うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

くんちゃんとふゆのパーティー」 みんなの声

くんちゃんとふゆのパーティー 作・絵:ドロシー・マリノ
訳:新井 有子
出版社:ペンギン社
本体価格:\950+税
発行日:1981年
ISBN:9784892740183
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,161
みんなの声 総数 34
「くんちゃんとふゆのパーティー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • クリスマスにはぜひ読んで

    くまのくんちゃんシリーズのうちの一冊です。

    冬、冬眠する前の、くんちゃん一家の様子です。

    くんちゃんのお父さんお母さんの穏やかな、でも地に足のついた生活と、大きな心で包み込むような子育てに、大人も改めて、憧れや反省を感じられます。

    地味な絵本ですが、子どもが、大人に見守られて、すくすく育つことの、素晴らしさにあふれています。

    掲載日:2017/10/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • いろいろ楽しそうでいいなあ

    くんちゃんが雪をつかまえようとするのがおもしろいと思いました。

    木にいろいろ下げるからクリスマスツリーみたいだと思いました。

    ぼくも大きな木にいろいろぶら下げてみたいです。

    雪だるまも作りたいなあって思いました。

    パーティーが楽しそうでした。

    くもクッキーがやいてみたいです。

    いろいろ楽しそうでいいなあって思いました。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマス

    今の時期にピッタリの絵本だと思ったのでこの絵本を選びました。ドロシーマリノさんの絵本は以前にも読んだ事があり特にこのくんちゃんシリーズは大好きなのです。色使いがとても温かく文章にとても良く合っていてセンスを感じました。ツリーを飾る時に後で自然に帰しても問題ない物を選んでいる所がさすがお母さんだなと思いました。環境に配慮したお母さんの行動が自然に主人公にも伝わっていると思いました。お父さんも主人公の気持ちを配慮して尊重してあげている所に愛を感じました。大げさではないとても素敵なクリスマスにうっとりしました。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手間隙を惜しまず

    しんしんと降り積もる雪のように、静かに、淡々と進んでいくお話。その中に、お父さん、おかあさんの温かさがいっぱいあふれています。まだ1度も雪を見たことのないくんちゃんのために、冬ごもりを先に延ばしてあげる両親。初めての雪に大喜びのくんちゃん。くんちゃんの心もまた、まっしろな雪のように純真無垢です。娘が好きなのは、お父さんがくんちゃんとお母さんへのおみやげを手渡す場面。特に、お母さんのためのきれいな赤いエプロンをうらやましそうに見つめていました。私は、子どものために手間隙を惜しまず、手作りの楽しさを子どもに伝えているお母さんが素敵だな、と思いました。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな優しい子に育つといいな

    くまのくんちゃんの冬のある日のお話です。
    初めての雪を楽しみながらも、雪が積もると食べるものがなくなってしまうことを知り、小鳥や動物たちに食べ物を用意してあげます。喜んでくれているみんなを眺めているくんちゃんの姿が印象的です。
    くんちゃんの好奇心を温かく見守っているお父さんぐまとお母さんぐまの姿も、考えされられてしまいます。
    優しい穏やかな気持ちになれる一冊です。

    掲載日:2007/12/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しさにあふれています

    くんちゃんシリーズの1冊。
    シリーズで読んでいると、くんちゃんの成長が徐々に感じられて、
    なんだか子供の成長を感じるそんな気分を味わえちゃいます。

    今回のくんちゃんは、もうめっちゃ優しさにあふれています。
    相手を思いやる心がどんどん育っているのですね。
    そんな姿に心がじーんと温かくなってくる感じがしました。

    白と赤の二色を基本にして書かれていて、
    クリスマスを思い出すような雰囲気にも息子は大喜びでした。

    掲載日:2007/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスにも読みたい絵本

    クリスマスの絵本ではありませんが、
    もしかして、クリスマスツリーの起源!?と思いたくなるようなおはなしです。
    しかも最後の赤いジャケットを着て、
    大きな袋を持っているパパの姿がサンタさんのようです。

    なので、クリスマス近くになると
    読みたくなってしまいます。

    冬はとってもステキだけれど、
    動物たちにとっては厳しくもある。
    そして、くまさんっていうのは冬眠をする。

    本当のことと、絵本らしいあたたかさ、
    どちらも味わえる大好きな絵本です。

    掲載日:2007/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • くんちゃんのやさしさ。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    冬のパーティーといえば、「ズバリ!」クリスマスパーティーのことですよね。

    雪を見たことのないくんちゃんは、雪が降るまで冬眠を延ばしてもらいます。
    そして、初めて見た雪におおはしゃぎ。
    でも、雪は素敵だけど、雪が降ることによって、
    小鳥達の食べ物がなくなって困っていることを知ります。
    そこで、くんちゃんは・・・

    くんちゃんの優しさにあふれたえほんですね。
    そんなくんちゃんを暖かく手伝うおかあさん。
    とっても、いい親子です。

    ご飯が済むと、眠ってしまったくんちゃん。
    春までぐっすり眠ったんですって。かわいいですね。

    白地は雪を感じさせ、赤はクリスマスを連想させます。
    シンプルですが、素敵にまとまっています。

    掲載日:2007/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初めて見た雪

    くまのくんちゃんが初めて見た雪に感動している様、雪で餌を食べられない小鳥たちやりすたちに食べ物を施す優しさ、心暖まる話が凝縮された絵本です。
    仲間のくまの屋根直しの手伝いに行ったお父さんのためにクリスマスパーティーを準備していくところも印象的です。
    クリスマスの時期にピッタリの絵本です。

    掲載日:2017/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふゆごもりをのばして

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    「長そうな話だなー」と娘の第一感想。まあちょっと長めの話かな。
    くまだからふゆごもりするんですね。そのふゆごもりを少し先にのばして、パーティをするくまのくんちゃんのお話です。
    くんちゃんが微笑ましかったです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット