あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

メグと ふしぎな たまご」 みんなの声

メグと ふしぎな たまご 作:ヘレン・ニコル
絵:ヤン・ピエンコフスキー
訳:ふしみみさを
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784032026702
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,475
みんなの声 総数 8
「メグと ふしぎな たまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ベーコンが・・・

    メグとモグのお話が好きな子どもが選んで、何回も読んでいる絵本です。
    食べようと思っていた卵が割れなくて何も食べずに眠るところ、そして、次々に恐竜が生まれて・・・どうなるのかなと思ったら、最後の魔法で、ベーコンの大きさが関係しているなんて所が子どもも私も笑いのつぼでした。
    メグとモグのお話は、魔法の材料や呪文がなんとなく本格的な魔女っぽいところと、メグの魔法の未熟なところが絶妙だと思います。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな魔法

    カエルとかを捕まえてきてご飯のたまごにしようなんてとっても面白い発想だなって思いました。子供も楽しんでました。でも、うまくいかなくて恐竜が出てきたのにもビックリしてましたが、楽しんでました。恐竜の方が卵になる前の姿が似ているのかもって思っちゃったりして・・・。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • デザイン

    主人公の着ている服のデザインが素敵だったのでこの絵本を選びました。主人公が沢山の呪文を知っているのがかっこ良かったです。仲間の為に一生懸命に楽しみながら奮闘する主人公の姿は輝いていて素敵でした。ハプニングが起こっても気を動転させずに落ち着いて質問できる主人公はさすがだなと思いました。他のシリーズも読みたくなりました。活字が大きめなので字を覚えるのにも良いと思いました。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 呪文

    魔女のメグが唱える呪文がとても面白くて孫がよく笑います。

       
      「トカゲ ゲコゲコ、アオガエル


       イモリ モリモリ、


       みっつの おおきな


       たまごに なあれ!」


     ええっ、そんな呪文で大丈夫かなあ?


    卵が硬すぎて、三人が夕食抜きで寝たのがかわいそうでした。

    大きくなりすぎた恐竜に、呪文をかけて今度は小さくなりすぎた恐竜

    さんでした。

    やっぱり、メグたちには目がはなせません。そんな魅力があります。

    色使いがとても鮮やかなのもひきつける魅力の一つなんだと思います。

    私は、最初から最後までメグの靴の目(?)が気になってました。

    可愛いモグの絵も大好きです。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きいのは怖いけど小さいのは可愛いね

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    カラフルな表紙が目を引きます。
    リサイクルブックフェアーで、見つけました。

    魔女のメグが夕ご飯の支度をしていると、
    ねこのモグがたまごを食べたいと。
    そこで、メグが呪文を唱えて魔法をかけると・・・?

    あまりの大きさのたまごにびっくり!
    そして、そのたまごから産まれたのは?

    奇想展開な内容に目が離せません。
    おとぼけ魔女のために、ネコのモグも、フクロウのホーも大変。
    それでも、三人は楽しい仲間なんですね。

    恐竜好きなお子さんには、特に楽しめるお話かも。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • かたーいタマゴ

    ハンパな見習い魔女(?)のメグ。
    モグのリクエストで魔法を使ってタマゴを出すのだけど
    大きくてかたーい卵がボワンと出てきちゃいます。
    一つ一つのたまごからは不思議な生き物が出てくるんだけど
    次はどんな生き物かしら?とワクワクして眺める楽しさがあるみたいです。
    一度サラリと読んだあとはあらすじを
    得意そうに私に説明してくれる娘の様子が可愛らしかったです。
    メグが呪文を唱える場面は張り切って読んでいます。
    最初の生き物が登場してくるときに「ケロ」と鳴くところが
    結構ツボでしたよ(^m^)
    それにしても魔女が魔法をかけるときって
    とかくゲテモノを使いますがそれってどうしてなんでしょうね。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法で作る夕食は・・

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    魔法使いのメグがみんながリクエストする夕食のメニュー、卵を魔法で作ります。
    魔法使いの絵本らしく鍋に入れるものが「トカゲ・イモリ・アオガエル」。そこからできた大きな卵の中身が恐竜!!
    恐竜が好きな子供は興味津々でした。
    なかなかうまくいかない魔法だけど、メグがおとぼけっぽくて愛らしかったですよ。

    掲載日:2007/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法で出来た卵から・・・?

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    まじょのメグ・ネコのモグ・フクロウのホー3匹が見守っていた卵からはなんと恐竜が!ディプロドクス・ステゴサウルスに続いてティラノサウルスが生まれてきて・・・ひゃー食べられちゃう。どうしよう?!

    小さな子なら恐竜が出てくるだけでわくわくするでしょう。「ありゃまぁ」というラストも用意してあってルンルン気分で楽しめます。
    背景に使われる色から卵の図柄に至るまでとにかく絵の色使いが鮮やかです。文字も大きく分かりやすくて子供を意識していることが良く分かります。他のシリーズも合わせて読みたいな。

    掲載日:2007/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット