もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

みつけたよ さわったよ にわのむし」 みんなの声

みつけたよ さわったよ にわのむし 作:澤口 たまみ
絵:田中 清代
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2007年04月
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,423
みんなの声 総数 13
「みつけたよ さわったよ にわのむし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お母さんすごいなー

    いろんな虫がいるんですね。
    でも私は虫嫌いなので読むのも怖い・・
    このお母さんは積極的ですごいなーと思いました。
    遊んだこともない虫ばかりなので
    結局主人にバトンタッチして読んでもらいました。

    身の回りに居る虫に注目した本です。
    私は触れないのですが、そのぶん、
    主人が中心となって虫を教えてあげてます。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な虫たち

    ダンゴ虫に夢中の次男が喜ぶかなと思って借りてみました。
    あまり虫に詳しくない私の勉強にもなりました。
    一緒に虫探ししてみたくなります。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親も勉強になる

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳の息子に読み聞かせたところ、もともと虫が好きなこともあって、とても気に入りました。何度も読むようにせがまれましたし、田舎でこの絵本にでてきた虫を見つけて喜んでいました。虫のことなど全然知らなかった私も、この絵本で多くのことを学びました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ムシムシ博士は、おかあさんっ!!

    世話をする植木鉢をひっくり返すところから、
    物語はスタート。

    植木鉢の下には、虫がいっぱい☆
    丸くならないダンゴムシは、個人的にも気になってたんです☆
    ワラジムシって名前だったんだ〜♪
    えぇっ?!ヤスデって丸くなるの〜??

    スゴイ!!このお母さん、虫虫博士☆

    うちの子、4歳。
    虫に興味深々なので、なかなか反応良かったです!
    この絵本、ちゃんとしたストーリがあるのに
    図鑑なみの解説が載ってて、まさに「かがくのとも」。
    かなり、オススメです☆
    田中清代さんの昭和チックな絵もダイスキ☆

    掲載日:2010/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい

    おかあさんのわかりやすい解説が優しく響きます。

    みなちゃんのおかあさんは虫を怖がらないし、とても物知りで知識が

    あってよかったです。

    身近によく見るダンゴムシも雄、雌の区別を教えてもらったのでよく

    みて観察しようと思いました。

    みなちゃんとおかあさんの登場で虫も毛嫌いしないで読めました。

    掲載日:2010/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田中さん

    かがくのともが好きなのと田中清代さんの作品だったのでこの絵本を選びました。お母さんが昆虫を怖がらずに素手で触っているのがカッコよかったです。お母さんの御蔭で主人公も昆虫の事に付いて色々知る事が出来たので幸せ者だと思いました。主人公が一生懸命昆虫を観察している構図が素晴らしいのに息をのみました。田中清代さんの魅力を感じられる絵本でした。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 庭で探そう

    子供って虫、好きですよね。
    もっと小さい頃にはさわれなかった
    上の子(小1)も今ではダンゴ虫大好きで
    いつも下の子(年中)と庭に出ては石の下や
    植木鉢の下などをごそごそやってます。
    大人は普段は気にしていないの気付かないですが
    子供たちは虫探しの名人ですよね。
    ワラジムシとダンゴ虫の違いなども
    全く知らない私に絵本を読みながら
    子供たちが説明してくれました。
    冬場は寒かったりお天気が悪く、なかなか
    ゆっくり庭に出てみませんが
    春になったら子供たちと一緒に虫探しをして
    見ようと思います。
    子供と庭に出てみたくなる絵本です。

    掲載日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑にいかが?

    みなちゃんとお母さんの虫探しのお話です。

    この絵本の良い所は、とっても身近な庭の虫がテーマになっていることです。
    そして、私が良いなと思ったのは、主人公が女の子とお母さんだという事です。
    虫というと、どうしても男の子が主人公になりがちですが、この絵本は違います。

    絵本に出てくる虫の実寸大の図が載っていたり、詳しい説明が描かれているので、図鑑としても活用できる一冊です。

    掲載日:2008/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 早速役に立ちました。

    園バスを待っている時にダンゴムシに似ているのだけど、丸くならない虫を子どもたちが発見しました。早速私は、家に帰ってこの絵本を見てわらじむしであることを確認。「これなーに?」と子どもから頻繁に聞かれるので、親の勉強用としてとても役に立った本です。

    掲載日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な虫、見覚えのある虫

    ごくごく普通にいる虫の話なんですが、あまり注意深くみていない虫をこの本でくわしくなったように思います。時々、一語に大切なことがかかれてあって、なんか物知り博士になった気分です。といっても、子どもはどうでしょうか?見覚えのある虫をおもいだすので精一杯かもしれません。

     女の子のおかあさんが虫に触れないことを知ったとき、母である私が容易に虫に触れたり、自分が全く恐くないことをアピールしながら、聞いていました。

     これから、また公園や家の鉢の下をみるのが楽しみです。

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット