十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

なみにきをつけて、シャーリー」 みんなの声

なみにきをつけて、シャーリー 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:へんみまさなお
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784593500796
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,371
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読み手が試される

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     右ページと左ページが、異なる意識の持ち主の絵とは、なかなか凝った作りです。しかしバーニンガムさん、どちらもあなたの空想でしょ?だとすると、読み手の小芝居をお楽しみになりたいと、うーん、なかなかの問題です。私たちは淡々と読めばいいだけでは、いけないのですね? うーん、海賊との冒険も、宝探しも、現実にはかなわないというあなたの想像を、現実味ゆたかに読まなきゃならないか・・・。なかなかの、絵本です。感謝

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実験的な絵本です。

    子ども世界と、子どもから見た大人の世界。
    これだけ解離しているとも思えないのですが、現実的な大人に対して空想世界を自由に冒険する子どもの世界は理解できます。
    左ページが大人世界で右ページが子ども世界。
    説明がなければ意味不明に展開している絵本です。
    海賊と大冒険しているシャーリーに対して浜辺の椅子でくつろぎながら注意するだけの両親。
    やはり子どもの世界に親も登場しなくては話になりません。
    ひょっとしたら、海に出かけたのに遊ばせてもらえない現実のシャーリーが隣にいるのでしょうか?
    だったら可哀想ですよお父さん。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小言は愛情の裏返し?

    最初にこの本の説明が書かれてあったのは
    どうなんだろうと思いました。
    左のページが両親で、右は空想して・・・
    なんて、どう読むかは人それぞれ。
    答えがもう出ている気がして嫌でした。

    小言を言う親と空想するシャーリーですが、
    私はこの親はむしろ、子供を愛してると思いました。
    一緒に海へ行って、一緒に帰ってます。
    危ないよ、とか、飲み物を飲むの?と聞いたり
    持って帰れないわよ、なんて
    子供の動きを見ているからこその言葉と思いました。

    もし子供を無視している親なら夫婦そろって海にいかないし
    子供が何しているか見ないと思います。
    こうやって、声をかけるっていうのは
    心配で好きだからだと思います。

    その声を聴いて、ママがいるから子供も無心で空想できるんです。
    ママがいなくて不安だったら、自由な空想なんて出来ません。
    後ろに両親がいるって分かっているから
    シャーリーも、自由に行動できるんだと思います。

    だって、あなたって本当にだめね、とか馬鹿ね、とか
    お母さんは否定することは発してません。
    親が無関心なら声はかけませんから。
    一緒に片づけて家に帰るんです。
    それをみても、愛してる、愛されてると思いました。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の空想

    両親と海に遊びに行ったシャーリーと、両親のやりとりの話です。

    両親はシャーリーを良く見ないで、一方的な注意ばかりしていますが、その間、シャーリーは空想の世界を大冒険します。文章は両親の発言だけで、シャーリーの行動は絵だけなので、その二つが同時に流れていることが理解できないと難しいかもしれません。息子はもうすぐ3歳ですが、あまり分かっていない様子でした。

    私は最初のページのシャーリーの絵が傾いているように見えるのがどうにも気になっています。

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族

    家族で海に出かけ、3人が夫々好きなように過ごします。

    両親は、長椅子に寝そべっておとうさんは、パイプをくわえながら新聞

    を読みいつの間にか居眠りし、おかあさんはチャーリーに小言をいいな

    がらせっせと編み物をしてます。チャーリーはといったら、海を見なが

    ら空想の世界で海賊たちと闘ったり、宝物探しと夫々一緒の場所にいな

    がら別々に楽しんでいます。自分の好きなように過ごし、でも海で一緒

    の時間を過ごすのもいいかなあって思いました。左ページが現実の世界

    で、右のページがチャーリーの空想の世界です。

    案外おかあさんの小言って、子供には届いてないのかもって思ってしま

    いました。自分たちが夫々自分たちの好きな時間を過ごすのも大切なん

    だと思いました。傍には愛する家族がいるから安心して自分のことを

    楽しめるのだと思いました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実際の主人公は何をしてたんだろう?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    さすが、バーニンガムの絵本!といいたくなる面白発想の作りでした。
    両親のすわっている世界は現実世界(見開きの左側)、主人公の少女のいる世界は彼女の空想世界(見開き右側)で、
    お母さんがいろいろ子どもに声をかけるんだけど、右側のページの彼女はやっていることがすごい大冒険なんです。
    本当はどんなことをしているのかな?と、逆に現実での主人公の姿を想像するのも、結構楽しかったです。

    小学校中学年、高学年のお子さんにお薦めします。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーニンガムさん

    バーニンガムさんの作品だったのでこの絵本を選びました。かっこいい手漕ぎボートが魅力的だと思いました。お父さんとお母さんが海を謳歌しているのが良いと思いました。子供の為だけではなく両親もしっかりと自分達が楽しめるように色々なツールを準備しているのが良いと思いました。主人公の想像力の豊かさに驚きました。私も家族で海に行きたくなりました。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私はどこへ行っていたのかしら?(笑)

     珍しいスタイルの絵本です。
     左のページに、大人の現実的な日常の世界。
     右のページに、子どもの伸びやかな想像の世界。
     面白い形式でお話しは進みます。

     泳ぐには、早い(or遅い)季節なのかしら、シャーリー(女の子)は両親と海辺へ、遊びにやって来ます。
     両親が、左のページでデッキチェアーを組み立て、のんびり足を投げ出し、お昼寝やお茶を飲んでいます。

     シャーリーは、右のページで海辺で遊びながら、頭に想い描いている海賊や宝探しの冒険に浸っています。

     各ページ、シャーリーがしっかり楽しい世界に没頭している一方、母親は、小言や注意を休み無く語りかけます。
     せっかちで煩わしさを感じる程です。
     でも、今のシャーリーには幸せなことに聞こえていません。
     
     親は、親の目線で子を思い心配し傍らにいますが、子どもの気持ちを知らないこともあるんですよね。
     特に、遊びに夢中な子どもの心や頭の中なんて、気づいたとしても覗けやしない。
     そのことが、とても面白く描かれていると思います。

     親である方々にお薦めの作品です。
     私も自分の子どもの頃を思い出し、過保護気味だった母親が、なにやかやあれこれそばで語りかけていたけれど、聞こえなかった覚えがあります。
     あの時、私はどこへ行っていたのかしら?(笑)

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 対比がとてもにユニーク

    絵本でも文だけでもストーリーのわかるものはありますが、この本は絵をじっくり見ないとよくわからないです。

    浜辺から声だけをかけるお母さんと、自分の世界に入っているシャーリーの対比がとてもにユニークです。

    近くにいかずに遠くから子どもを注意している親というのも最近よく見かける光景だと思います。

    子どもが想像力を働かせて自分の世界に入っている時には正にこんな感じなんだろうと思います。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想ごっこ。

    ママがいる現実のページ、シャーリーがいる「こうだったらいいのにな」のページが並行して展開します。
    2つのページにはものすごいギャップがあります。
    女の子だけど、冒険好きなシャーリーの空想の世界は危険がいっぱいでスリル満点。ママが見ているシャーリーも見てみたいところです。
    頭ごなしに、何もやる前から押さえつけてしまう、面倒が嫌いな大人ってつまらなーい、というメッセージが込められた1冊でした。

    掲載日:2007/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット