚園で習ったうたをうたってくれました
      
    ひろーい あおぞら ながめていたら
    きれいな にじがあらわれた そばには ちっちゃな しろいくも
    みているだけで しあわせになる!

    そして これからも トミーの幼稚園から帰った様子を楽しみにしているみんなと トミーの関係が なあなかいいですね〜

    トミーにとって幼稚園は 素晴らしい時間のようですね

    面白い表現の絵本です かわいい

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこり!

    3歳3ヶ月の息子に図書館で借りました。
    彼は幼稚園に通いはじめてはや2ヶ月。
    まだ、幼稚園にしっくりきているとは言いがたい状況です。
    なので、読んでみました。

    が、これは、「幼稚園」に焦点を当てた本ではなくて、
    「幼稚園に通い始めたトミーと家畜たちの親交」に焦点を当てた本でした。
    ちょっと期待していた内容とは違うものでしたが、
    しかし、この本は温かくて、個人的に好きです。

    トミーを待つ、動物たちの会話のかわいいこと。
    そして、幼稚園から帰ってきたトミーのかわいらしいこと。
    こちらまでほっこりした気分になります。
    息子もトミーのように、動物たちに優しく接するように育ってほしいです。


    息子も、気に入ったようでした。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐ幼稚園に入る次女に

    5歳長女が3歳のもうすぐ幼稚園に入る次女のために選んできた絵本です。「ようちえんっていうところ」というタイトルだったので、幼稚園の1日が描いてあるのかなと思っていたのですが、予想と違っていました。

    農場の息子トミーとその農場の動物達のお話が中心になっています。いつも朝にトミーが来るのに、その日はいつになっても来ない。そして動物達はトミーが幼稚園に行ったことを知ります。

    帰ってきて一生懸命に動物達に幼稚園のお話をしてくれるトミーが可愛いです。またこれからもいっぱい聞けるのでしょうね。素敵なお話です。

    掲載日:2013/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園前にぜひ!

    今春幼稚園に入園する息子が今「読んで〜」と毎日持ってきます。

    馬・ひつじ・めんどり・めうし。
    トミーの家で飼われている動物達は、いつものようにトミーが遊びに来ないことで心配を始めます。
    「ようちえんっていうところに いったみたいだね」
    イヌにそう聞いた動物達は益々心配に。
    すると、「ただいまーっ!」とトミーの声。
    「あのね、ぼく ようちえんにいってきたんだよ!
     いろんなこと おそわっちゃった!」
    お絵描きしたこと、花の種を蒔いたこと、先生が話してくれたこと、新しく習った歌・・・。
    幼稚園の事を嬉しそうに話すトミーの顔や口調で“幼稚園って楽しい!”が存分に感じられます。

    絵本を閉じたあと「○○の幼稚園のお話、ママにも聞かせてね。」と言うと
    「うん。ママ、楽しみにしててね。」という返事が。
    4月からはきっとこの動物達のように、息子の幼稚園での話を私自身楽しみに待つんだろうなと思うと、嬉しさでいっぱいになりました。
    入園前にとっても素敵な絵本に出会えたなと思いました☆

    3歳頃〜園児にオススメ。
    入園間近のお子さんには是非!
    (ゆっくり読んで7分30秒でした。)

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園の楽しさを想像できます

    直接、幼稚園の生活が描かれることはないのですが、主人公の男の子の仲良しの農場の動物達を通して、「幼稚園って楽しいところなんだろうな」って思わせてくれる、ちょっと変わった視点の絵本です。
    幼稚園世代の子供に、幼稚園を楽しい場所と認識してほしいという絵本はたくさんあると思うけど、そのメッセージがストレートではないぶん、ほんわか、暖かいものが伝わってきました。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物達の会話が楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ブライアン・カラスは、マグリーリさんとウサギの攻防戦を描いた作品が楽しかった記憶があるのですが、これも農場の設定です。
    登場するのは、馬・ひつじ・雌鳥・牝牛で、朝いつもやって来るトミーが来ないので心配でたまりません。

    どうやらトミーが幼稚園っていうところに行ったと分かるのですが、幼稚園がどういうところか分からず、また大騒ぎ。
    その動物達の会話が、何とも愉快で、読み手が工夫して読むと、とても臨場感が出ると思います。

    後半は、幼稚園から帰ってきたトミーが、幼稚園の話を動物達にしてくれるのですが、その楽しそうな話し振りがGOOD.

    何処に冒険に行くわけでもないお話なのですが、動物達の会話がふんだんにあって、トミーと動物達の友情もありで飽きることがなく読み聞かせできる絵本です。
    幼稚園、保育園の入園前に、読み聞かせして欲しい作品です。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の気持ち

    トミーの帰りを待つ動物たちの気持ちが痛いほどわかりました。

    トミーがくるのを毎日どんなに楽しみに待っているのか痛いほどよくわ

    かります。トミーが、幼稚園に行っている間、きっとトミーが、幼稚園

    でなにをしているか心配したりしているんでしょうね・・・・

    動物たちの鳴き声が何度もでてくるので、読む私には難しかったですが

    孫は、鳴き声に笑ってました。

    トミーのとびっきりの笑顔って素敵ですね。

    幼稚園、保育園前のお子さんに読んであげたい絵本です。

    勿論、どの年齢の方にも、小さいお子さんには、動物の鳴き声に笑って

    もらえると思います。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育所や幼稚園へ通い始めるお子さんに

     4月から、保育所や幼稚園へ通い始めるお子さんにいかがでしょうか。
     農場の子なのでしょうか。
     トミーという子が、いつもなら顔を出す時間なのに、畜舎にやって来ません。
     馬もヒツジも牛もめんどりも大好きなトミーに何かあったかと心配です。
     犬から、“幼稚園にいっちゃった”と聞いたかれらは、???ながら心配がつのります。

     トミー登場のページで読者も初めてトミーとご対面です。
     楽しそうに、幼稚園での出来事や習ってきた事を、彼らに説明するトミーが、新しい世界を持って生き生きしています。
     かれらも、トミーの話しを聞いて外の世界を知る楽しみができたようですね。

     ご近所の子に読みました。
     何がうけたかって、馬・ヒツジ・牛・めんどりの動物言葉での会話でした。
     そのページだけ戻って、「もう一回」とリクエストされました。
     この部分は、皆さんの読みのテクニックで盛り上がるかと思います。

    掲載日:2010/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット