だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

こぐまのパグはおにいちゃん」 みんなの声

こぐまのパグはおにいちゃん 作:沢井いづみ
絵:新野めぐみ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1995年
ISBN:9784569589701
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「こぐまのパグはおにいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 柔らかな色

    柔らかい色の表紙に魅力を感じたのでこの絵本を選びました。お兄ちゃんになる事の嬉しさと難しさを痛感できる絵本でした。赤ちゃんは思いもがけない行動に出たり急に動いたりするので本当に子供が赤ちゃんを抱くのは本当に大変だと再確認できる絵本でした。主人公が他の場所に行ってしまった時に居所を突き止め愛に溢れた方法で主人公を抱きしめる家族に感動しました。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃん!

    とっても可愛い絵で、とても幸せな気持ちになれます。おにいちゃんのパグの気持ちが、とてもせつなく胸に響きます。「わざとじゃ ないのに・・・・」可愛くて、妹のルウを抱っこして、落っこちちゃった・・
    そんな時は、これからもあることだと思うからおにいちゃんの気持ちも考えて接しなくてはいけないと思いました。おにいちゃんにも、言葉に出して伝えていかないといけない大切なことを学びました。「そうよ。パグも ルウも 家の 大事な 子供だもの。なあんだって わかるのよ」思っているだけでは、パグに伝わらない!言葉に出して言うことが必要だと思いました。親の愛情がいっぱい溢れていてとても温かくなる絵本です。

    掲載日:2008/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃん・お姉ちゃんに・・・そして・・

    この絵本、息子がとっても気に入った絵本です。

    パグ君は、妹が生まれて、お兄ちゃんになりました。

    お兄ちゃんらしく妹のルウちゃんと一生懸命遊んでくれるパグ君。

    絵本を読みながら、うちの息子と一緒だな〜と思いました。

    ひょんなことから、抱っこしていたルウちゃんが手からすべり落ちてしまいます。

    おお泣きしているルウちゃんを心配そうに見守るパパとママを見て、パグ君はどうしたらいいかわからなくなって、外に飛び出します。

    『わざとやったわけじゃないのに・・・』
    パグ君はそう思っています。

    パグ君のその言葉が、すごく心に響いてきました。
    読んでいて、思わず涙があふれてきてしまいました。

    兄妹ができて、うれしい気持ちと、妹にどう接したらいいのか悩んでいるお兄ちゃんとしての気持ちが、絵本を通してダイレクトに伝わってくるようです。

    この絵本は、お兄ちゃんの微妙な気持ちが切ないほど伝わってくるとおもいます。
    お兄ちゃん、お姉ちゃんになった子どもたちだけではなく、ご両親にも是非読んでいただきたい絵本です。

    ただ、こちらの絵本、現在品切れで、店頭では販売されていないようです。図書館等で、借りて、読んでみてくださいね。

    掲載日:2007/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット