だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

どうぶつものがたり」 みんなの声

どうぶつものがたり 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,553+税
発行日:1981年
ISBN:9784579401239
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,962
みんなの声 総数 11
「どうぶつものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ローベル版イソップ

    何の予備知識もなく読んでみて、あれ?意外に辛口だわと思いつつも読み聞かせをしました。

    絵本ですが、20話の寓話が収録されているので、読み応えもあり、内容も凝縮されています。

    読んだ印象は、ローベル版イソップ。

    最後に、風刺がきいた辛辣な教訓、なるほどと思えるような教訓で締めくくられています。

    小学4年の息子に読み聞かせしましたが、「恋のダチョウ」は経験がないだけに、ちょっと難しかったようです。

    クスッと笑っていたのは「クマとカラス」「年よりのかわいそうな犬」でした。

    親として身につまされるのは「わんばくカンガルー」です。わかるなあと思ったのは「ネコの思い」です。

    誰にでも経験があるような人生の一場面が切り取られているので、ハッとする一面もあります。

    各話で選ばれている動物の性格や特徴も見どころの一つかも。

    絵本って、短いストーリーの中に哲学・思想などがちりばめられていますが、この絵本も20話の中にぎっしりと詰まっています。

    教訓も含めて楽しめるのは、高学年以上からかもしれません。大人が読んでももちろんおもしろいと思います。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    4
  • ふふふ・・・と笑えて勉強になる。

    • そうなんださん
    • 30代
    • ママ
    • 徳島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    アーノルド・ローベルの絵本は、親子でいろいろ読みました。それはそれは、たくさんの種類がありますよ。この前も図書館に行っては、目を見張ってアーノルド・ローベルの絵本を探す次女。そして、「あった!!」と喜んで持ってきてくれました。すると、以前読んだことのあるこの絵本でした。

    見開き2ページで終わる小さなお話が20も入っているんです。それぞれは5分くらいで読み終わります。お話を読み終わると、ローベルおじさんからのコメントが1文。格言みたいなもので、これが親子で楽しめるポイントなんです。うんうん・・うなづいてしまいます。

    左側のイラストは、どれもユーモアたっぷりで、動物好きな子ども達も見入ってしまいますよ。大人っぽくもあり、高学年の子どもの方が、コメントも併せて楽しめると思います。

    今度の読み聞かせでは、どれか1つを選んで子ども達に読んであげたいと思います。

    掲載日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    4
  • 短くて楽しいブラックユーモアが効いてます

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    面白い!!さすが、アーノルド・ローベルです。
    この絵本(?)には、短いお話が見開きに1話ずつ、計20編入っていました。各ページごとにその物語をイメージしたイラストがついていて、とても豪華な仕上がりになっています。
    それぞれの物語の最後の文章は、その物語についての教訓的な内容になっていて、なかなか笑えます。
    いくつか声に出して読んでみたら、どれも3分程度のお話でした。

    お昼寝や夜のお休み前に、お父さんお母さんが読んであげるのもいいかもしれません。

    私は定番なお話ですが『アヒルとキツネ』『メンドリとリンゴの木』『ゾウとそのむすこ』が気に入りました。
    どれもこれも、ブラック・ユーモアで笑えます。
    でも、意外と「大人の方がわかるお話」かもしれません。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    3
  • 一人でくすくす笑えます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    4年生くらいから、このおはなしの面白さがわかるのでしょう。
    最初の数話を一緒に読んであげたら、子どもが一人で続きを読んでみようと思える本です。
    もう子どもじゃないと思っている高学年の子どもたちに、大人の笑いの世界に踏み込むわくわく感を味わってもらえそうです。

    大人から読まれると説教くさく感じる年頃、一人で自分にもこの面白さがわかるんだと、くすっと笑って読んでもらいたいです。
    こんな面白い本があるんだと知ってもらいたいです。

    ロベールの絵本は絵がおはなしを邪魔していないところがさすがだと思います。
    色がついているものは少ないですが、この本の絵はすてきな色がついています。
    「ゾウとそのむすこ」のむすこの表情が絶妙です。
    大人になって読むとまた違った視点で読めそうです。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現代版イソップ寓話集

    動物を主人公にしての寓話が続きます。
    話は現代的でシニカルです。
    笑える話が多いのですが、最後の一言がよけいだと思います。
    むしろ最後のひとことにつなげようとする強引さを感じます。
    けれども、1冊の中にこれだけの寓話を盛り込んであることと、一つ一つの話のひねりについては嫌いではありません。

    無理な説教よりも、話の中に詰め込んであるものを読者に解読させると、この本の面白さも倍増されると思います。
    イソップ寓話の絵本は嫌いではありませんが、先に岩波の『イソップのお話』で完全版を読んだときに、300篇の寓話のそれぞれにまとめの一言が鼻についた私です。
    読者のイマジネーションを大切にすることも絵本として重要なことかと思います。

    ひとこと多いと、せっかくのごちそうも人の味覚をじゃますることがあるものです。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 寓話絵本 味のあるお話し20話

    アーノルド・ローベルの絵本は「ふたりはともだち」かえるくんとがまくんのお話し 大好きです!

    20のお話しローベルは生き物に対して優しく、しかもいろんな目で物事を見ているのですね(ますますローベルのフアンになりました)

    寓話絵本はクスッと笑えるものや、なるほどとおもえるものやこんな発想があるのかと感動したり、楽しみながら読みました

    ちなみに、目次の挿絵は一番後ろの「海辺のネズミ」のお話しの挿絵になっています

    ☆ヒヒのあまがさーテナガザルの助言で傘に穴をあけるのです
    なるほど こうい発想もなかなかおもしろい、雨に濡れてびしょぬれになったヒヒですが、助言はお天気のようなものです。う〜んなるほど言い当てているな〜

    ☆ゾウとそのむすこー笑えました ゾウの息子はなかなか冷静なものの見方をしていて大人顔負けですね   ゾウのお父さん!

    ☆わんぱくカンガルーも笑えます 子は親を見て育つ 「子は親の鏡」とはよく言ったものです(価値観もずいぶん違いがあるな〜)

    いち話いち話を楽しみながら 挿絵もおもしろいです

    大人でも楽しめます!
      
    子どもと一緒に楽しんでいると感想が寄せられていました
    良いですね! 共有しながら絵本やお話しを楽しめるのはと思いました

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • イソップを思い出す

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    動物たちが人間のように教訓のあるさまざまなお話を見せてくれます。
    たしかにね、なるほど!と思うお話ばかりでした。
    読んでいてイソップ物語を思い出しました。
    たくさんのお話があるので中には(図星すぎて)どきっとしたり、きついなーと思うこともしばしばありました。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひねりのきいたお話

    短いお話が、20編あつまっています。
    フライパンを頭にのせて、どこか遠くを見ている、一頭のクマ。
    両手を組み合わせ、花にかこまれている、メガネをかけたワニ。
    これらの絵を見ただけで、どんなお話かとワクワクします。
    ちょっとひねりのきいたお話なので、高学年くらいだと面白いでしょうね。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとむつかしいかな

    ローベルが好きでよんでみましたが、やはり、内容を理解して笑ったり考えたりできるのは小学生中学年かな、とおもいました。小さいうちに読んでもどういうこと?ってきかれました。20このおはなしがついているのでよみごたえはありますが、素直におもしろいーという本でないので小さな子にはまだ早いと思います。ローベル目線のどうぶつのおはなしです。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 20日間楽しめる

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1ページに1話の動物を主人公にした物語が20話かかれてます
    そして必ず人生の教訓ともいえるような1行が最終にあります
    中には納得するものもあれば、やや首をかしげるものもありますが・・・
    1ページで読みきれるので、毎日20日間は寝る前に読んで楽しめそうです
    親子で読むのにお勧めかな

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット