大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

じいさとばあさ」 みんなの声

じいさとばあさ 作・絵:梶山 俊夫
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1994年
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,877
みんなの声 総数 5
「じいさとばあさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 若返りの木

    このお話はある日じいさが山に仕事に行った時に食べると若くなる桃の木を発見して若返ったお話でした。その木の事をばあさにも教えてあげたのですが、なんとばあさはモモを食べすぎたのかあかちゃんにまで戻っていました。女の欲を感じました(笑)

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    昔話に夢中になって読みました。

    最後はどうなってしまうんだろう??・・・と心配になってしまいまし

    たが、赤ん坊になったばあさの面倒を嬉しそうにおんぶしてるじいさに

    とても仲のよい夫婦を感じました。

    歳をとってもお互いに助け合って暮らしていけるといいなあって思いま

    した。

    ばあさは、きっとじいさより若くいたいと女心から桃を余分に食べて

    しまって若返り過ぎたんだと思いました。

    あかごが「ばあさ」とわかると愛おしそうにとても嬉しそうなじいさの

    顔が印象に残りました。

    あかごになったばあさと幸せに暮らすじいさに深い愛情を感じました。

    きっと反対でもばあさも同じことをするんだろうと思いました。

    とても素敵な昔話でした。

    掲載日:2009/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梶山さん

    梶山さんの作品だったのでこの絵本を選びました。とても味のある直筆の文字が素敵だなと思いました。昔話独特の語り口調が絵とマッチしていて良かったです。心優しくて穏やかなお爺さんと御婆さんが素敵でした。どんな格好になってもお互いに愛があれば幸せに暮らせる事を教えてくれる絵本でした。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理想の老後

    もうすぐ50代に突入する身としては、「老いる」ことの様々な形態を日々感じながら暮らしているわけですが、中でも、何に対しても惚れっぽかった感覚が、何だか鈍い・・・
    で、このお話を読み進めて行ったら、いつものように芝刈りに出かけたじいさが、帰ってきたら はたちの若者の姿になっていた!!ぷっと吹き出し、おお、こんなことがあるのなら老後も楽しかろうと、久々にときめきました。(笑)
    でもばあさがばあさのままでは、いろいろトラブルも発生しようというもの、そこも、このお話は解決してくれてるんです。はたちになるどころか、もっと若い。これなら当分、お互い楽しめそうです。
    お話の書き出しは「むかしむかしあるところに きのいい じいさとばあさがいたって」とあります。そう、気の良い夫婦だからこその夢物語なんですね。ほのぼのしました。

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若返りの水に似ています

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    梶山俊夫さんが、文章も絵も書いている作品です。
    文章も手書き文字で、本全体から「むかしばなし」という雰囲気がプンプン漂ってきます。
    お話は、「若返りの水」と同じで、水ではなくモモバージョンでした。
    読み始めると、子どもたちが、「これ、先がわかるような気がする」「これに似たの知ってる」と言い出しました。
    “似たような話”“どこかで聞いたことがある話”って結構子どもは好きですよね。
    そして、またそういう話こそ、少しずつ形を変えながらも、後々まで伝えられていくのでしょう。
    昔話の面白さ、底力を感じました。
    私が知っている「若返りの水」のお話は、ばあさまが赤ん坊になってしまったところで終わり、途方に暮れたじいさまが赤ん坊を抱えている絵が最後だったのですが、この本では、その後の若者と赤ん坊の暮らしの絵もちょっと描かれています。
    その二人の姿がとても楽しそうで、「じいさ、笑ってるよ」となんだかほのぼのしてしまったのでした。

    掲載日:2007/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ペレのあたらしいふく / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット