大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくのじしんえにっき」 みんなの声

ぼくのじしんえにっき 作:八起 正道
絵:伊東 寛
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年
ISBN:9784265041015
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「ぼくのじしんえにっき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 前向きなぼく

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    大地震に見舞われた男の子の、夏休みの絵日記。
    様々なことを体験し、大切なことを学んでいく様子が描かれています。

    大災害がもたらす損失は、計り知れません。
    人々はたくさんのものを失います。
    それは物だけではなく、人の命や心まで。
    辛い体験をいくつもしながら、悲しみに打ちひしがれるだけでなく、将来またくるであろう大地震に備えようとするぼく。
    その前向きさに勇気付けられます。

    大地震を経験した人も、そうでない人も、是非一度手にして読んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いもの

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子0歳

    子どものころ読んで、死を真面目に考えるきっかけになった本。
    小学校のころ、死ぬのが怖い時期があって朝起きたら死んでるんじゃないかって毎晩おびえてた時期に読みました。
    私が死ぬことと地震が嫌いになったきっかけ・・

    この本には地震だけでなく、地震によって起こる暴動や病気、死など人間にとって怖い物がいっぱい描かれています。
    災害、死、環境破壊、人と一緒に暮らすこと。大事なことがいっぱい詰まっています。

    あと「臆病」ってよくないことのように言われるけれど死に対して臆病になるのは悪い事じゃない気がするなあ。
    簡単には死なないように。

    掲載日:2008/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地震に備える。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    ぼくが書いていた夏休みの絵日記…が 
    「じしんえにっき」になってしまった…というお話です。
    大地震の「前触れ」から
    「その時」「その後」までが書かれています。
    色んな説明はなくて(子供の絵日記ですから…)
    【ぼくの目線】で見た事実と 
    簡単な【ぼくの感想】がお話を進めます。
    そのことが 地震の怖さや
    むき出しにされた人間のエゴを
    痛烈に感じさせます。
    そんな荒んだ生活の中での
    おばあちゃんの落ち着いた行動や言葉の中に
    もし地震にあったらどう行動したらいいのか…
    地震に備えて準備できることはあるのか…
    などの答えを導くヒントがいっぱいあります。
    ヒントですから 読んだ子供たちが自然と考えるでしょう。
    そんな期待を持つことが出来る内容でした。
    もしも地震に遭遇するようなことがあっても
    こんなことを一度でも考えた…という経験があれば
    それは 子供たちにとって
    生きる知恵や力になってくれると思います。

    掲載日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット