なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…

きみに あえて・・・」 みんなの声

きみに あえて・・・ 作:薫 くみこ
絵:市川 和子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2002年
ISBN:9784591071939
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,325
みんなの声 総数 3
「きみに あえて・・・」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパもこんな気持ちなの?

    テディベア絵本の第3弾。
    子供の生まれた喜びを、パパの立場で書いています。
    パパは妊娠期間の体感がない分
    どんな気持ちで子供の誕生を受け止めているのだろうと
    気になっていましたが
    この本にでてくる言葉で
    ジーンとした気持ちになりました。
    「こんなに大好きな仲良しができると
    ひとはなぜかしら泣きたくなるのかもしれないね」
    という言葉は
    ベビーにだけじゃなくて、
    ママにも語られているのかな・・・。
    こんなことばを言われたら
    きっと泣くなー。

    掲載日:2007/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生まれたばかりの頃を思い出す絵本

    クマのぬいぐるみの写真集のような絵本です。
    パパのクマさんが
    赤ちゃんクマに生まれたときの話をしてあげます。
    パパクマさんなのがなんともいえず
    ほほえましいですね。
    こんな優しい気持ちをいつまでも
    忘れず持ち続けたいなと
    思えました。
    ちょっぴり、ママがしんみりできる本でもあります。

    掲載日:2007/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパ、思い出した?

    絵ではなくテディベアを使って作られた絵本です。
    表紙からとても優しい雰囲気が伝わってきました。

    パパからの目線で話しかけられた文は子供への愛情でいっぱいです。
    いつもは私が読み聞かせをするのですが、
    たまたま息子がこの本を「読んで・・・」ってパパのところに持って行きました。
    パパはいつもは出さない優しい声(笑)で読み聞かせながら、
    ところどころで
    「パパも○○が生まれたとき、とって〜もうれしかったんだよ」などと自分のそのときの思いを聞かせていました。
    そのときのパパの優しい顔ったら。
    いつもはパパに抱っこされたがらない(笑)息子も
    このときばかりはおとなしくパパの腕枕でこの絵本を聞いていました。

    この本はシリーズの3作目のようです。
    1作目 ぼく、きたよ
    2作目 すてきな しらせ
    と順番に読んだほうが、よりこの絵本を楽しめると思います。

    『きみに あえて ぼくは うれしい。』

    最後のこの言葉で締めくくったとき、私も思わず涙が流れそうになりました。
    子育てが大変でいつも怒ってばかりのかたがいたら
    ぜひおすすめしたいです。
    初心に戻れますよ。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。


『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット