ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぎったんこばったんこ」 みんなの声

ぎったんこばったんこ 作・絵:柚木 沙弥郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784834023084
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,898
みんなの声 総数 22
「ぎったんこばったんこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 味わい深い絵

    シーソーにのって、お母さん猫と子猫がぎったんこ、ばったんこ。
    シンプルなストーリーでリズミカルな文章が良いです。一見とぼけた表情の猫の親子が味わい深くて楽しめます。
    公園でもシーソー遊びが楽しくなりそうな、そんな1冊です。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おててつないでぎったんばったん

    ネコの親子が公園へ行き、シーソーでぎんたんこばったんこをする話です。お母さん猫のほうが喜んで遊んでいる表情が、印象的です。子供はよくわかってないような表情。

    息子とも公園でシーソーあると、ぎんたんばったんと言って乗せてます。
    と言っても重さに釣り合いが取れないので、手で押す程度だけど高く自分が上がるので怖いようでした。

    お手々つないで、ぎったんばったんをしているのは楽しんでいるけど、シーソーとしての絵本は1才ではイマイチぴんとこなかったよう。
    擬音語だけど・・・・ノリは悪かった。

    ネコ達が暗い色使いだからちょっともっさりしているのか、ビビットなカラーのが目をひくのにね。地味なのが逆にいいのかな。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • シーソーあそび

    猫とシーソー?!意外な組み合わせ!

    ぎったんこばったんこ。
    おかあさん猫と子猫三びきが、公園でシーソーにのって遊んでいます。

    でも楽しんでいるのはおかあさんだけ?
    黒猫ちゃんは完全にびびっちゃってます。
    帰る時もなんだか悲しいかお…

    そういえば甥っ子も2、3才の時、めちゃくちゃこわがっていたな…。

    黒猫ちゃんには、まだ早すぎたのね(笑)

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子でシーソー

    ネコの親子のとぼけたような愛嬌のある表情。
    目や口で気持ちを表現していて、いろいろ読み取れるのがいいです。
    のんびり楽しく暮らしていそうな雰囲気が和みますね。

    文字が少なく簡単なストーリーなので、
    1歳なりたての息子も飽きずに聞いていました。
    公園に行ってもシーソーに乗せると怖がってすぐに降りたがってしまうので、
    これを機に大丈夫になるといいなぁ。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運動になります

    猫の親子が公園でシーソーをして遊びます。
    読みながら一緒にユラユラしてあげると大喜び。
    何度か読むとそれを覚えてしまって、
    ぎったんこばったんこを期待して待っているんですよね(笑)
    裏表紙で子供たちがおっぱい飲んでいる絵も好きみたい。
    あっという間に読み終わってしまいますが、
    我が家では運動絵本として一緒に楽しんでいます。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃 みんなでシーソーで遊んだことを思い出します
    重い 軽い 釣り合いのとれた重さ算数で習った重さを 遊びの中で実践してたんだな〜と思いました
    この絵本は 0・1・2・えほんとありますが
    結構 算数の絵本のように思えました
    ねこの親子  おはよう おんぶ おっぱい  そしてシーソーあそびと ねこのお母さんが子育てしている様子   ねこたちの表情が豊かです
    遊びながら絵本を楽しめます

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか楽しいらしい・・・

    11ヶ月の娘に読んでやりました。あまり動物は好きではないみたいですが、ネコの親子がシーソーに乗って、遊んでいる絵本です。その楽しそうに遊んでいる様子やシーソーの音がとっても楽しいらしく、普段は落ち着きがないのに、じーっと見入って、聞き入って、きゃっきゃと喜んで笑っていましたね。ぎったん、ばったんことその聞きなれない音と、シーソーで明らかにイラストも変わっているのがシンクロして、おもしろいみたい。ちょっと大げさに音も出して、抑揚をつけてやったのもよかったのかなー。子供となんだか楽しくなっちゃう一冊ですよ。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒になって、ぎったんこ!

    はじめてこの絵本に出会ったのは、赤ちゃん向けの図書館でのおはなしかいでした。
    読み聞かせをしてもらって、娘を膝に乗せて「ぎったん、ばったん」と揺らしながらとても楽しめました。絵本の猫の表情とかも見ながら、そして親子で語りながらで、娘もとても楽しそうでした。
    家でも読んでみようと思って、図書館で借りて来ました。
    膝の上でゆらゆらしながら読むと喜んでくれます。
    親子の猫の楽しいお散歩って感じで、ほのぼのする絵本です。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • シーソー

    シーソー遊びをする猫の親子。
    その揺らし方は、ダイナミックです。
    子猫は飛び上がり、親猫はしりもちをつくくらい。
    こんなに力強く遊んでいるので、パパ猫かと思っていたのですが、ママ猫でしたよ。
    ちょっと意外でしたね。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み方次第かも

    絵は、驚くほどシンプルです。
    「おはよう」「いいてんき」というところでは、太陽の絵くらいあってもいいんじゃないかと思うのですが、ネコしか描いてありません。
    その猫の絵さえ、ほんとにシンプル・・・。

    でも、そのシンプルさが、この本のいいところなのかなとも思います。
    子供は、いやでも猫に集中しますから。

    ぎったんこ、ばったんこ・・・とやっていく中で、猫たちがクルンと回ったり、どーんとしりもちをついたり。
    ページを何度もぱらぱらとめくって、絵本を一緒にクルンとしてみたり、ドーンと傾けてみたり・・・。

    まだ赤ちゃんだった娘も、猫がくるんとなるところで、いつも笑っていました。それがおもしろくて、私も何度も何度も読んでいました。
    シーソーはまだ知らなかった年齢でしたが、赤ちゃんでも楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット