おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

くだもの なんだ」 みんなの声

くだもの なんだ 作・絵:きうち かつ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784834022704
評価スコア 4.73
評価ランキング 899
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 意外にしらない野菜の断面

    「やさいのおなか」はよく読み聞かせでも使うけれど、この絵本ははじめて。
    「くだもの なんだ」という題名だけに、中のものはすべて「果物」です。
    ということがわかっていても...白黒の断面図で見せられると、ん?何?大人でもわからないのが何個もあります。
    ページをめくって答えがわかると、「あぁ〜なるほど〜」なんだけど、断面図ではなかなかわからなものね。
    いろんな果物があって、いろんな形をしてる。
    これは好きだとか、これはすっぱいから苦手なんて話も出てきて、楽しめる1冊です。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • クイズ感覚で楽しい

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    お話会の導入に、幼稚園生を相手に読みました。ものすごく反応が良かったです。
    くだものの断面が動物のように見えたり、、はたまた原型とは全然違う形だったり。。
    クイズ感覚でたのしめます。

    一対一で読む時も、答えをもう知ってるのに何度も何度も「読んで」といいます。

    くだものの断面がこんな風にデザインできるんだなあと、親としても芸術面で感動!

    同じシリーズに「やさいのおなか」「やさいのせなか」もありますが
    「くだもの」がいちばん園児の反応が良かったです

    小学生の上の子も、覗き込んだりしてます。長く楽しめる一冊だと思います。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • なにかな?と楽しい一冊

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    カラーで全体を見ればよく知っているくだものなのに、白黒でちょっと切り口を見るとなんだろう?ってなりますね。
    うちの子も気に入ったようで「もう一回!」とリクエストされました。
    タイヤかと思ったら…レモン!というように、なにかな?と楽しめる一冊です。
    子どもは答えを聞いてはその答えを「レモン!」というように、くりかえしで声に出して嬉しそうでした。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難題!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    「やさいのおなか」「やさいのせなか」に引き続き、
    図書館から借りてきました。

    「やさいのせなか」も難しかったけど、
    今回のくだものは、さらにグレードアップ!

    2歳の妹に読んであげていた7歳の兄が、
    「ううう・・・むずかしい」と
    ネをあげたほどです。

    そういえば身近なくだものほど、
    断面ってあんまり見たことないな・・・。

    バナナの断面があんなに意味不明なカタチだったり、
    キウイの断面があんなに美しいものかと
    思わず大人もハッとします。
    こんどキウイ買って来て娘にも見せねば・・・。

    そんな難題だらけの一冊でしたが、
    とっても気に入って何回も読んでいる娘は、
    「なし!」「きうい!」「かき!」と、
    見てすぐに正解を言えるほどになりました!

    「やさい」もそうだけど
    「くだもの」も、
    食べるだけではなくて、
    カタチを子供に見せて、一緒に楽しめるんですね!

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜もいいけど果物もいい

    同じきうちかつさんの「やさいのおなか」「やさいのせなか」がとてもよかったので、続けてこちらも購入しました。
    期待を裏切らず、とてもよい絵本です。

    「これはなんのくだものだろう?」と大人でもすぐにわからないものもあって、一緒に読んでいて面白いですし、勉強になります。
    うちの娘は果物が好きなので、いつも楽しそうに読んでいます。
    特にすいかのページがお気に入り。このページになると「わぁ!すいか!」と言って笑顔になっています。

    もう少し大きくなれば、断面を見ただけでどの果物なのかわかるようになると思います。
    長い期間、楽しめる絵本だと思います。
    本当にこのシリーズはよいです!

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に難しい

    食べ物が大好きな2歳次女に借りました。果物の断面が白黒になっていて、それを見て何の果物かを当てるのですが、白黒になると難しい!親の私さえわからないものがいくつか。この絵本を読んだ後は、果物をじっくり観察したくなります。4,5歳の子供たちでも十分に楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく楽しい

    「やさいのおなか」がとっても面白かったので、こちらも読んでみました。
    簡単なものから、大人でも考えちゃう様な、ちょっと難しいものまで沢山の果物が出てきます。
    子供たちと、言い合いっこしながら、どんどん読めちゃいました。
    想像力が養われ、子供から大人まで幅広く楽しめる1冊です。

    掲載日:2012/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 果物をよく見るようになりました。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    なじみの果物から、息子の知らなかった「びわ」「いちじく」などもでてくる果物の絵本です。絵本を読んでから、バナナを食べた時に改めて断面をみてみるとちゃんと絵本とおんなじでした。
    「そういえば、最近食べていないな、食べたいな。」と果物について改めて考えさせられる絵本でした。
    果物が、新鮮でとてもおいしそうです。

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育にも◎

    白黒のシルエット(断面や一部だったり)で何の果物か当てていくのですが…簡単に見えて、意外と難しいんです!

    読み聞かせでも盛り上がりますし、「レモンってくだものなんだ〜」と食育にもなって、おすすめです。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人でも難しいですよ

    果物の一部分を拡大して、白黒になると、こんなにもわからなくなるものなんですね。
    大人でも、なかなか難しく、頭の体操になりそうです。

    特に、ぶどうの茎だけとか、びわなどは、普段見慣れないものだけに、答えのページをめくるまで、予想もつきませんでした。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット