大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

お姫さまのアリの巣たんけん」 みんなの声

お姫さまのアリの巣たんけん 作・絵:秋山 あゆ子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784834022339
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昆虫好きのお姫さまが、案内役です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    この絵本は、物語を楽しむ絵本ではなく、いわゆる科学絵本のようなものです。
    一応、かわいらしい「お姫さま」なるキャラクターが登場して、話を進めてくれます。
    この「お姫さま」は昆虫が大好きで、やはり昆虫に興味を持っている仲間とともに、今回はアリの生態について、なかなかこだわりのある知識まで教えてくれます。

    うちの子は、もっと物語性の強いものを期待していたので、今イチのようでしたが、
    昆虫などに興味を持っているお子さんには、お薦めします。
    主人公は女の子ですが、ここまで詳しいアリの生態なら、男の子の方が読んで楽しいかもしれません。

    掲載日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリを知る

    姫とその友達がアリの巣に住む仙人の部屋を壊してしまい、
    仙人にアリと同じぐらいの大きさにされてしまいます。
    でも、姫はへっちゃらで、仙人にアリのことを色々教えてもらうのです。

    身近なアリについて色々なことを教えてくれます。
    公園などで子供とアリの行列を観察することも多いですが、
    蝶の幼虫のお世話をするアリがいるなんて、
    私この絵本で初めて知りました。
    「へ〜」と言ってしまう絵本です。
    虫が苦手な私にはちょっとつらいぐらい、
    リアルに描かれています。

    掲載日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリについて色々知れます♪

    この頃ダンゴムシに続き、アリの飼育を始めた息子。
    アリに興味津々なんですよね。
    そんな息子にと思って借りてきたこの絵本。
    とってもビンゴでした。

    息子のように虫の大好きなお姫様。
    仙人さまに出会って、気付いたら豆粒のように小さくなってしまった姫君。
    姫君たちのアリの巣探検の始まりです^^;

    アリの飼育セットでアリを育てているので、
    アリは種類が違うと一緒に過ごせない。
    など少しは、アリのことを知っていた息子。
    でもこの絵本を読んで、やっぱ知らないことが多い!

    なるほど、なるほどと何度も聞きいっていました♪♪

    掲載日:2007/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蟲愛づる姫君☆

    くものすおやぶんシリーズで、秋山あゆ子さんの描かれる
    虫の世界のとりこになった私達親子。
    このお話も読まないわけにはいかない。。と、少し対象年齢が
    我が子達よりも上でしたが、手にとってみました(笑)

    いやぁ〜。。すごい!!アリって不思議だね〜♪
    うちの子達にとって、アリはダンゴムシと並んで身近で気になる存在。
    でも、地上にいるアリを追いかけることはできても、地中の様子を
    覗くことはできないのよね。
    それをこの絵本では、魅力的なストーリーに仕立てて、
    アリの不思議な生態を垣間見せてくれるのです。
    長男も興味津々で、ページをめくる度に質問のあらしです(苦笑)

    登場人物たちは、『堤中納言物語』の『蟲愛づる姫君』の
    キャラクターをイメージされているとか。
    確かスタジオジブリの「風の谷のナウシカ」もこのお話から
    着想を得ているという記憶が。。
    美しい少女が虫を愛でるというストーリーは、人を惹きつけて
    止まないのでしょうか^^☆
    着飾ることよりも、好奇心旺盛に生き物の世界を追求している
    姫君様が子どもらしくて好きだなぁ。。と思いました^^♪

    この絵本は、小さい子にもとっつきやすくて楽しいお話でしたよ!
    そのうち、我が家ではアリも飼うことになりそうです。
    私も子どもの頃飼ったことがあるので、ちょっと懐かしかったりして♪

    掲載日:2007/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく学ぼう!

    好奇心旺盛で、男勝り?のお姫様が仲間を連れて
    お庭で観察会。お庭に群がるアリが入っていく穴を見つけた
    御姫様達。好奇心から、その穴の中がどうなってるのか
    掘ってみようとすると・・・
    そこから小さな仙人が出てきて、お姫様と仲間達を小さくしてしまった!!

    小さな仙人と、小さくなったお姫様達が不思議なアリの生活や
    生態について体験するお話し♪

    お話しも仙人への質問形式になっていて、
    とても分かりやすく説明してくれます。
    我が家の息子でもじっくり観察することができて
    まるでアリの図鑑のようです!

    これからの時期、またアリたちがたくさん出てきますが
    お話しを思い出して、じっくりアリの観察。なんても良いですね。

    掲載日:2007/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく面白い科学絵本

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    確か「虫愛ずる姫君」というのが、平安時代の文学にあったかと思いますが、その虫を愛して止まない姫君と、その虫仲間の子供たちを主役に、アリについて楽しく勉強することができます。
    およそ姫君らしくないやんちゃんで、好奇心旺盛な姫君が、豆粒くらいの仙人に出会って、自分達の体まで小さくされて、アリの巣に潜入します。
    アリの種類、巣の仕組み、生活、一生、他の虫との共存など様々なことを教えてもらいます。
    随分長いので小学生向けですが、とても楽しい作りで、笑えるところがあったり、驚きがあったり、子供の興味をかきたててくれて、夢中で読めてしまいます。
    大人の私も、思わず興奮してしまうくらい楽しい内容でした。
    途中で、アリの数を数える問題まであったりして、読者をあきさせません。
    また、科学絵本だけに、虫の描き方は、写実的であり、写真で見るよりもとてもわかりやすくなっている点もおすすめです。
    虫好きにも、そうでない子にも絶対楽しめる科学絵本です。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット