おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おっぱいのひみつ」 みんなの声

おっぱいのひみつ 作・絵:柳生 弦一郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1991年03月06日
ISBN:9784834010633
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,050
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 最後のページがいい

    おっぱいのひみつがたくさん
    書かれているのかな?なんて読んでみたんですが
    面白い絵と、赤ちゃんはなんで
    おっぱいがすきなのか?とか
    分かりやすく、明るく書かれています。
    読み始めるのなら、恥ずかしがらないうちが
    いいかな?なんて思いました。
    さすが柳生 弦一郎さんの
    作品です。

    私自身は一番最後のページに
    書かれている
    「おかあさんによんでもらうページ」が
    いちばんぐっときました。

    本書には、おっぱいの中の栄養云々のことも書かれていましたが
    お母さん自身の病気や
    お乳がでないなどの理由で
    おっぱいをあげられないこともある
    ということが書かれています。
    お母さんはお乳を(理由があって)あげられなかったけど
    お母さんが一生懸命君を育てて
    そんなに素敵なこどもに
    そだったんだよ
    こういった内容でした。

    よく「母乳?ミルク?」なんて
    話が出ますが
    関係ないですよね。

    とってもいい絵本でした。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 努力します!

    上の子が赤ちゃん返りしておっぱいを飲みたがるので
    おっぱいについての本を読んでみました。
    説明が主なのですが、
    最後に、おっぱいを努力しなくても出る人もいれば
    努力してもなかなか出ない人もいます。
    それで粉ミルクを飲んでいる子どももいるから
    母乳でない子も大丈夫だよ、という文があるのですが、
    おっぱいは、努力しなければ出ません!!
    これだから男の人は困ってしまいます!

    母親は寝ずに、また噛まれて痛い思いをしながら
    おっぱいが張るのもつらいし、努力してるんです。
    どんなお母さんだってラクラクおっぱいを出してるわけじゃない!
    痛くても苦しくても我が子がかわいいから頑張っているんです。
    一歳過ぎると美味しくなくなる、、なんて失礼な話です!
    赤ちゃんにとってはいつだって美味しい、幸せなおっぱい!
    おっぱいの温もりや愛情について記載されてあるといいですね。
    おっぱいって簡単じゃないんだよ、、と思いました。

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • うーん…

    おっぱいがまだまだ大好きな2歳8か月の息子に図書館で借りました。
    おすもうさんやボディービルダーの人たちがTVに出てポーズを取ると、息子はいつも「おっぱいがある!」と不思議そうな顔をするので。

    絵がとても楽しい絵本です。
    おっぱいも断面図まで出て、わかりやすく説明がなされています。

    おすもうさんが出てくるシーンがあり「おとこのひとはあかちゃんをうまないから、おっぱいがこんなにおおきくてもおちちはでない」に息子は納得した模様。
    絵をみながら「これはママのおっぱい。これがJJ(息子の愛称)のおっぱい。それはパパのおっぱい」などと次々絵を指していました。

    ただ、
    赤ちゃんの時おっぱいを飲んでいましたが、ぼくたちはそのときのことをよく覚えていません、

    1年くらいたつとおかあさんのおちちがおいしくなくなりだんだんやめます、
    という内容がありました。
    が、息子はまだまだおっぱいを飲んでいるので、ちょっと不思議そうでした。
    2歳になって少したつまで周りには母乳を飲む子もチラホラといるので、ちょっとそれは内容的になんだかな。。
    脳がきちんとできあがっていないから、よく覚えていない…
    という件もどうだかな。。

    というわけで、ちょっと長くおっぱいを吸っている子にはオススメしません。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの疑問に答えます

    「かがくのとも傑作集」が好きで、購入しました。
    表紙の「むにゅんむにゅん、うっぷうっぷ」の擬音に笑ってしまいました。
    旦那は「なんじゃこりゃ」と言っていましたが、中を読んでいくうちに「あーなるほどー」と言いながら、楽しんでいました。
    大人は「常識だから」と深くは考えないことでも、子どもにとっては疑問なことがたくさんあると思います。
    たとえば、おすもうさんは、おっぱいが大きいのに、なんでおちちが出ないの?など…そんな疑問に、わかりやすく答えてくれる絵本です。

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心遣いがうれしかったです

    ただ今妊娠中で、赤ちゃんが産まれたらおっぱい飲むの?と
    想像を膨らませている息子に借りてきました。
    自分が吸っていた記憶なんてもちろんありませんものね。

    この本の優しいところは、最後におっぱいを飲んでいない
    子供たちへのメッセージがあるところです!
    実は私も母乳が出なかったので・・・
    こういう心遣いはうれしいですね。

    男の子なので幼稚園で「おっぱいキモイ」などと覚えてきて
    嬉しそうに連発しておりましたが(困)
    この絵本を読んで、キモイの意味を教えて(息子は知らなかった)
    からは言わなくなりました。

    初めての性教育?になったのかもしれません。

    掲載日:2013/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっぱいのこと

    表紙がおっぱいで、図書館でみつけたときあまりの潔い絵に笑っちゃいました。
    男の人がブラジャー?と思ったら肌色の腹巻だったり、笑いもあって楽しいです。
    うちはまだ子供が小さいので自分が読んだだけだけど、おっぱいの本でもちゃかすような内容でも、読みにくい性教育のような内容でもなく、詳しくさらさらっと書いてあるからか、とてもわかりやすく、読みやすいです。
    もうすぐ1歳半の娘はいまだにおっぱい大好きで今も「あっぷ」ってして遊んでることあるし、ぎゅっとつかむつかむー!とか、共感して楽しめました。
    1年ぐらいしてもおいしくなくなってはないみたいだけど…

    最後に母乳じゃない方用のページもあってじーんときたし、わたしは

    「ぼくたちは あかちゃんだったときのことを よくおぼえていません。
    でも、ぼくたちのおかあさんは ぼくたちがあかちゃんだったときのことを よーーーーーーく おぼえています。」

    のところがとっても心に響きました。

    掲載日:2012/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズ

    大好きな、やぎゅうげんいちろうさんの絵本。
    かさぶたくんや、はなのあなのはなし などに続いてお気に入りです。

    いまでもおっぱい大好き〜な我が子なので、内容も興味津々。

    なんでおんなのひとのおっぱいはおおきいの?から始まり、子供がわかりやすいようにおっぱいについてのお話が続きます。

    特に女の子にはわかりやすい性教育の本ですね。
    年頃になっておっぱいが膨らみ始めた時、それが自然なことだとわかっていられる絵本だと思います。

    パパも、この絵本を読んで勉強になったようです。父から子供へ読んであげるのにもいいのではないでしょうか。

    掲載日:2010/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子のつながり

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    子どもたちが、大好きな絵本です。
    だって、大好きなオッパイが、表紙にドカーンと載っているから…
    そして、
    「うわー、男の人がブラジャーしてる…。」
    の第一声で、お話が始まります。
    なんだ、なんだとついつい引き込まれ、おっぱいという言葉に、最初は、ゲタゲタ、ワハハハハと笑っていた子どもたちが、
    「女の人は、どうしておっぱいが大きいの?」
    「おかあさんは、どうして、おっぱいがでるの?」
    という、子どもたちが知りたいことが、語り口調で書かれていて、すんなりと受け止められるのか、最後は、真剣な顔になっていました。
    きっと、おかあさんの愛情を感じることができたに違いありません。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっぷ

    「あっぷ」そうそう、こうやってくっついてきます。
    あかちゃんがおっぱいと遊んでる様子がとっても可愛いし
    このページの文章は読んでいて嬉しくなります。
    ただ1歳過ぎるとおっぱいがおいしくなくなるというのは
    違うのになぁと思います。

    掲載日:2009/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんのころを思い出しながら

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    どうして女の人は胸が大きいのか、なぜ母乳が出るのか分かりやすく教えてくれます。
    この疑問に答えるのは、ちょっと難しいと思います。
    でも一度は大人に投げかけてくる疑問だと思うので、そんな時にもお勧めかと思います。
    少々恥かしくて、照れながら読んでいる子もいますが、子ども達には人気の絵本です。
    赤ちゃんのころを思いだしながら親子で楽しみたい絵本です。

    掲載日:2008/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット