雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

おばあちゃんのビヤホールはこわいよ」 みんなの声

おばあちゃんのビヤホールはこわいよ 作:松谷 みよ子
絵:宮本 忠夫
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784591064993
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,855
みんなの声 総数 4
「おばあちゃんのビヤホールはこわいよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんとも不思議なお話で、
    ほんとうかどうかやってみたくなります。
    が、やっぱりこわいかも〜。
    塩をかけると溶けるというのと
    同じような駆除の仕方なのでしょうか。
    お話云々というよりも、絵が楽しくて気に入りました。
    なめくじがビールジョッキを持って飲んでいる姿、
    なかなか描けそうで描けませんよね。
    愉快で思わずその場面で笑ってしまいました。

    掲載日:2015/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い・・・

    このお話はおばあちゃんが花を守るためにナメクジを駆除するお話だったのですが、その駆除の仕方がとっても変わっていて、ビールを飲ませて殺してしまうものでした。ホントかどうかはわからなかったのですが、子供にはこの方法、大うけでした!大人の私にはちょっと怖かったです・・。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアある祖母の知恵

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳

    以前、この作品を読んだ時は「ふぅん」と特別な感想もなく、
    …というより、正直言って、よく分からない印象を受けたものでした。

    少し前に、読み聞かせの情報交換会に参加させて頂いた時に
    この作品が 親子で お気に入りだという方が紹介して下さって
    「そういうことだったのかぁ〜」と、この本の見方が変わりました。
    読んだことのある本でも、予備知識があると面白みが出るものですね♪

    おばあちゃんがビールを入れたコップに『ビヤホール』の看板を立てて
    大切に育てているペチュニアの前に置きます。
    そして、お客はナメクジ。

    ここが私の理解できなかった部分だったのですが、
    ペチュニアなどのお花を食べてしまうナメクジって
    ビールのにおいに集まってくる習性があるんですねぇ。
    昔から、おばあちゃんの知恵で ナメクジ退治に
    飲み残しのビールを置いて、ナメクジをおびき寄せるのだそうです。
    その様子が、この作品では比喩的でユーモラスに描かれています。
    この本を紹介して下さった方は、この方法でナメクジ退治していたから
    すんなりと内容を理解できたそうです。
    あとがきなどとして、このおばあちゃんの知恵について書いておくと
    もっと内容を理解してもらえるかもしれないですね。

    ちなみに、おびき寄せたナメクジは、早朝まだ暗いうちに退治しないと
    また逃げてしまうのだそうです。紙コップなどに飲み残しのビールを入れ
    翌朝早くに その紙コップに塩を入れるのだそうです。
    私も今、紫色のペチュニアを大切に育てているところなので
    ナメクジに狙われそうになったら試してみたいと思います!

    掲載日:2009/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐いような、おかしいような〜

    マコくんんのおばあちゃんは、夕食のあと
    クレヨンと紙ちっちゃな看板を作った。
    「ペチュニアはなかげビアホールへどうぞ」
    それから、ペチュニアの大きな鉢にちょこんと看板を立てた。
    それから、小さな入れ物にビールの飲み残しを入れました。
    一体何が始まるの??
    どんなお客さんがくるの??

    次の朝、その謎は解けますが
    おばあちゃんって恐いな〜
    でも、ラストにはまたちょっと違った展開が待ってます。

    恐いお話しと思いましたが、以外と滑稽なお話に
    子どもたちも最初は「こわ〜い。このおばあちゃん」
    って怖がってましたが、中盤からは
    「なるほど〜こっちの世界ではまた、こんな話してるんだ〜」って感心感心♪
    人間と自然界の動物たちの知恵比べみたいでおもしろかった。

    我が家のお庭でもやってみようかな〜??
    って思ったら、さっそく息子がおばあちゃんの真似してました。

    掲載日:2007/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット