だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ちいさなチョーじん スーパーぼうや」 みんなの声

ちいさなチョーじん スーパーぼうや 作・絵:ボブ・グラハム
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784566006980
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 飛ぶきっかけになったのは…

     やっぱりグラハムさんの絵が、好きです。
     あったかくて、夢があります。

     両親が偉大だとこどもは大変ですね。
     世のスーパーヒーロー、スーパーヒロインが親だなんて。
     おまけにグランパ・グランマまで。

     家の外観もステキ。
     彼らの日常もまた楽しそう。
     家族が気を揉みながら、飛ぶ練習をマックスに仕込むのですが、…。
     待ってあげることも必要ですが、やはりそこはDNAでした。
     
     マックスが、飛ぶきっかけになったのは、ヒーローの血筋ならではの理由でした。
     きっと、マックスも立派なヒーローに成長することでしょう。

     見返しまで楽しい一冊でした。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感できました

    普通の子どもは空こそ飛べませんが、言葉の発達、いつ歩けるようになるかについて、一喜一憂するのが親心なので、お母さんがぼうやを抱きしめながら「きっといつかとべるようになるわ」と半ば自分に言い聞かせるかのように言っている姿には共感できました。

    ぼうやの成長物語でもありますが、ある意味親として子どもとどう向き合って認めていくかの成長物語でもあるなあと思いました。

    その成長遅くないかな?と思った時に、大人が先に読んでみてもいい本かもしれないと思いました。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒーローだって悩むよね

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 大分県
    • 男の子11歳、女の子8歳

    空を飛んで、悪者をやっつけるスーパー一家に
    男の子が生まれました。
    その名はマックスくん。
    皆の期待を背負ってさあ飛ぶんだ!!!
    でも飛べなかったんです。
    スーパーヒーローにとって致命的〜。
    親の思い通りに子供はなかなか育たちませんよね?
    ゆっくりと見守ってあげましょうよ、
    そんな気持ちにさせてくれました。
    イラストが可愛いんですが、
    グラハムの登場人物ってなぜか
    みんな鼻デカなんですよね〜。
    この絵本の表・裏紙の見開きもいいですよ。
    そして住んでいる家が変っています!
    これは見てからのお楽しみ。

    掲載日:2007/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット