雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

いねになったてんにょ」 みんなの声

いねになったてんにょ 絵:水四澄子
再話:君島 久子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1968年
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
「いねになったてんにょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しいインドネシア民話

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    インドネシア民話です。
    私の手元にあるのは、「こどものとも」151号で、1968年発行のペーパーバックなので、もしかしたら今は絶版かもしれません。
    私が子どもの頃、妙に惹かれたお話です。
    神様の一人娘が、人間の若者に恋をして、一緒になりたいと願うのですが、神様はこれを許さずに、二人を稲に変えてしまうという美しいお話です。
    娘が若者に恋をするきっかけが、地上から聞こえてくる美しい笛の音色です。
    顔が美しいからとかたくましい姿だからというのではなく、美しい笛の音に惹かれて・・・というところがなんとも美しくて素敵です。
    また、父である神様は、インドの影絵のような姿をしていますし、神様が戦っている魔人達は、唐獅子のような姿なので、全体的に異国の匂いがプンプンしています。
    異国の香りと笛の音色という二つの大きな要素が、この物語を彩って、美しい恋物語を作り上げています。
    35年以上も昔に読んでも、現代読んでも、同じ感動があり、色あせない絵本です。
    「こどものとも」って、他ではなかなかお目にかかることができないようなお話を送り出してくれることが多く、幼少時に触れることが出来て、本当に良かったです。

    掲載日:2007/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット