うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

のはらクラブのちいさなおつかい」 みんなの声

のはらクラブのちいさなおつかい 作・絵:たかどの ほうこ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年
ISBN:9784652008911
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,176
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しく学ばせてもらえました

    秋の野原の草花 ちじみざさは知りませんでした ぬすびとはぎは、子供たちと散歩したときに 服にくっついてたり 靴下に付いてたりした経験があります

    話がおもしろいのです、 時計にしたり 名前かいたり  みんな楽しんでます。
    からすうり 歌もありますよね、 たねが こいぬにそっくりでかわいい
     
    おなもみは、くっつきむしてよんでました。
    動物が 体にくっつけて 種を運ぶという この自然のしくみがおもしろいですね 
    生態系はうまくなっているね!

    こんなに 楽しい遊びができるのですが 子供たちに教えてあげないと 伝えられないですもの!

    のはらクラブとは おもしろいですね

    たかどの ほうこさんの絵本 なかなか 楽しいです!

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • のはらクラブに私も加わりたいです

    楽しい秋の野遊びがもりだくさん、しかも、女の子達の
    ヒミツも盛り込まれていて、じっくり楽しめる読み物です。

    ちぢみざさ、だいこんそう、のぶき、からすうり、へくそかずら、
    おなもみ、いのこづち、ぬすびとはぎ、きんみずひき。

    のはらクラブのみんながこれらの草で遊んでいる様子を読むと、
    自分もやってみたくなりますよ。

    特にわたしは、「からすうりのたねが こいぬにそっくり」だ
    というのを確かめてみたくなりました♪
    子どもたちが土手すべりや野原の散歩に付き合ってくれるうちに、
    いっしょに楽しもうと思います。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こっちが好き♪

    『のはらクラブのこどもたち』と一緒に借りてきたのですが
    こちらは秋の野原。
    いろんな種をつけた草花がたっぷり。
    動物や人間の体にくっついて種が運ばれるように出来ている種が
    案外色々あったことにオドロキです。

    この『のはらクラブ〜』の本はどちらも面白いのですが
    私はこちらのほうが好きだな〜って思いました。
    タイトルの『・・・ちいさなおつかい』は
    なるほど こういうわけだったのかあと判った瞬間
    すごく温かい気持ちになったからです。
    とても草花を大切にする女の子達の気持ちが嬉しい絵本ですね。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋の野原の楽しみ方

    『のはらクラブのこどもたち』の続編なのですが、「こどもたち」の方は春編、こちらは秋編といった感じです。
    秋の野原の楽しみ方がいっぱいで、
    秋になった時に、お外へでてみよう!
    そんな気分になるお話でした。

    この本を読んで、人間をはじめとする動物たちと植物って共存しながら生きているんだなあ〜というのを感じちゃいました♪

    そして息子は、題名が「おつかい」となっているのが最初不思議だったようですが、最後まで読んで納得!
    こういうおつかいも楽しいかも^^;
    僕もこんなおつかいしているのかなあ〜と感じたようです♪

    掲載日:2008/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋の草花が満載

    前作の「のはらクラブのこどもたち」を楽しく読みました。

    今回は秋の草花が満載です。この本は、子どもたちが草花のことについて詳しくて、とてもわかりやすく説明してくれます。「おつかい」の意味がよくわからなかったのですが、最後まで読んで納得しました。

    草花の種の、人や動物にくっついてどうにか生き延びようとしている、その生存力の強さに感心しました。

    図鑑代わりにもなりますので、お散歩や野遊びに行く時に携帯したいです。

    今回も草花についていろいろ勉強できました。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達の「おつかい」とは?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    のはらクラブのこのシリーズ、ちょっとした自然観察読み物となっています。
    でも絵もたくさんあって、絵本から読み物への移行期にぴったりだと思います。
    さて、今回は野原の植物の種の薀蓄がたくさんありますよ。
    秋バージョンですが、春先にポツンと出てきた新芽を見つけたら、
    是非思い出してほしいですね。
    いつものように、のはらおばさんとのんちゃんは
    お友達を誘って野原歩きに出かけます。
    いろんな植物の種を見つけるのですが・・・。
    次々と植物の名前が出てきて、種を飛ばす方法などの薀蓄もたくさん。
    ラストはうまく読み取ることができますか?
    たかどのほうこマジック、ご堪能くださいませ。

    掲載日:2007/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット