あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ともだちふやそ」 みんなの声

ともだちふやそ 作・絵:熊谷 まちこ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,070+税
発行日:1998年
ISBN:9784569680934
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,490
みんなの声 総数 10
「ともだちふやそ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 進級のまえに

    丘の上に、一人ぽつんといた「いわ」。ある日、鳥が落としていった赤い実が芽をだし、「いわ」の大事な友達になります。そして、友達は友達をよび、最後はとっても素敵な春を迎えます(表紙の絵)。

    大事な友達ができて、「いわ」の表情が変化していく様子や、赤い実が綺麗な桜の木への成長する姿がとても愛らしく、季節とともに進んでいく話の流れも分かりやすく、読み手も聞き手も安心して、読める&聞ける絵本です。

    進級やクラス替えの前の時期の読み聞かせにおすすめです!

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜の木と岩

    この絵本の主人公は桜の木とその側にある大きな岩のお話でした。桜の木の種をこの岩が大事に育てて、大きくなったら親友になるって言うストーリーがとっても素敵でした。二人がいるからそこにたくさんの動物や人間が集まってきてとっても幸せそうな姿がよかったです。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひねりがほしかった!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    ひとつの岩と、ひとつの赤い実・・・のち大木。
    そんな2人?の友情物語です。

    1人でさびしい思いをしていた岩の近くに赤い実が転がった。そこから始まった「ともだちふやそ」。

    心温まるお話ですが、正直言うと、想像どおり。もう少しひねりがほしかったなというのが個人的な感想です。

    でもこれくらい真っ直ぐなストーリーのほうが、子供には伝わりやすいのかもしれないですね〜。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達

    いつも岩は、一人でぽつんとして寂しがっていました。

    そこにある日、赤い実が一つ落ちてきたところから、おともだちが出来

    て毎日おしゃべりに夢中になり楽しい毎日を過ごすようになりました。

    お友達が出来てお友達の輪が広がっていって、お友達の大切さ、生き甲

    斐をみつけれてよかったです。

    表紙の満開の桜が綺麗で見惚れてしまいました。

    満開の桜に集まる子供たちや、鳥、動物たちが嬉しそうで、岩や桜の木

    の満足そうな嬉しい顔がとてもよかったし、読んでいても幸せな気持ち

    が伝わってきました。お友達がいる幸せな気持ちが伝わってきました。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な丘に

     丘の上のひとりぼっちのいわ君が空から落ちてきた実を

    大切にすると......

    季節が繰り返される度にお友達が増えていき

    幸せいっぱいの丘になります。

    娘はもうすぐ幼稚園に入園

    楽しみでもあり少しドキドキしているような?

    最後のページで桜が咲いて幼稚園の遠足らしい風景を観て

    幼稚園と桜が咲く事が楽しみになったようです。

    掲載日:2010/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色のある世界へ憧れて…

     表紙絵のピンク色をみて、最近あまり見かけないピンク色だな〜と思い手に取りました。
     
     サクラの季節までこちらはまだ遠いんですが、どうしても白一色の世界に囲まれていると、色のある世界へ憧れてこういう絵本が気になります。
     
     丘の上の岩は、ぽつんといつも一人。
     そこへ、小さな赤い実が一つ、ころん。
     さみしかった岩は…。

     やって来た小さな友だちを大切にする岩の優しさがいい。
     芽が出て、いくつもの季節を一緒に過ごし、見つめ合っている絵が可愛い。
     赤い実の成長に読んでいて、嬉しくなりました。
     お友だちが増えていく様子も微笑ましい。

     ラストのページの美しさに、春がやっぱり待ち遠しくなりました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵!

    3月頃に、卒園を控えた幼稚園の子どもたちに読み聞かせしました。
    表紙の雰囲気から、ほのぼのとしてふんわりとした感じが
    これから小学校へ進学する子どもたちへ、柔らかくやさしい
    印象を与えてくれ、入学への不安も吹き飛ばしてくれそう!

    お話しも、1年間の自然の様子を織り込みながら
    とてもかわいらしい挿絵と共に子どもたちにも
    お友達ってどんなもの?どうやってお友達になっていくの?
    というのがわかりやすいストーリーで流れていきます。

    子どもたちも、最初は頼りなく、守ってあげないといけない
    弱々しい木がだんだんと成長して、
    今度はもりのどうぶつたちの憩いの場として役に立っていくところが
    印象的だったらしく、
    「友だち欲しい!だけじゃなく、
    まわりにもちゃんと優しくしなくちゃいけないんだね!」
    と、ちょっとおませなことを読後に話してました。
    また、ラストにはこの絵本を読む者にも
    著者から素敵な贈り物があるんですよ!
    (私が勝手に贈り物って思ってますが・・・)
    小さなお子さんにも、かわいらしい挿絵を眺めながら
    読み聞かせ。と言うのも素敵ですが、小学校入学前のお子さんなら
    このラストの贈り物はより一層素敵な者になるかと思います。
    是非、春のさわやかな時間をこの絵本でお過ごし下さい♪

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜の咲くころの読み聞かせに!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    表紙いっぱいに桜の花。この表紙を見るだけで、この本のストーリーに期待がもてます。

    ひとりぼっちの岩と、そのそばに落ちた木の実。二つの友情がめばえていく過程がほほえましく、友達っていいね!って心から言えるお話です。

    相手を大事にする気持ちが、友達をひとりふたりと増やしていくんですね。読むと、友達をどんどんつくりたくなります。新学期に読み聞かせるのにぴったりだと思いました。

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達っていい

    友達って本当にいいもんだと思いました。動けない主人公は皆が自分の所に来てくれない限り動けないのが寂しそうでした。でも、赤い実が風に飛ばされて転がってきたとき天使が運んできた贈り物だと思いました。どんな天候の時も必死でこの新しくできた友達を守ろうとする姿は素敵でした。そして芽が出た時一日が過ぎていくのも忘れて話している二人が羨ましかったです。時を忘れてまで話に夢中になれる二人は素晴らしいと思いました。こんな友達がいる事は一生の宝だと思いました。木がどんどん大きくなるにつれて友達の輪も広がっていく様子が素晴らしかったです。桜の木は本当に見事で桜の花びらの絨毯も素敵でした。夢のある絵本でした。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春におすすめ

    ピンク色の桜の表紙に惹かれて、図書館で借りてきました。

    丘の上にぽつんと一つ岩がありました。
    だれも近くに来てくれなくて、さみしかったのですが、ある日、小さな赤い実が転がってきました。
    岩は実を大事にして、守ってあげていました。

    どうなるのかな?と思っていたら、岩の隣にかわいい芽が出てきたので、こちらもうれしくなりました。
    岩にも芽にも顔があって、かわいいんです。

    芽はだんだん大きくなって・・・
    最後のページは桜の木になっています。
    あの赤い実は、さくらんぼだったのね!

    四季折々の丘の景色もきれいな絵で見惚れてしまいます。

    子どもに読み聞かせると「ぼくもここで遊びたいなぁ」と言っていました。
    私も行ってみたい。

    ともだちふやそ、というタイトルと、お友達がいっぱいできた岩のお話。
    4月から入園する我が子にもぴったりでした。
    春に読むのにおすすめの絵本です。

    掲載日:2007/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット